グローバルマーケティング(テクノロジー&広告)のニュースに特化したニュースサービスサイト(βversion)


百度リスティング広告攻略ガイド―徹底攻略のための12のポイント

2017.08.9
Category: 翻訳記事
執筆者/編集担当者: matsuoka

はじめに

 

Baiduは、
中国の検索エンジン市場で
79.48%ものシェアを占める
中国最大手の検索エンジンです。
 

Gentlemen Marketing Agencyの調査によると、
中国の検索ユーザーの92%が
Baiduを使ったことがあると回答しており、
Baiduの月間モバイル検索ユーザー数は
6億5,700万にも及びます。
 

「中国のGoogle」とも呼ばれるBaiduで
PPC(リスティング)広告を利用することは、
中国での露出を高める効果的な方法でしょう。

 

百度のリスティング広告を攻略する12のポイント

 

Googleとの違いや、
中国検索市場における傾向など、
BaiduのPPC広告を攻略するポイントを
以下の12項目にまとめました。

 

(1) 広告リンクと検索結果の区別が明瞭でない

Googleでは
広告リンクと通常の検索結果が
明確に区別されて表示されます。
一方Baiduの検索結果画面では
その区別が比較的わかりにくくなっています。
 
広告であるという意識を持たずに
クリックしてもらえるという点で
PPC広告を出す企業にとっては
有益な仕様です。

 

(2) PPC広告とSEO対策で相乗効果を生む

オーガニック検索結果の順位は、
ランディングページへの
トラフィックを得るにあたって
最も重要です。
PPC広告で露出を増やし、
徐々にSEO対策のアプローチを
強めていきましょう。

 

(3) 表示できる文字数が比較的多い

Googleアドワーズでは
タイトルに25文字、
広告テキストには35文字を2行分
書くことができますが、
Baiduの文字数制限は
その2倍の長さとなっています。
 

タイトルは50文字、
広告テキストは80文字を2行分
書くことができるので、
商品やサービスなどの詳細について
記述できます。

 

(4) 広告テキストの最初の1行に力を入れる

Googleアドワーズとは違い、
BaiduのPPC広告テキストでは
2行目は空欄のままにして、
1行目しか書かないという選択肢もあります。
 

注意すべきなのは、
2行書いたとしても
PPC広告の表示位置によっては
1行目しか表示されない場合がある点です。
 

Baiduにおいては、
検索ワードとの関連性が高い場合のみ
PPC広告テキストが2行すべて
表示される仕様になっています。
最上部に位置する広告は2行表示されますが、
それ以下の4つは、
基本的に1行のみ表示となっています。
 

よって、2行入力する場合でも、
1行目だけで意味が通じ、
しっかりと目立つような書き方を
オススメします。

 

(5) キーワードを選ぶ

大きなキャンペーンであれば、
PPC広告に入れるキーワードが
20~30個ほどになることでしょう。
選んだキーワードとキャンペーン内容や
ランディングページの関連性が
高く保たれていることが重要です。
 

効果的なキーワードを選定するためには、
A/Bテストで比較することが有効です。
効果的なキーワードを選べば、
最小限のコストで狙ったトラフィックを
獲得することができ、
PPC広告の予算も抑えることができます。
 

一方で予算が多い場合は、
最も検索されているビッグワードを使って
PPC広告を表示させ、
多くのトラフィックを得るのも良いでしょう。
ただし、
予算を短期間で使い切ってしまわないように、
1日の費用を制限しておくことをオススメします。

 

(6) 「スペシャルオファー」はかなり効果的

中国において、
「スペシャルオファー」を実施することは
かなり効果的です。
 

中国の検索ユーザーは
PPC広告リンクに記載されている
「スペシャルオファー」の文言に
目を光らせています。
 

特典や優待などの
キャンペーン実施を知らせるPPC広告の文言には
「スペシャルオファー」というキーワードを
入れておくのが効果的です。
 

どれだけ特別なキャンペーンなのか、
期間限定ならいつ終了するかについても
記載しておくのがオススメです。

 

(7) 広告コピーは中国の標準語で書く

基本的なことではありますが、
ターゲット層に届けて
クリック率とROIを高く保つためには、
標準語で記載することが重要です。

 

(8) 特定の検索ワードに対応した中国語のLPを用意する

トラフィックに対して
最も関連のあるページを
提供することが重要なので、
特定の商品タイプやカテゴリーに対応した
中国語のランディングページ(LP)を
作成しましょう。
 

LPの読み込みスピードを速くするためにも
静的ページで作成するのが良いでしょう。

 

(9) 除外キーワード設定の制限

Baiduでは、
除外キーワード設定の制限は
100個までしか入れることができません。

Googleアドワーズでの規制数よりも
少ないので、注意が必要です。

 

(10) Baiduの編集ツールをダウンロードする

Baiduの編集アプリを
インストールしておきましょう。
英語バージョンもあるので、
海外企業も問題なく使えます。
アドワーズエディターと
似たような仕様です。
 

中国国外でアカウントを取得する場合は、
アップロードやダウンロード、
パフォーマンスデータの取得に
時間がかかるので注意しましょう。

 

(11) PPC広告の効果をモニタリングする

どのキーワードが
最もトラフィックを稼いでいるか、
売り上げに繋がっているか、
サイトでの滞在時間が長いか、
サイトに再び戻ってくる率が高いか
などを分析しましょう。
 

このような分析が、
最も効果的な検索ワードや
最適な広告位置を把握するのに役立ちます。

 

(12) 中国におけるクリック詐欺対策をしておく

競合による虚偽のクリックなどの
クリック詐欺対策としては、
デイリーのクリック課金制限を
設定しておくのが最も有効です。
 

それに加えて、
不明なトラフィックや
デイリー平均クリック率の急増を
モニタリングしておくことは、
クリック詐欺の芽を摘むのに効果的です。
 

Baidu側もクライアントを
クリック詐欺から守るための
チームを設立するなど、
厳しく取り締まっています。

 
 
 

ADKによる中国市場ウェブマーケティングサービスについて

 

ADKでは、中国市場における
ウェブマーケティングサービスを提供しております。
ご興味のある方は、
お問合せフォームよりお問い合わせ頂けると幸甚です。

   

参考記事はこちら
A GUIDE TO BAIDU PPC ADVERTISING IN CHINA

「この記事はmarketingtochina.comの許諾を得て編集/翻訳(抄訳)/執筆しています。」

 

・本記事は情報提供を目的として株式会社アサツーディ・ケイ
 (以下「弊社」といいます。)
 が作成した記事であり、特定の金融商品の推奨
 (有価証券の取得の勧誘)
 を目的とするものではありません。
・本記事は、弊社が信頼できると判断した情報等に
 基づいて作成されていますが、弊社がその正確性・完全性を
 保証するものではありません。
・本記事に記載された過去のデータは、将来の結果を示唆あるいは
 保証するものではありません。
・本記事に記載された見解は情報提供を
 目的とするものであり、いかなる投資助言を提供するものではなく、
 また個別銘柄の購入/売却/保有等を推奨するものでもありません。
・記載された見解は記事作成時点のものであり、
 将来予告なしに変更する場合があります。


NewsPicks_button_01

 
 
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Global Marketing Laboの更新通知を受け取る

当サイトの記事を1週間に1通のペースで更新情報や新着記事情報をお届けします。
下記のフォームにメールアドレスを入力してください。

更新通知を受け取る

当サイトの記事を1週間に1通のペースで更新情報や新着記事情報をお届けします。
下記のフォームにメールアドレスを入力してください。

▲ページTOPに戻る