グローバルマーケティング(テクノロジー&広告)のニュースに特化したニュースサービスサイト(βversion)


WeChatマーケティングの究極ガイド

2017.08.16
Category: 翻訳記事
執筆者/編集担当者: nakajima

WeChatとは

 
2011年にサービス開始したWeChat(微信)は、
中国企業Tencent(騰訊)が開発した無料の
ソーシャルメディアアプリです。
 
WeChatはさまざまな機能を備えた
モバイルインスタントメッセンジャーであり、
中国のウェブ上では
必ず目にするSNSです。
 
WeChatは、動画や画像のシェア、ゲーム、
ステッカー(LINEのスタンプに相当)、
モーメンツ(タイムラインに相当)を
通じた友達とのシェア・接続機能など、
従来型のネットワークオプションを提供しています。
 
一方で、WeChatはソーシャルコマースの
プラットフォームでもあり、
オンラインショッピングのWeChatストア、
オンライン店舗への支払いのためのWeChat Pay、
WeChatウォレット有しており、
さらには、支出履歴を確認できる機能も
提供しています。
また、タクシーや航空券、診察などの
予約にも使えます。
 
 
 

WeChatのユーザーとマーケティング潜在能力

 
WeChatは中国で
最も人気のあるモバイルアプリですが、
90%のユーザーが中国在住です。
 
また、たとえユーザー数が
中国ほど大きくないとしても、
中国以外の地域でのWeChatマーケティングの
潜在力を見逃してはいけません。
 
WeChatの典型的なユーザーは
1980年代から90年代の生まれで、
この年代生まれのユーザーは、全年齢層の中で
最もアクティブなWeChatユーザーでもあります。
WeChatの2016年度データレポートによれば、
WeChatユーザーの約半数は毎日90分以上を
WeChatに費やしています。
 
このように大きなユーザー基盤があれば、
必然的にWeChatはマーケティング
担当者にとって不可決なツールとなります。
 
 
 

WeChatの成功の5つの理由

 
このモバイルアプリには、サービスの成功や、
ユーザーの評価上昇に貢献する特徴が
多数あります。
 
 

完全に無料

 
このモバイルアプリの第一の長所が
無料であることというのは明白です。
もちろん、他の多くのアプリやSNSも無料ですが、
WeChatほど一貫してはいないし、WeChatほど
多くの機能を無料で
提供しているものはありません。
 
 

多様なファイル共有

 
WeChatを使えば、テキストメッセージを
友達や連絡先に送れるだけでなく、
動画、静止画、音声ファイルを
シェアし記録できます。
 
 

友達を発見する機能

 
日本では考えにくい機能として、
「近くにいる人を発見する」機能です。
この機能で、
自分と同時にこのアプリを使っている人や
近くにいる人、共通の関心事がある人と
つながることができます。
 
ただし、他人と友達になって繋がることは
トラブルの元にもなりえるので注意が必要です。
 
 

テレビ電話

 
このアプリの最も面白いツールの一つとして、
インターネット接続を通じてテレビ電話を
かけられる機能でしょう。
 
自分が海外にいて、コストを最小限に抑えつつ、
親戚の顔を見ながら話がしたいという時に、
Wi-Fiに接続すれば無料のテレビ電話がかけられる
というのは、大きなメリットです。
 
 
 

WeChatをいかにビジネスに活用するか

 
WeChatという強力なプラットフォームを活用して
利益に結び付けるために、
企業は何をすべきでしょうか?
 
 

WeChatでのリードジェネレーション(見込客獲得)

 
WeChatは、
卓越したリードジェネレーションツールです。
ユーザーがビジネス関連のコンテンツをWeChatで
シェアすれば、その企業の露出度が増え、
より多くの見込客を
引き寄せてくれるかもしれません。
 
WeChatには、企業が正しいオーディエンスに
リーチするのを助けてくれる機能もあります。
 
たとえば、
WeChatウォレットには
クーポン共有機能があります。
ユーザーは、QRコードを読み取って
「友達とシェアする」を選択することで、
クーポン券をシェアできます。
そうすることで、ユーザーの友達全員がWeChat
(ないしWeChatウォレット)を訪問した時に、
シェアされた商品を手に入れられるようになります。
 
