グローバルマーケティング(テクノロジー&広告)のニュースに特化したニュースサービスサイト(βversion)


わずか12分で80個の高級バッグを売ったGIVENCHYのソーシャルコマース事例

2017.04.12
Category: 翻訳記事
執筆者/編集担当者: arata

中国で急速に拡大するソーシャルコマース市場

 
近年、ソーシャルコマース市場が、
中国において急速に成長しており、
企業にとって、
これまで以上に重要な市場になってきています。
 

企業のマーケティング戦略においては、
KOL(インフルエンサー)マーケティングが
重要になってきています。
 

現代のソーシャルコマース全盛期において、
企業は、KOL(インフルエンサー)を中心とした
コミュニティ活用の可能性を確信しています。
 

今、ラグジュアリーブランドをはじめ、
企業の担当者は
「どうやってソーシャルコマースの売上伸ばすか?」
に頭を悩ませています。
 

この記事では
人気KOL(インフルエンサー)であるリャンによって、
高級バッグが飛ぶように売れた
Givenchyのソーシャルコマース事例
をご紹介したいと思います。
 
 
 

わずか12分で売れた20万ドル分のバッグ

 
Givenchyは2017年のバレンタインデーに
Horizonハンドバック
(限定版ピンクバージョン)
を販売しました。
 

販売経路は、
WeChatのECストアのみ。
(ECストア機能の正式名称は、微商(Weishang/ウェイシャン)。)
しかも、
Tao Liang(タオ リャン)という
KOL(インフルエンサー)の
WeChatフォロワー限定。
 

約12分間で2,170ドルのバッグが80個も売れました。
総売上:約2000万円
(瞬時に完売)
 
もちろん、Givenchyのバッグが
瞬時に売れた原因は
リャンの影響力だけでなく、
・商品がそのものが良かった
・時間限定個数限定の制限
・バレンタインという時期
様々な要因はあると思います。
 
どんなバッグか気になる方はこちらの記事の写真をご覧下さい
How Weibo Blogger Mr. Bags Gave Givenchy The Key to His Fans’ Hearts
 
 
 

人気KOL TaoLiang(タオリャン)

 
中国のソーシャルメディア市場で
“Mr. Bags”のニックネームで知られる
“Tao Liang(タオ リャン)”。
 


 

リャンのWeiboアカウント
リャンのInstgramアカウント

 

ラグジュアリーブランドのBagの売上に影響力を
持つ事からこのニックネームで親しまれています。
 

リャンは、
北京に拠点を置く24歳の人気KOL(インフルエンサー)。
Weiboのフォロワー数は約270万人。
WeChatのフォロワー数は約60万人。
 

ファッションのカリスマとして
熱狂的なファンからリスペクトされています。
ファンの中には中国の
高級品バイヤーも含まれています。
 

Gucci、Louis Vuitton、
Bergdorf Goodman、Givenchy
など、有名ブランドの売上に影響力を持っており、
ラグジュアリーブランド業界では超有名人です。
 

そのファッションに対する豊富な知識により、
ファッションの専門家として
広く認識されています。
 

現在、彼は、
特にバッグやアクセサリー類に焦点を当て、
新製品リリースの詳細なアップデートと
レビューを定期的に公表しています。
 
 
 

リャンはどうやって影響力を手にしたか?

 

RenRen(当時は中国のfacebookと呼ばれたSNS)
でアカウント開設したリャン。
彼が人気者になるきっかけとなった
最初の投稿の内容は
 

『品質がよく安価な1万元以下のバッグに関する投稿』でした。
このリャンの投稿は何千回もリポストされました。
 

リャンの
・豊富な知識
・新鮮な視点
・学歴(コロンビア大学卒業)
・ビジネスマインド
は若い世代に共感され、
フォロワー増加を促進しました。
 

その後、
WeChatとWeiboでアカウント開設し
現在に至ります。
 
 
 

まとめ

 
中国では、今回の事例のように
有名なKOL(インフルエンサー)によって
紹介された商品が
瞬く間にオンライン売上を
増やす事例が増えています。
 
今回ご紹介したリャン以外にも
ファッション領域に強いKOLはたくさん存在しています。
参考記事
The Most Influential Fashion Bloggers in China

 

日本でも、
『インフルエンサーが紹介したから売上が伸びた』
という事例はたくさんあると思いますが、
中国の事例は規模が違います。
 

中国でマーケティングされている
企業の皆様は、
ソーシャルコマースの戦略を
これまで以上に重要視されてみると
良いかもしれません。
 
 
 

ADKによる中国市場ウェブマーケティングサービスについて

 

ADKでは、中国市場における
ウェブマーケティングサービスを提供しております。
ご興味のある方は、
お問合せフォームよりお問い合わせ頂けると幸甚です。

   

参考記事はこちら
CASE STUDY: HOW TO INCREASE SALES IN CHINA VIA SOCIAL MEDIA

「この記事はmarketingtochina.comの許諾を得て編集/翻訳(抄訳)/執筆しています。」

 

・本記事は情報提供を目的として株式会社アサツーディ・ケイ
 (以下「弊社」といいます。)
 が作成した記事であり、特定の金融商品の推奨
 (有価証券の取得の勧誘)
 を目的とするものではありません。
・本記事は、弊社が信頼できると判断した情報等に
 基づいて作成されていますが、弊社がその正確性・完全性を
 保証するものではありません。
・本記事に記載された過去のデータは、将来の結果を示唆あるいは
 保証するものではありません。
・本記事に記載された見解は情報提供を
 目的とするものであり、いかなる投資助言を提供するものではなく、
 また個別銘柄の購入/売却/保有等を推奨するものでもありません。
・記載された見解は記事作成時点のものであり、
 将来予告なしに変更する場合があります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Global Marketing Laboの更新通知を受け取る

当サイトの記事を1週間に1通のペースで更新情報や新着記事情報をお届けします。
下記のフォームにメールアドレスを入力してください。

更新通知を受け取る

当サイトの記事を1週間に1通のペースで更新情報や新着記事情報をお届けします。
下記のフォームにメールアドレスを入力してください。

▲ページTOPに戻る