グローバルマーケティング(テクノロジー&広告)のニュースに特化したニュースサービスサイト(βversion)


Wechatが検索機能をローンチ-百度が独走する中国検索市場への影響は?-

2017.06.29
Category: 翻訳記事
タグ: , , ,
執筆者/編集担当者: arata


 

はじめに

 
中国の検索エンジン市場に、
今後動きがあるかもしれません。
 
中国の検索エンジン最大手・百度を追いかける
捜狗(Sogou)や宜搜(Easou)の市場シェアは、
それぞれ10%以下。
海外のライバルであるGoogleも
2010年に中国から撤退したため、
ほぼ百度の独占状態となっていました。
 
しかし2017年5月、
ゲームやSNSの大手企業であるTencentが
検索エンジンに本腰を入れ、
同社のキラーアプリであるWeChatに
検索機能を追加しました。

 
この新しい機能により、
WeChatアプリ内のブランドアカウントや記事、
音楽などを検索できるようになりました。
 
 
 

検索機能に注力し始めたWeChatの動向

 

「検索チーム」の結成

WeChatの検索機能に関する情報は、
4月からささやかれていました。
 
WeChatの開発チームの中に
新しく「検索チーム」ができたと
中国メディアがリークし、
検索ビジネスやおすすめコンテンツ表示機能、
AI研究などを進めていると報道されました。
 
Tencentのスポークスマンによると、
WeChat検索チームは
「サーチアプリケーション部」と呼ばれており、
この部署は既存のグループを
再構築したものだと言います。
(それ以上の情報は非公開)
 
 

WeChatインデックスの実装

“WeChat index” という検索インデックス機能も
3月にローンチしています。
 
Googleトレンドと似たような、
急上昇ワードや人気ワードを
チェックできる機能です。
 
 

WeChat外の情報も検索対象に

さらにWeChatは、
Tencentの投資先企業でもある
Q&AプラットフォームZhihu(知乎)を統合した
新しい検索機能のベータ版も開始しています。
アプリ外の情報をアプリで検索できるという、
WeChatにとって革新的な機能です。
 
 
 

WeChatの検索は百度を越えるか?

 
WeChatのマーケティングを専門とする
WalktheChatの創業者・Thomas Graziani氏は
次のように指摘しています。
 
「WeChatでアプリ外の情報を
検索できるようになればなるほど、
より多くの人々がWeChatを使って
検索するようになるでしょう。」
 
”WeChat Pay” を通して集めたデータ量は、
「百度が想像している以上のデータ量である」と
彼は言います。
 
「もしWeChatユーザーが
WeChat内で検索するようになったら、
ソーシャルデータと決済データ、
さらに検索クエリの組み合わせによって、
百度に脅威を与えるでしょう。」

 
 
 

アプリ内に限定したクローズドな検索

 
注目すべき点は、
World Wide Webを検索する
オープンな情報を対象とした
検索エンジンである
百度とは違って、
検索対象のほとんどがWeChat内という
クローズな情報を対象にした
検索エンジンである
Wechatの検索。
現時点では、かなり限定された環境となっています。
 
リンクをクリックしても外部のページには飛ばず、
アプリ内のWebページに飛びます。
 
QRコードでさえコントロールされていて、
AlipayやAnt Financialの電子決済のQRコードは
WeChatアプリで開くことができません。
 
中国市場で影響力の強いWeChatが持つ
大量のデータを活用できれば、
企業側はWeChat内でのターゲティング広告や
パーソナライズドレコメンド をしやすくなります。
 

クローズド環境を増長する「ミニプログラム」

WeChatが最近ローンチした「ミニプログラム」は、
アプリ内のクローズド環境を
さらに強める機能です。
 
Googleの「インスタントアプリ」を
連想させるこの機能は、
WeChat内部につくられたアプリのようなもの。
WeChat内で完結するため、
新たにインストールする必要はありません。
 
自社ブランドのミニプログラムを開発するには、
WeChat独自のプログラミング言語である
“wxml” や “wxss” を使う必要があります。
 
ミニプログラムは、
FacebookやSnapchatと同じく
オリジナルのQRコードも作成できます。
 
「TencentもAlibabaも
自社のプラットフォームの中に
ユーザーを留めておきたいのです」と、
長江商学院の経済戦略の准教授である
Brian Viard氏は言います。
 
「その結果、ユーザーが満足するように
どんどんサービスを実装していくような
熾烈な戦いへと繋がっていくでしょう。」
 
 
 