このようにして、
クーポン券をシェアした人が
企業のターゲット層でなくても、
この機能を使えば、
ターゲット顧客にリーチすることができます。
 
WeChatには、企業が新たな見込客を獲得するのを
助けてくれる機能が、他にもいろいろあります。
 
たとえば、多くの企業が、
QRコードをスキャンしてくれた
ユーザーにWi-Fi接続を提供していますが、
接続を維持するためには、
ユーザーはその企業のアカウントを
フォローしなくてはならなかったりします。
 
 

CRM(顧客関係管理)

 
WeChatはCRMツールとして利用可能です。
ユーザーがひとつのアカウントをフォローする時は
そうする理由があるからで、何もなければ、
そのアカウントをフォローしないと判断できるからです。
 
これはWeChatに加入した企業の
多くが犯す過ちなのですが、
ただ持っておけば良いツールだと考え、
真剣に計画を考えていません。
 
そういった企業は、
最初はフォロワーの大波を目にしますが、
リレーションを維持したくなるような
何か新しいものや
役立つものが何もなければ、
じきに消えてしまいます。
 
ユーザーがWeChatのアカウントを
追いかけている時は、
コンテンツに興味があるか、
ソリューションを探しているのです。
 
ユーザーが宅配便を追跡している時や、
自分の荷物を追跡するのに
なにか問題があった時は、
すぐにWeChatで誰かと話せないだろうか
と期待します。
 
CRMが良いものであれば、
ユーザーに購入品を買い替える動機付けを
与えることも可能でしょう。
 
FAQのリストを回答付きで作るのは
手軽で良いのではないでしょうか。
ユーザーが質問を入力すると、
WeChatはその質問に使われている
キーワードを検知して、
こちらが想定した質問と関連付けて
ユーザーに自動で回答をしてくれます。
 
 

WeChatコンテンツマーケティング

 
WeChatは、中国人が何かを読むチャネルです。
中国人は自分のモーメンツの流れの中や
フォローしている公式アカウントで、
文章を読みます。
 
加えて、
WeChatアプリの中で読むべきコンテンツを
検索することもできます。
 
WeChatのユーザーは1日90分に至るまで
このアプリを使っていますが、
それは連続90分ではなく1日の中の
短い時間で何度もアプリをチェック
しています。
 
したがって、
WeChatにコンテンツを公開するというのは、
ユーザーがモバイル上で費やす断片化した時間を
つかまえる素晴らしい手段なのです。
 
公式アカウントはフォロワーに対し、
定期的にコンテンツを発信することができます。
そういったコンテンツが
ユーザーの関心を引かなければ、
次に何か公開した時に
見てくれる可能性は低くなります。
 
したがって、ユーザーをセグメント分けし、
各グループごとにカスタマイズしたコンテンツを
作ることが重要となります。
正しいグループに正しいコンテンツを届けて、
初めてコンテンツはシェアされ、
口コミに乗るチャンスを得るのです。
 
・独自の広告プラットフォーム
WeChatは、
独自の広告プラットフォームを持っており、
それは、以下のようなことに利用できます。
 
・公式アカウントのフォロワーを増やすためのプロモーション
・WeChat外部のウェブサイトにユーザーを誘導
・AppStoreのダウンロードページにユーザーを誘導
 
広告は、ユーザーのWeChatモーメンツの中に
ソーシャルアナウンスメントとして
表示することもできますし、
他社の公式アカウントの
記事の末尾にも表示できます。
 
・支払いソリューション
WeChatでは、
アプリ内でオンライン商取引が実施できます。
WeChat Payは、今のところ、
中国でもっともポピュラーな
モバイル支払い手段です。
そのサービス開始は2014年でした。
 
WeChat Payは、
オフラインの店舗でも広範に使われており、
QRコードのスキャンで支払いができます。
カルフールもこれに参加しており、
中国237店舗のカルフールの
店舗でWeChat Payに対応しています。
 
