グローバルマーケティング(テクノロジー&広告)のニュースに特化したニュースサービスサイト(βversion)


中国のウェブサイトがうるさく見える5つの理由

2016.12.7
Category: 翻訳記事
タグ: ,
執筆者/編集担当者: arata

009

はじめに

中国のウェブサイトを見て
「うるさい(ごちゃごちゃしている)」
と思った方は少なくないでしょう。
この記事では中国のウェブサイトが
うるさく見える理由を簡単に紹介します。

 
 
 

1.時代遅れのデザイン

中国のウェブサイトデザインは
欧米より遅れていると言われています。
1990年代か2000年代前半のデザインのように見えます。

しかし、近年、
レスポンシブデザイン適用のニーズに応じて、
徐々に改善している傾向があります。
時代遅れのデザインは、
サイトをうるさく見せてしまうかもしれません。

 
 
 

2.多くのリンク

中国のウェブサイトに多くのリンクが貼ってあります。
(サイト内でのリンク、外部サイトへのリンクの両方を指します。)
リンクが多い理由は主に二つあります。

まず1つ目は、中国語ではセマンティック検索(※1)がしにくいから。
また2つ目は、ネット通信速度が遅いから。

消費者にわざわざ検索してもらうより
直接リンクを貼った方が作り手にとってもメリットがあります。
サイト内の多くのリンクが、
サイトをうるさく見せてしまうかもしれません。

 
 
 

3.中国語そのものによる影響

中国語は欧米の言語と比べて大きく異なるところがあります。

中国語には大文字やスペースが存在しません。
大文字とスペースの使用は、
欧米の言語においては重要な役割を果たしています。

欧米の言語は読みやすく、
全文を読まなくても意味が通じます。
一方、中国語は内容を理解するために、
きちんと全文を読む必要があります。

また、中国語は一文字に様々な意味が含まれています。
欧米の言語と比べて“うるさく”見えてしまうかもしれません。

 
 
 

4.ワンストップショップ(※2)志向

中国人の消費者はデザインより便利さを求めています。
消費者のニーズに合わせ、
「ワンストップショップ」にこだわる
ウェブサイトを作っているところもあります。

詰め込みすぎた結果、
サイトがうるさく見えてしまうかもしれません。

 
 
 

5.サイトに使用する色による影響

中国では色に含まれているイメージが強いです。

例えば、
赤が「幸運」、黄色が「皇帝が身につける色」
という意味を持っています。

簡潔な配色も大事ですが、
中国人向けのサイトを作る際は、
中国人が色に対して持っているイメージも
考慮すべきです。

その代わり、その色によって、
サイトがうるさく見えてしまうかもしれません。

 
 
 

サイト閲覧における中国人の見方傾向

ここで、参考までに
中国人がサイトを閲覧する際の
視線の動かし方の特徴を
共有しておきます。

他国の人に比べると
中国人は「左から右」ではなく、
「上から下」にウェブサイトを観覧するという傾向が
若干あります。

この背景は歴史にあります。
日本語と同じく、中国語は伝統的に縦書きでした。

とはいえ、中国政府は1956年から簡体字を制定。
簡体字によって、
徐々に左から右に読む習慣になっています。

 
 
 

欧米が「シンプルすぎ」という考え方

欧米のウェブサイトはシンプルな傾向になりつつあります。

欧米のウェブサイトが「シンプルすぎ」
という考え方も出来ます。

シンプルなウェブサイトは
逆につまらないかもしれません。
シンプルだからといって、
消費者を引き寄せるわけではありません。

 
 
 

ウェブデザインの「正しい答え」とは

ウェブサイトデザインにおいて、
全てのケースに対応できる
正しい答えはありません。

答えは皆様の狙い次第考え方次第。

中国市場に進出する際、
何も考えずに、
自国のやり方採用するのは避けましょう。
中国の文化を考慮しウェブサイトを作成しましょう。

 
 
 

注記

(※1)
利用者が何を求め検索を行ったかという意味をコンピュータが解釈し、
それに即したウェブサイトを提供する機能です。
(※2)
関連する全ての商品やサービスをそろえた総合オンラインショップ。

 
 
 

ADKによる中国市場ウェブマーケティングサービスについて

 

ADKでは、中国市場における
ウェブマーケティングサービスを提供しております。
ご興味のある方は、
お問合せフォームよりお問い合わせ頂けると幸甚です。

   

参考記事はこちら
5 REASONS WHY CHINESE WEBSITES LOOK SO BUSY

「この記事はdigitalcrew.com.auの許諾を得て編集/翻訳(抄訳)/執筆しています。」

 

・本記事は情報提供を目的として株式会社アサツーディ・ケイ
 (以下「弊社」といいます。)
 が作成した記事であり、特定の金融商品の推奨
 (有価証券の取得の勧誘)
 を目的とするものではありません。
・本記事は、弊社が信頼できると判断した情報等に
 基づいて作成されていますが、弊社がその正確性・完全性を
 保証するものではありません。
・本記事に記載された過去のデータは、将来の結果を示唆あるいは
 保証するものではありません。
・本記事に記載された見解は情報提供を
 目的とするものであり、いかなる投資助言を提供するものではなく、
 また個別銘柄の購入/売却/保有等を推奨するものでもありません。
・記載された見解は記事作成時点のものであり、
 将来予告なしに変更する場合があります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Global Marketing Laboの更新通知を受け取る

当サイトの記事を1週間に1通のペースで更新情報や新着記事情報をお届けします。
下記のフォームにメールアドレスを入力してください。

更新通知を受け取る

当サイトの記事を1週間に1通のペースで更新情報や新着記事情報をお届けします。
下記のフォームにメールアドレスを入力してください。

▲ページTOPに戻る