グローバルマーケティング(テクノロジー&広告)のニュースに特化したニュースサービスサイト(βversion)


中国No1スマホ決済サービス Alipay(アリペイ)の普及背景

2017.05.31
Category: 翻訳記事
執筆者/編集担当者: arata

はじめに

 
(/)」は、
中国のeコマース大手「アリババ・グループ」が
提供するオンライン決済サービスです。
 
2016年10月の調査によると、
Alipay(アリペイ)の中国国内でのユーザー数は
4億5千万人。

2017年には6億人にまで
ユーザーが増えると見込まれています。
 
現在Alipay(アリペイ)は、
中国国内の電子決済サービス市場で
50%近いシェアを占めています。

 
 
 
このように中国の電子決済市場の
主導権を握るAlipay(アリペイ)を
海外の企業が活用することにより、
以下のようなメリットがあります。
 
・中国消費者にサービスを提供しやすくなる
・店舗導入すれば海外旅行客を引込める
・越境ECの発展が見込める
 
中国でビジネスをするのならば、
中国の現在の状況を理解し、
Alipay(アリペイ)のようなサービスを
上手く活用する必要があります。
 
この記事では、
Alipay(アリペイ)が普及した背景と
中国の電子決済事情を
くわしくご説明していきます。
 
 
 
 
 

Alipay(アリペイ)を使った決済シーン動画

 

 
この動画の30-40秒目あたりを参照下さい。
実際にバーコードを使って
店舗で決済する様子が分かります。
 
この動画の中では、
中国の消費者がアプリを使って、
株取引/旅行予約/割り勘/Taxi乗車/フードデリバリー
等の行為を行っている様子が描かれているので
合わせて確認して頂くと
中国の消費者のキャッシュレス生活が
実感できます。
 
 
 


 
こちらも同様にAlipayを使って、
Taxiに乗ったり、飲食店で決済をする様子が
動画でわかりやすく解説されてます。
 
 
 
 
 

Alipay(アリペイ)が中国で普及した5つの理由

 
Alipay(アリペイ)が中国で浸透した背景には、
以下の5つの要因が考えられます。
 

1)QRコードによって簡単に決済ができる

お財布を持たずに簡単に決済ができるという
Alipay(アリペイ)の便利さが大きな要因のひとつでしょう。
 
アリババの運営するタオバオなどの
オンラインショッピングプラットフォームで
決済をする場合は、
スマホでパスワード等を入力するだけでOK。
 
Alipay(アリペイ)を導入している実店舗には、
QRコードが設置されています。
決済する際はそのQRコードを読み取り、
送金するだけ。
 
非常にユーザーフレンドリーなアプリなのです。
 
 

2)スマホの普及率の増加

2017年のstastistaの調査によると、
中国のスマートフォンユーザーの数は
6億100万人にのぼると見られています。

 
この予測によれば、
中国は世界で最もスマートフォンユーザー数が
多いということになります。
 
中国でのスマートフォン利用率の増加により、
人気企業がアプリでのサービス提供を開始。
オンライン上での商品やサービス販売の増加が
電子決済サービスの普及にもつながりました。
 
スマートフォンユーザーの増加にともなって、
Alipay(アリペイ)のモバイル端末利用についても、
2015年の65%から上昇し、
2016年には71%となっています。
 
 

3)中国最大であるアリババのeコマースの強さ

Alipay(アリペイ)が成功した理由として、
eコマース大手であるアリババが提供している
ということも大きいでしょう。
 
アリババは中国で最も大きい
オンラインショッピングプラットフォームを
運営しており、
それを自社開発の電子決済に
上手くつなげたました。
 
 

4)電子決済サービスに特化したアプリ

特化しているからこその使いやすさにより、
これだけの普及率を誇っているといえるでしょう。
 
今や中国の人口の3分の1から2分の1が
Alipay(アリペイ)を利用しており、
中国全土で使われている人気アプリとなりました。

 
 

5)手数料無料

なんと手数料は無料。
 
 
 
 

以上の5つが、
中国でAlipay(アリペイ)が普及した主な背景です。
 

また近年は中国人の海外旅行者も増えており、
その層を取り込むためにもAlipay(アリペイ)が有効です。
次の項目にて、くわしくご説明していきます。
 
 
 
 
 

海外旅行者を取り込むためのAlipay(アリペイ)活用

 
Alipay(アリペイ)はVisaやMastercardを含む
65以上の金融機関と業務提携しており、
46万以上の中国企業にサービスを提供しています。
 
海外においても、300以上の国外企業が
Alipay(アリペイ)を導入しています。
 
現在Alipay(アリペイ)では
14ヵ国の主要な国々の通貨での取引が可能で、
中国人が海外旅行をしている際も
Alipay(アリペイ)を利用しやすくなっています。

 
中国では遠出の旅行を好む中流階級の数が増加し、
1億3300万人もの中国人が海外旅行をするという
状況になっています。
 
中国人観光客の増加は、
海外の空港やショッピングモール、
高級レストランなどに
Alipay(アリペイ)の決済サービスの
導入を促進する要因ともなりました。
 
Alipay(アリペイ)が使用可能であるということが、
富裕層の中国人観光客を
引き込むきっかけとなるからです。

 
実際、Alipay(アリペイ)によって
海外で支払われた金額は、
3万8900USドルという大きな金額になっています。
 
中国以外で、
Alipay(アリペイ)を導入している
お店が多い国・地域は、
以下のようになっています。
 
 
 
1位 韓国
2位 香港
3位 タイ
4位 マカオ
5位 台湾
6位 日本
7位 オーストラリア
8位 シンガポール
9位 ニュージーランド
10位 ドイツ
 
 
 

最後に

・中国人観光客の獲得促進
・中国越境ECでの成功
のためには、
Alipay(アリペイ)の活用は、
大きなカギをにぎっています。
 
 
 

ADKによる中国市場ウェブマーケティングサービスについて

 

ADKでは、中国市場における
ウェブマーケティングサービスを提供しております。
ご興味のある方は、
お問合せフォームよりお問い合わせ頂けると幸甚です。

   

参考記事はこちら
A BEGINNERS GUIDE TO ALIPAY

「この記事はmarketingtochina.comの許諾を得て編集/翻訳(抄訳)/執筆しています。」

 

・本記事は情報提供を目的として株式会社アサツーディ・ケイ
 (以下「弊社」といいます。)
 が作成した記事であり、特定の金融商品の推奨
 (有価証券の取得の勧誘)
 を目的とするものではありません。
・本記事は、弊社が信頼できると判断した情報等に
 基づいて作成されていますが、弊社がその正確性・完全性を
 保証するものではありません。
・本記事に記載された過去のデータは、将来の結果を示唆あるいは
 保証するものではありません。
・本記事に記載された見解は情報提供を
 目的とするものであり、いかなる投資助言を提供するものではなく、
 また個別銘柄の購入/売却/保有等を推奨するものでもありません。
・記載された見解は記事作成時点のものであり、
 将来予告なしに変更する場合があります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Global Marketing Laboの更新通知を受け取る

当サイトの記事を1週間に1通のペースで更新情報や新着記事情報をお届けします。
下記のフォームにメールアドレスを入力してください。

更新通知を受け取る

当サイトの記事を1週間に1通のペースで更新情報や新着記事情報をお届けします。
下記のフォームにメールアドレスを入力してください。

▲ページTOPに戻る