中国では日常生活の驚くほど広い領域で
WeChat Payが利用されており、
自販機でも、お店でも、レストランでも
使われています。
 
WeChat Payは、
上述のように中国に強大な市場を有しており、
このような実用的な支払い手段は、
他の領域へも拡大していく潜在力を持っています。
 
2016年1月時点では、WeChat Payは外国企業にも
利用可能となっており、それはすなわち、
このアプリを使えば、外国企業が中国人の顧客対し
人民元で即時支払いをさせることが可能だと
いうことを意味しています。
 
 
 

WeChatはビジネスでどう機能するか

 
さて、
WeChatがもたらす利点について触れたところで、
WeChatが実際どのように
機能するかを見てみましょう。
 
・アカウント開設
中国国内アカウントだけが、
WeChat上で利用可能なすべての機能に
アクセスできます。
 
著名企業は
公式の企業アカウントを開設すべきです。
そうするためには、
WeChatの公式ウェブサイトにリクエストする
(営業許可証他、関連文書を添付)
ことが必要です。

海外向けプラットフォームは英語、
中国国内プラットフォームは
中国語を使っています。
アプリのプロセスはどちらでも類似しています。
 
しかし、海外アカウントとして
アカウントを設定してしまうと、
中国のユーザーをターゲットにできないことを
理解しておくのが重要になります。
 
中国人ユーザーはそういった海外アカウントを
見つけることはできますが、
現在のところフォローはできません。
 
国内アカウントとしての認証を得るためには、
中国で登記された法人組織を
有していなくてはなりませんが、
それは、多くの外国企業がWeChatで中国を
ターゲットとして利用できないということを
意味しています。
 
そこで、
外国企業が中国をターゲット
とした公式アカウントを
開設するのを支援できる
マーケティング代理店があります。
 
 
 

WeChatマーケティングの秘訣

 
中国ビジネスを拡大したいなら、
その戦略は上手に構築されたデジタル戦略を
包含していなくてはなりません。
 
この記事では、
WeChatを効果的にビジネスに活用するための
全業種共通のヒントをお教えしましょう。
 
 

1-公式アカウントを作る

WeChatの機能を最大限に活用するための
最初にして最大のステップは、
アカウントを作ることです。
 
だが、ただのアカウントではなく、
認証を受けた企業アカウント、
いわゆる「公式アカウント」を
作らなくてはなりません。
 
やるべきことは、
WeChatの公式ウェブサイトを訪れて
「登録フォーム」という
オンラインフォームに記入するだけです。
 
 

購読アカウントを作る

公式アカウントを作る際は、
二つの選択肢があります。
「購読アカウント」か、
「サービスアカウント」です。
 
「購読アカウント」は企業にとって、
基本の公式アカウントになります。
 
これがあれば、マーケティング担当者は
ページをフォローしているユーザーと、
1日1件のメッセージをシェアできます。
 
気を付けなくてはいけないのは、
この購読アカウントでのメッセージは
通知はされるものの購読アカウント専用の
フォルダーに自動的に振り分けれられ
情報にアクセスしたいユーザーは、
このフォルダーを開かなければなりません。
 
購読アカウントがあれば、
中国人オーディエンスとニュースをシェアしたり、
交流したりできます。
 
 

3-さらに進んで、「サービスアカウント」を作る

アカウントについての2番目の選択肢は
「サービスアカウント」です。
 
「サービスアカウント」では、
最初のものとは違って、
フォローしてくれるユーザーに対して
月4件のメッセージしか送信できません。
 
しかしながら、こちらのメッセージは通知もされ
一番最上位の友達が並んでいる所に表示される
のですぐに気づくことができます。
 
このアカウントは、
他にもさまざまな機能を提供していて、
たとえば、
カスタムメニューや独自のアプリを作ったり、
製品やサービスのプロモーションや、
さらにはユーザーからのリクエストを
受け付けることもできます。
 
 

4-QRコードを付加する

QRコードとは何か?
 
