グローバルマーケティング(テクノロジー&広告)のニュースに特化したニュースサービスサイト(βversion)


【公式】百度統計の基本機能徹底解説【Baidu Japan様取材記事】

2017.05.24
Category: 取材記事
執筆者/編集担当者: arata

はじめに

 
中国市場の盛り上がりと共に、
日本のクライアント様からも
問い合わせが増えてきている
百度(Baidu / バイドゥ)関連サービス。
 
リスティング等の問い合わせが一番多いですが、
実は、百度は検索エンジンだけではなく、
かなり幅広いサービスを展開しています。
 
また、
日本市場においては、
百度についての情報が錯綜し、
インターネット上では
一部不正確な情報も出回っています。
 
Global Marketing Laboでは
Baidu Japan様に依頼し、
百度(Baidu / バイドゥ)に関する
情報を伺いました。
 
今回の記事では、
百度統計の基本機能や使い方に関して
検証したいと思います。
 
 
 

百度統計とは

 

http://tongji.baidu.com/

 
百度が提供しているアクセス解析ツール。
GoogleのサービスにおけるGoogle Analyticsと
同じような立ち位置の
無料アクセス解析サービスです。
 
中国市場におけるアクセス解析ツールとしては、
最もスタンダードなアクセス解析ツールと言っても
過言ではないと思います。
 
「サイト訪問者の数」
「1ページ当たりの訪問数」
「集客経路」など、
サイトアクセスに関する
さまざまなデータについて、
詳しく分析することができます。
 
中国国内では、
グレートファイアーウォールの影響で
GoogleAnalyticsの使用が推奨されていないため、
百度統計を設置してアクセス解析する事が
スタンダードになっています。

 
 
 

百度統計の基本機能①ユーザー属性情報の把握

 

 
 
ブラウザ、OS、言語環境など、
ユーザー環境に関する情報を取得できます。
 
 

 
 
性別、年齢、学歴等など、
ユーザーに関する情報を取得できます。
 
 
 

百度統計の基本機能②流入元確認

 


 
 

この機能を使えば、
『どこからユーザーが来たのか』
を知る事が出来るので
サイト改善のヒントが見つかります。
 
ユーザーはどんなルートで流入してきているのか
これまで把握していなかった
流入経路に出会うかもしれません。
 
これまで把握していなかった
外部サイトからのリンクで
ユーザーが急増しているかもしれません。
 
望ましいユーザー層、
望ましい外部リンクであれば、
同じように別の新しいサイトから
リンクをもらえないか
アプローチを検討してみる事も良いでしょう。
 
一定の流入が見込める、かつ、
再現性のある流入経路であれば、
これまでと同様の手法で、
これまでになかった新しい流入経路を
量産していくのも良いでしょう。
 
 
 

百度統計の基本機能③(成果計測のための)コンバージョン設定

 

サイト内に百度統計タグを適切に設置し、
コンバージョンを設定すれば、
サイトでの成果計測ができます。
(Google Analyticsの機能と同じイメージです)
 
どんなユーザーが
どんな経路でコンバージョンしているのかを
把握できれば、
より効率的な広告運用も可能ですし、
再現性を検証する事も可能です。
 
ここでタグ設置やデータ取得において、
3つの留意事項を共有させて頂きます。
 
 
 

留意事項

 

①ページ遷移コンバージョンは、
 取得したいページの
 遷移前後のページに設置してください。
 遷移前後でドメインが異なる場合や、
 プロトコルhttpsの場合、
 データを取得できない可能性があります。
 

②百度統計のコンバージョンデータは、
 1日遅れのデータが表示されております。
 
③百度統計タグが設置されていないと、
 コンバージョンデータの取得はできません。
 
 
 

サイト改善に役立つ機能の紹介

 

1)转化路径(コンバーションフロー)


 
コンバーションフローの機能を使えば、
ユーザーがコンバージョンするまでの
過程において、
どの過程(どのページ)で離脱しているのか
把握する事ができます。
 
どのページでユーザーが離脱しているのか?
を把握して、
どのページのどんなポイントが
CVRのボトルネックになっているのか?
仮説検証し、改善していく事が
サイトの成果(コンバージョン)を
最大化させる近道です。
 
