グローバルマーケティング(テクノロジー&広告)のニュースに特化したニュースサービスサイト(βversion)


海外アパレル企業による中国EC市場攻略事例

2017.07.28
Category: 翻訳記事
執筆者/編集担当者: arata

はじめに

 
2015年、中国の経済成長率は
6.9%と鈍化したものの、
依然として
中流階級の中国人による
オンライン上での消費活動は活発です。

 
今回は、
中国EC市場に進出するために知っておくべき
「中国EC市場の現状」と、
「成功している海外ブランドの攻略事例」を
ご紹介いたします。
 
 

中国EC市場の現状

 
2015年の中国のオンライン売上は、
3兆8,770億元(約5,896.1億USドル)でした。
中国の国家統計局によると、
2014年から33.3%も増えているそうです。
 

同年のアメリカでのオンライン売上が
合計で3,417億USドルなので、
2015年、中国はアメリカでの売上を上回り、
中国は世界でも圧倒的に大きなEC市場となりました。
 
 

中流階級の海外ブランド需要

iPhoneや輸入食品、海外の既製服ブランド、
ウォルマートストアでの販売商品などの海外製品は、
中国の中流階級に大きな需要があります。
 
この需要は、
海外ブランドにとって、
中国市場に進出する大きな後押しとなるでしょう。
 
 

アリババの売上のうち70%がモバイル端末経由

中国インターネット情報センターによると、
2015年6月における中国の
インターネットユーザー数は
6億6,800万にものぼり、
そのうち約89%(5億9,400万程度)が
スマートフォンからのアクセスだと言います。
 
2016年11月のアリババの「独身の日」の間には、
140億USドルの売上があり、
そのうち70%はモバイル端末からの
売上だったそうです。
 
 

地方のアパレル需要

ECが大きく成長した要因のひとつに、
都心から遠い地域に住んでいても、
海外製品を手に入れられる点があります。
 
実店舗がほとんどない中国の田舎エリアは、
既製服ブランドのEコマースにおいて、
大きな可能性を秘める地域です。

 
 

実際2015年の調査では、
1億8,600万人のインターネットユーザーは
中国の主要都市以外に住んでいる人だったそうです。
アリババは小さな町や村に
サービスセンターを10万ヶ所設置し、
オンラインでの購入や
タオバオ(Taobao)での出品をサポートしています。
 
 

政府もEC市場を後押し

2012年以降、
インターネットでの海外製品の購入を促進しようと、
中国政府は政策を見直しています。
 
中国は海外のEC販売者から販売税を取っておらず、
また特定のカテゴリに関しては、
中国外のWebサイトから購入した場合の関税も
半分以上に減らしています。
 
 
 

海外アパレル企業による中国EC市場攻略事例2選

 
多くの海外ブランドが、
既に中国のEC市場に進出しています。
 
進出方法としては、
独自のWebサイトで進出するパターンも、
Tmall(天猫)、JD(京東)などの中国で影響力のある
ECプラットフォームを利用して
進出するパターンもあります。
 
アリババグループのTmall(天猫)は
B to C向け ECプラットフォームで、
中国では大きな影響力を持っています。
幅広く膨大な数のアイテムを扱っているものの、
特にファッション分野に力を入れているようです。
 
Tmall(天猫)を活用して
中国で成功している海外ブランドの事例を
2つご紹介いたします。
 

(1)バーバリーの事例

イギリスの伝統的なラグジュアリーブランド
『バーバリー』は、
中国のEC市場で大きな成功をおさめています。
 
中国の36都市において
78店舗のストアを既にオープンしており、
中国向けの公式Webサイトも持っている上に、
Tmall(天猫)上にも公式ストアを開設しました。
 
Tmall(天猫)でストアを作るという選択は、
中国市場での地位を強化させるにあたって、
良い戦略だと言えるでしょう。
 
ちなみにTmall公式ストアのデザインは、
公式Webサイトと同じ見た目になっています。
 
また、公式ストアやWebサイトによる
オンラインでのプレゼンスの増加により、
バーバリーは偽物製品を
大幅に減少させることに成功しました。

 

(2)Radoの事例

スイスの腕時計メーカー『Rado』も、
Tmall(天猫)で公式ストアを開設し、
中国のEコマースマーケットに進出しています。
 
Radeの場合はバーバリーとは違い、
中国向けの公式ストアはTmall(天猫)のみです。

 
女性向け記念コレクションを強調し、
スクロールすると他のすべてのコレクションが
見られるようになっています。
また、ブランドヒストリーなどの情報も
掲載されています。
 
 

ラグジュアリーブランド特化型のECプラットフォーム

 

Meici.com

近年、
ファッションやラグジュアリーブランドに
特化したEコマースサイトが、
新しいオンラインショッピング体験を
ユーザーに提供することで
中国市場を活気づけています。
 
その中のひとつが『美西(Meici.com)』です。
 

美西(Meici.com)は、
最新のファッショントレンドを中国に導入し、
革新的なオンラインのショッピング体験を
提供することを目標にしています。
 

『Mzine』という名の
Eマガジンも配信していて、
ファッションメディアとEコマースを融合し、
今までにないオンラインショッピング体験を
実現しています。
美西(Meici.com)の中で
最も人気のあるページは
『Mzine』だそうです。
 
Meici.comは、
サイトで取り扱うすべての商品が
本物のブランド製品だと保証しています。

製品が本物であるかどうかを
チェックする方法も掲載しています。
 
購入から7日間以内であれば、
返品や交換も受け付けています。

希望があれば請求書のコピーを
取得することも可能です。
 
 
 

ADKによる中国市場ウェブマーケティングサービスについて

 

ADKでは、中国市場における
ウェブマーケティングサービスを提供しております。
ご興味のある方は、
お問合せフォームよりお問い合わせ頂けると幸甚です。

   

参考記事はこちら
How Apparel brands should approach the Chinese e-commerce market ?

「この記事はfashionchinaagency.comの許諾を得て編集/翻訳(抄訳)/執筆しています。」

 

・本記事は情報提供を目的として株式会社アサツーディ・ケイ
 (以下「弊社」といいます。)
 が作成した記事であり、特定の金融商品の推奨
 (有価証券の取得の勧誘)
 を目的とするものではありません。
・本記事は、弊社が信頼できると判断した情報等に
 基づいて作成されていますが、弊社がその正確性・完全性を
 保証するものではありません。
・本記事に記載された過去のデータは、将来の結果を示唆あるいは
 保証するものではありません。
・本記事に記載された見解は情報提供を
 目的とするものであり、いかなる投資助言を提供するものではなく、
 また個別銘柄の購入/売却/保有等を推奨するものでもありません。
・記載された見解は記事作成時点のものであり、
 将来予告なしに変更する場合があります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Global Marketing Laboの更新通知を受け取る

当サイトの記事を1週間に1通のペースで更新情報や新着記事情報をお届けします。
下記のフォームにメールアドレスを入力してください。

更新通知を受け取る

当サイトの記事を1週間に1通のペースで更新情報や新着記事情報をお届けします。
下記のフォームにメールアドレスを入力してください。

▲ページTOPに戻る