QRコードとはマトリクス型のコードで、
情報をエンコードするのに用いることができます。
ヨーロッパではQRコードは
あまり普及していませんが、
WeChatでは重要なツールです。
 
WeChatの世界では、
ユーザーが新しい連絡先を追加したり、
WeChatアカウントをPCに接続したり、
公式アカウントをフォローしたりできるので、
QRコードがなくてはならないものとなっています。
 
そのため、自社のQRコードを商品や店舗、
他のオンライン広告などでも
使用することを強く推奨します。
 
 

5-フォロワーと長期的なリレーションを構築する

 
公式アカウントを持つのは非常に良いことですが、
ユーザーとの間に本当のコネクションを
築くことの方が、
より素晴らしいことと言えます。
 
WeChatがあれば、
フォロワーと「直接に」交流できて、
さらにニュースや新しい製品・サービスを
シェアすることもできて、
ブランドのプロモーションにもなります。
 
 

6-良質のコンテンツをシェアする

オーディエンスと長期的関係を構築するために、
シェアされるコンテンツは、
関心を引く良質のものでなくてはなりません。
WeChatのコンテンツは、
いかに興味を持ってもらえるかが
重要なポイントです。
 
 

7-WeChatが提案する様々なコンテンツを利用する

 
良いコンテンツを公開し、
かつユーザーを
イライラさせないためには、
WeChatが提供している
あらゆるツールを用いることを
忘れてはなりません。
 
テキストベースのコンテンツの代わりに、
静止画か、ないしはWeChatで
撮影した特製の動画を提供することです。
 
 

8-創造的でかつ革新的であること

 
WeChatのユーザーは世界中に
8億5千万人もいるのですから、
新しいユーザーにフォローしてもらいたいなら
創造性が不可欠です。
 
サービスアカウントの方に決めたなら、
ミニゲームやオーディエンス巻き込み型の
イベントも提供できます。
 
 

9-WeChatウェブサイトを作る

品質において非の打ちどころがなく、
かつ面白くて
革新的なコンテンツを有するための
数多い手段のひとつが、
WeChat上にサイトを構築することです。
 
これによって、
自社のページをカスタマイズして
ブランドをアピールし、
ソーシャルネットワーク上の
認知度やプレゼンス向上を図ることができます。
 
 

10-フォロワーと交流する

 
長期的な関係構築と同じ枠組みの中で、
ユーザーと交流しなくてはなりません。
 
これを行う手段は、サービスアカウントなら
月4回のメッセージ。
そして、関心のある情報を求める
リクエストに迅速に対応すること、
WeChatの
オンライン・イベント、そして最後に
自社のカスタムアプリです。
 
 

11-WeChat特有の戦略を作ること!

 
WeChatは、たとえばWeibo(微博)などの
他の中国のSNSとは似ていません。
 
したがって、WeChat(の基本機能)の
利用方法や企業そのもの(統計データ)を
学ばなくてはなりません。
 
 

12-WeChatはモバイルアプリ

 
忘れてはならないのは、
WeChatはモバイルアプリだということです。
 
したがって、
コンテンツはモバイルの(ユーザーが移動中の)
利用に適合していなくてはなりません。
 
また、
ユーザーの注意力は
極めて短時間しか続かないので、
彼らの関心をつなぎとめるために
最善を尽くさなくてはなりません。
 
例をあげるなら、以下を行った方がよいでしょう。
・長文を避ける
・短文を重視する
・画像や動画を使い、さらには、カスタムアプリを作って、
その他インタラクティブなコンテンツを用いる
 
 

13-コメントを収集する

WeChat上での評価が高まれば、
見込客や既存顧客から
製品・サービスについての感想やコメントを
集めることができるようになります。
 
顧客の意見を収集整理することで、CRM戦略や
市場調査の実施、その他の戦略的判断に
便利に使えるデータベースを作ることが
できるようになります。
 
 

14-WeChatとパートナーシップを結ぶ

幸運にもWeChatでの販促キャンペーンに
予算が付いたら、
WeChatと協業して
独自の販促キャンペーンをしたり、
特別なサービスを提供したりして、
迅速に認知度を
向上させることができるでしょう。
 
2015年、ウエスタンユニオン社はWeChatと
パートナーシップを結び、WeChat上に
専用のプラットフォームを構築しました。
 
ウエスタンユニオンはWeChatのユーザーに
オンライン送金サービスを提供しています。
 
送金先リストは長大なもので、
200か国以上にまたがっています。
 
 