 

2)页面上下游(ユーザーフロー)

 

 
ユーザーフローの機能を使えば、
コンバージョンに関係なく、
ユーザーがサイト内をどのように
回遊しているか把握する事が可能です。
 
コンバージョン有無を問わず、
ユーザーの行動確認をしたい時には
こちらの機能を使う方が良いでしょう。
 
 

3)页面点击图(ヒートマップ&リンククリック)

ユーザーフローやゴールフローで
ユーザーが離脱するページ(課題があるページ)
がわかっても、何が課題なのかについては
自身で仮説検証をしていくしかありません。
 
この仮説検証をする際に役に立つ機能が
このヒートマップ&リンククリックです。


 

※赤い部分はクリックが多いポイント。
緑の部分はクリックが少ないポイント。
 


 
赤と緑のポイントを見ながら、
ユーザーが意図通りに
行動してくれているのか確認をします。
 
ユーザーの関心が集まっている先が
意図しているところでなければ
デザインや表現やコンテンツの変更を行い、
成約率を改善に繋げていくと良いでしょう。
 
 
 

注目キーワードについて

 

1)搜索词(検索ワード)


 
この機能を使えば、
ユーザーがどんなキーワードでサイトに
流入したか把握が可能です。
 
元々狙っていた(想定していた)キーワードで
思った以上に獲得ができているのか
それとも思っていた程は
ユーザー獲得が進んでいないのか
確認する事ができます。
 
流入キーワードの一覧を見ていく中で、
当初は想定していなかったキーワードに
出会うかもしれません。
 
 

2)搜索词排名(検索ワードランキング)

どんなキーワードがどの位
検索されているのか把握する事ができます。
 
計測設定をすれば、
おすすめの計測キーワードを提示してくれます。
 
キーワードを設定することで、
表示順位、百度指数、PV、
UV、直帰率、滞在時間などを、
簡易的に把握することが可能です。
 
元々想定していたキーワード以外に
カバーするべきキーワードに出会う事も可能です。
 
自社サイトのコンテンツと関連性があり、
一定の検索ボリュームが見込める
キーワードが見つかった場合、
そのキーワードに対応するコンテンツの
制作を検討すると良いでしょう。
 
 

最後に

 
今回の記事では百度統計の機能の中でも
基本的な部分を紹介させて頂きました。
 
百度統計はこの記事で言及した以外にも
様々な機能を提供しています。
 
中国におけるサイト分析では
一番メジャーなツールといっても
過言ではない百度統計を利用して
マーケティング戦略に活用下さい。
 
次回の記事では、
中国市場でサイト制作をする際の注意点について
言及したいと思います。
 
 
 

ADKによる中国市場ウェブマーケティングサービスについて

 

ADKでは、中国市場における
ウェブマーケティングサービスを提供しております。
ご興味のある方は、
お問合せフォームよりお問い合わせ頂けると幸甚です。

   

・本記事は情報提供を目的として株式会社アサツーディ・ケイ
 (以下「弊社」といいます。)
 が作成した記事であり、特定の金融商品の推奨
 (有価証券の取得の勧誘)
 を目的とするものではありません。
・本記事は、弊社が信頼できると判断した情報等に
 基づいて作成されていますが、弊社がその正確性・完全性を
 保証するものではありません。
・本記事に記載された過去のデータは、将来の結果を示唆あるいは
 保証するものではありません。
・本記事に記載された見解は情報提供を
 目的とするものであり、いかなる投資助言を提供するものではなく、
 また個別銘柄の購入/売却/保有等を推奨するものでもありません。
・記載された見解は記事作成時点のものであり、
 将来予告なしに変更する場合があります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Global Marketing Laboの更新通知を受け取る

当サイトの記事を1週間に1通のペースで更新情報や新着記事情報をお届けします。
下記のフォームにメールアドレスを入力してください。

更新通知を受け取る

当サイトの記事を1週間に1通のペースで更新情報や新着記事情報をお届けします。
下記のフォームにメールアドレスを入力してください。

▲ページTOPに戻る