Tencentと捜狗(Sogou)の協力関係

 
WeChatは検索エンジン市場で
百度と競う必要はなく、
アプリ内のクローズドな環境下で、
ユーザーを満たせれば良いでしょう。
 
一方で、
検索エンジン市場で百度を追いかけるという点は、
WeChatの検索機能パートナーである
捜狗(Sogou)に委ねられています。
 
Tencentは2013年に捜狗(Sogou)に
4億4800万USドルを投資しており、
捜狗(Sogou)の検索サービスだった
Sosoを吸収しました。
 
ただSosoはまだそれほどの牽引力を
持っていないのが、実際のところです。
 
投資が発表されてから約1年後には、
捜狗(Sogou)がWeChat向けの検索エンジンを
ローンチしました。
 
 
 

検索エンジン事業によるTencent決算への影響は?

 
収益化に関して注目すべき点は、
WeChatが百度と同じ検索ベースの
広告収益を増やし始めたことです。

 
百度の収益の91%は
検索関連事業から成り立っています。
 
一方、
Tencentはもともと収益の約半分が
オンラインゲームによるものでしたが、
最近は広告収益にもフォーカスし始めました。
 
WeChat Moments、WeChat公式アカウント
などの広告収益が増加した結果、
直近の決算では、オンライン広告収益は
昨対比54%増加しました。

 
 
とはいえ、今のところ、
WeChatの広告ビジネスは
百度と比較できるほどではありません。
 
今後WeChatが8億8900万もの
月間アクティブユーザーを基盤に、
検索エンジンを向上させていくことで、
大きく飛躍する可能性はあるでしょう。
 

Tencentの検索エンジンへの注力をどう見るべきか

「端的に言えば、
SEM(サーチエンジンマーケティング)に従事する
マーケターは、百度からTencentに
すべてを移行するべきではないでしょう」と、
広告会社のBiddingXの最高戦略責任者である
Mahdi Shariff氏は言います。
 
「コンテンツ検索は
商品もしくは欲求に基づいた検索とは別物です。
購入するつもりで検索しているという点で、
後者の方がマネタイズしやすいです。」
 
Mahdi Shariff氏はさらに、次のように続けます。
「しかしながら、
Tencentはコンテンツ検索のトラフィックを
マネタイズすることができます。
それが今後デジタル広告ビジネスを
成長させていく助けとなるでしょう。」
 
 
 

最後に

 
WeChatの検索エンジン実装に加え、
TencentはAI関連も強化しています。
百度やDidi Chuxingを追いかける形で、
4月上旬にアメリカで新しいAIラボを
オープンしました。
 
また今年中には、
現在Tencentの動画ビジネス向けの広告や
データ取得に使われている
ディープラーニングフレームワークの “Angel” を、
オープンソース化することも検討しています。
 
さらに新しいデータセンターを海外で開設し、
クラウドコンピューティングも拡大しています。
 
今後のTencentの動きに期待しましょう。
 
 
 

ADKによる中国市場ウェブマーケティングサービスについて

 

ADKでは、中国市場における
ウェブマーケティングサービスを提供しております。
ご興味のある方は、
お問合せフォームよりお問い合わせ頂けると幸甚です。

   

参考記事はこちら
WeChat just launched a search engine. Baidu should worry.

「この記事はtechinasia.comの許諾を得て編集/翻訳(抄訳)/執筆しています。」

 

・本記事は情報提供を目的として株式会社アサツーディ・ケイ
 (以下「弊社」といいます。)
 が作成した記事であり、特定の金融商品の推奨
 (有価証券の取得の勧誘)
 を目的とするものではありません。
・本記事は、弊社が信頼できると判断した情報等に
 基づいて作成されていますが、弊社がその正確性・完全性を
 保証するものではありません。
・本記事に記載された過去のデータは、将来の結果を示唆あるいは
 保証するものではありません。
・本記事に記載された見解は情報提供を
 目的とするものであり、いかなる投資助言を提供するものではなく、
 また個別銘柄の購入/売却/保有等を推奨するものでもありません。
・記載された見解は記事作成時点のものであり、
 将来予告なしに変更する場合があります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Global Marketing Laboの更新通知を受け取る

当サイトの記事を1週間に1通のペースで更新情報や新着記事情報をお届けします。
下記のフォームにメールアドレスを入力してください。

更新通知を受け取る

当サイトの記事を1週間に1通のペースで更新情報や新着記事情報をお届けします。
下記のフォームにメールアドレスを入力してください。

▲ページTOPに戻る