15-自動応答を活用する

WeChatは最近、
自動応答という便利な機能を作り出しました。
 
これによって、公式アカウントを持つ企業は、
ウェルカムメッセージを送ったり、
WeChatユーザーの
リクエストに対しキーワード認識機能を利用し
自動応答ができるようになっています。
 
 

16-独自のロイヤルティプログラムを作る

公式アカウントがあれば、
WeChat上にオンラインの
ロイヤルティプログラムを作ることができます。
 
顧客がそのプログラムに参加すると決めたら、
その人のWeChatアカウント
(電話番号とWeChatのID)が
位置情報マップに結び付けられます。
 
メンバーには、
販促キャンペーンや割引クーポン、
イベントへの招待などを提供できます。
 
 

17-KOL(Key Opinion Leaders)とコンタクトする

 
あまり知られてはいませんが、
中国人は大小にかかわらず
自分の社会的グループの意見を重視します。
 
それゆえ、意見を収集するだけでなく、
KOLと協働することが重要となります。
 
KOLとはインターネット(SNS)上で
アクティブな人物で、そのニュースフィードに
多数の購読者がついています。
 
 

18-モーメンツ経由でWeChatに広告を出す

 
製品・サービスの広告を
WeChatに掲載する手段は様々です。
そのひとつがモーメンツです。
 
「モーメンツ」は
LINEでいうタイムラインのことです。

この強力なツールを使うことで、
FacebookやTwitterで
使ったのと同じようにプロモーションができます。
 
写真(最大6枚)、説明文(40文字まで)、
そしてWeChatの内部リンクを
埋め込むことができます。
 
 

19-WeChatでオンラインショップを開く

 
物販をしている会社なら、
WeChatのショップWeidian(微店)で
直販を行い、
登録ユーザーに商品を提供できます。
 
Taobao(淘宝網)や
JD(京東商城)、Ebayのように、
微店は基本的に同じような機能を有していますが、
一点異なるのはスマホでの利用に特化している
ところでしょう。
 
 

20-WeChatカンパニー(社内コミュニケーション)

 
WeChatの機能の一つを使って、
中国の現地チームとコミュニケーションできます。
 
中国では、
WeChatは業務でもプライベートでも
広範に利用されている。
 
WeChatは、新機能を開発し、それによって、
WeChatユーザーは最大9名までの参加者による
グループコミュニケーションが
できるようになりました。
 
中国でのSkypeが
しばしば接続トラブルに見舞われている今、
この機能は有用でしょう。
 
 
 

ADKによる中国市場ウェブマーケティングサービスについて

 

ADKでは、中国市場における
ウェブマーケティングサービスを提供しております。
ご興味のある方は、
お問合せフォームよりお問い合わせ頂けると幸甚です。

   

参考記事はこちら
The Ultimate Guide to Wechat Marketing

「この記事はfashionchinaagency.comの許諾を得て編集/翻訳(抄訳)/執筆しています。」

 

・本記事は情報提供を目的として株式会社アサツーディ・ケイ
 (以下「弊社」といいます。)
 が作成した記事であり、特定の金融商品の推奨
 (有価証券の取得の勧誘)
 を目的とするものではありません。
・本記事は、弊社が信頼できると判断した情報等に
 基づいて作成されていますが、弊社がその正確性・完全性を
 保証するものではありません。
・本記事に記載された過去のデータは、将来の結果を示唆あるいは
 保証するものではありません。
・本記事に記載された見解は情報提供を
 目的とするものであり、いかなる投資助言を提供するものではなく、
 また個別銘柄の購入/売却/保有等を推奨するものでもありません。
・記載された見解は記事作成時点のものであり、
 将来予告なしに変更する場合があります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Global Marketing Laboの更新通知を受け取る

当サイトの記事を1週間に1通のペースで更新情報や新着記事情報をお届けします。
下記のフォームにメールアドレスを入力してください。

更新通知を受け取る

当サイトの記事を1週間に1通のペースで更新情報や新着記事情報をお届けします。
下記のフォームにメールアドレスを入力してください。

▲ページTOPに戻る