グローバルマーケティング(テクノロジー&広告)のニュースに特化したニュースサービスサイト(βversion)


AIを使った英語学習EdTechの “Liulishuo” が1億ドル資金調達

2017.09.4
Category: 翻訳記事
執筆者/編集担当者: arata

はじめに

 
AIに特化し4,500万人の学生が登録している
中国の語学教育スタートアップ
Liulishuo(流利説)
事業拡大のための資金として
1億ドルを調達しました。
 
 
 

Liulishuo社の“特徴”

 
Liulishuo(流利説)はAI(人工知能)教師を
活用するという点で、
中国の他の数多くのスタートアップとは
異なっています。
 
このサービスはグーグルの
元プロダクトマネージャー、
Wang Yi 氏が構築したもので、
個々の学生にテーラーメイドの
オンライン教育プログラムを作成するために、
人工知能を使って学生の英会話力を評価し、
学習ニーズを分析しています。
 
 
 

中国教育スタートアップ界隈の熱気

 
AlibabaやTencentのような投資家から
大量の資金が教育ベンチャー()に
向けられており、
今、中国の教育スタートアップは
熱気を帯びています。
 
その環境下において、
Liulishuoが1億ドルの資金調達を公表。
 
このニュースは、
DealStreetAsia誌に報道され、
広く中国国内に知れ渡りました。
 
 
 

直近の事業状況

 
同社によれば、
4,500万人以上の登録ユーザー
60万人の有料ユーザー
を有し、
2017年初めに損益分岐点に達したとのことです。
 
無料レッスンもいくつかありますが、
このレッスンはAIが発掘すべき大量のデータを
このスタートアップが
収集するのに役立っています。
 
英語の発音を評価して、
ユーザーにフィードバックをするアプリのため
中国人の英語音声発音のデータベースとしては
中国最大のデータベースといわれています。
 
 
 

今回の調達先

 
LiulishuoのシリーズCの資金調達は、
・China Media Capital
・Wu Capital
がリードインベスターを務めました。
 
また、シード期の投資家の全てが
今回の調達に参加。
・Trustbridge Partners
・IDG Capital
・GGV Capital
・Cherubic Ventures、
・Hearst Ventures
は増資に応じ、
幾らかの資金を出資しました。
 
 
 

補足

 
英語学習事業そのものが
現在のやり方でグロースするのも
期待が持てますが、
 
これからAIスピーカー等
音声認識の市場は
世界で広がっていくはずですので、
中国最大の音声データベース(英語に限る)が
どんな形でマネタイズされるかも
今後注目ですね。
 
 
 

ADKによる中国市場ウェブマーケティングサービスについて

 

ADKでは、中国市場における
ウェブマーケティングサービスを提供しております。
ご興味のある方は、
お問合せフォームよりお問い合わせ頂けると幸甚です。

   

参考記事はこちら
‘AI English teacher’ gets $100m

「この記事はtechinasia.comの許諾を得て編集/翻訳(抄訳)/執筆しています。」

 

・本記事は情報提供を目的として株式会社アサツーディ・ケイ
 (以下「弊社」といいます。)
 が作成した記事であり、特定の金融商品の推奨
 (有価証券の取得の勧誘)
 を目的とするものではありません。
・本記事は、弊社が信頼できると判断した情報等に
 基づいて作成されていますが、弊社がその正確性・完全性を
 保証するものではありません。
・本記事に記載された過去のデータは、将来の結果を示唆あるいは
 保証するものではありません。
・本記事に記載された見解は情報提供を
 目的とするものであり、いかなる投資助言を提供するものではなく、
 また個別銘柄の購入/売却/保有等を推奨するものでもありません。
・記載された見解は記事作成時点のものであり、
 将来予告なしに変更する場合があります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Global Marketing Laboの更新通知を受け取る

当サイトの記事を1週間に1通のペースで更新情報や新着記事情報をお届けします。
下記のフォームにメールアドレスを入力してください。

更新通知を受け取る

当サイトの記事を1週間に1通のペースで更新情報や新着記事情報をお届けします。
下記のフォームにメールアドレスを入力してください。

▲ページTOPに戻る