グローバルマーケティング(テクノロジー&広告)のニュースに特化したニュースサービスサイト(βversion)


最低限これだけは知っておきたい!初心者向けWeibo攻略ガイド

2017.09.14
Category: 翻訳記事
執筆者/編集担当者: matsuoka

はじめに

 

Weibo(微博/ウェイボー)は、

TwitterとFacebookを合わせたような

機能を持つ中国最大級のSNSです。

 

登録アカウント数は6億を超え、

月間アクティブユーザーは

2億2千万以上もいます。

 

フォーチュン500の企業のうち

143社がWeiboを利用しており、

今やWeiboは

中国のマーケティング戦略において

無視できない存在となっています。

 

本記事では、

Weiboを中国マーケティングで活用する上で

最低限知っておきたい情報をまとめます。

 
 
 

Weiboが中国マーケティングに役立つ6つの理由

 

まずは、

Weiboが中国マーケティングに役立つ理由を

6つご紹介します。

 

1)ブランドや企業に適したオープンなプラットフォーム

Weiboは、

誰の投稿でも自由に見られる

「オープンネットワーク」です。

その点で、ブランドや企業向きの

プラットフォームだと言えます。

 

クローズドのネットワークである

WeChatとは異なり、

フォローしているユーザーが少なくても、

シェアされることで拡散されたり

コミュニティを形成したりできます。

 

Weiboの月間アクティブユーザーは

2億2千万以上いて、

各ユーザーが平均120個の

オフィシャルアカウントを

フォローしているそうです。

 

認証済みアカウントを取得している企業数は

既に22万4千件を超えています。

 
 

2)Weibo人気の復活

2013年4月、

アリババグループはWeiboの株式18%を

5億8600万ドルで取得しました。

 

2017年8月現在では、

Weibo株の32%を保有しています。

 

アリババの支援もあり、Weiboは

ブランドやEコマースビジネスにおいて

より使いやすいプラットフォームへと

進化を遂げました。

 

以前は

Weiboの人気にもかげりが見えてくるのでは?と

考えられていましたが、

Weiboが文字数制限を2,000字へと拡大したことで、

Weibo人気が再燃しました。

 
 

3)アクティブ率の高いプラットフォーム

Weiboにおける1日の投稿数は

1億を超えています。

アクティブなプラットフォームであるため、

投稿したコンテンツが見られる可能性も

増加します。

 

ユーザーは写真やビデオを投稿したり、

トレンドを追ったり、

オフィシャルアカウントをフォローしたり、

他のユーザーと交流する目的で

Weiboを利用しています。

 

リンクをシェアする目的でも使われますが、

アリババ系のECサイトである

TmallとTaobao以外のECリンクは

表示されないので注意が必要です。

 
 

4)ソーシャルコマースのさらなる促進

アリババがWeibo株の3分の1を

保有していることにより、

Weiboからアリババ系ECサイトへの導線を

確保しやすくなっています。

それだけではなく、

WeiboでのECプロモーションや

Weiboを介したオンラインショッピングの

仕組みを構築する際にも

使いやすいツールとなっていくでしょう。

 

アリババとの提携が強まった今、

11月11日の「独身の日」で

Weiboがどのように活用されるか注目です。

 
 

5)インフルエンサーとの相性が良い

他のプラットフォームと比較して、

よりインフルエンサーと相性が良いのは

Weiboであると言われています。

 

オープンネットワークのため、

インフルエンサーがフォロワーを

増やしやすいということが理由の1つでしょう。

 

KOLやインフルエンサーによって

届けられるターゲット層が異なり、

予算もかなりの幅があります。

最も良い戦略としては、

エコーチェンバー現象を狙って、

多くのインフルエンサーを

同時に起用することでしょう。

 
 

6)オフィシャルアカウントで発信

オフィシャルアカウントを作成して、

顧客のコミュニティを形成し、

企業やブランドの新着情報を投稿しましょう。

マーケティングキャンペーンを実施したり、

インフルエンサーを使った投稿や、

クロスプロモーションをすることもできます。

 

オフィシャルアカウントを取得するには、

設定と認証の手順を経る必要があります。

認証は非常に重要で、

認証されていない場合は

利用できる機能が制限されます。

また、消費者が企業アカウントを見た時の

信用性にも関わります。

 

認証を得られると、色のついた「V」の字が

ユーザーネームの後ろに加わります。

オレンジ色は一般向けで、

青色は組織や企業向けです。

 
 

Weiboを中国マーケティングに効果的に使うための6つのポイント

 

ここからは、Weiboを効果的に活用し、

ユーザーに行動を促すための

6つのポイントをご紹介します。

 

1)ウェルカムメッセージを設定する

アカウントを取得できたら、

ユーザーが貴社アカウントをフォローした時に

自動配信される「ウェルカムメッセージ」を

設定しておきましょう。

 

質の高いウェルカムメッセージを

作成する際のポイントは、

以下の4つを意識することです。

 

  1. ユーザーの行動を喚起する
  2. 企業やブランドの紹介
  3. このアカウントから受け取れる情報の詳細
  4. WeChatのクロスプロモーションリンク

 
 

2)顧客メッセージに応答する

中国人顧客は、

Weiboのオフィシャルアカウントに

メッセージを送ることを好みます。

 

また、Weibo上でオフィシャルアカウントから

顧客対応してもらえることを期待します。

 

可能であれば、

Weiboでの質問にはコメントを返したり

個人的に返信したりしましょう。

 

中国では、

SNSにおけるブランドの影響力が重要で、

それがそのままユーザーエクスペリエンスの

向上につながります。

 

多くの企業では

社内でSNS上の問い合わせに対応するか、

もしくは社外でカスタマーサービスチームを

アサインしています。

 
 

3)ファンの投稿をリポストする

ファンが貴社についての好意的な投稿したら、

リポストするようにしましょう。

ユーザーの声をリポストすることで、

ブランドに対する投稿を

さらに活性化することができます。

 

中国においては、

信頼を得たり評判を良くしたりするために、

ユーザー間の口コミが非常に重要です。

 
 

4)関連ページやアカウントと交流する

ターゲットグループやアカウントに

フォローしてもらうために、

他の業界の人やコミュニティと

Weibo上で交流しましょう。

 

類似コミュニティとつながりを持てば、

フォロワーの幅が広がります。

 
 

5)ブランドイメージを大事にする

中国人の購買行動は、

製品そのものが重要というよりも、

「ブランド」に重きを置く傾向があります。

 

自社イメージやコンテンツのために投資するなら、

ターゲット層に刺さる

質の高いコピーライティングや、

中国語での

美しく筋の通ったアプローチに

予算を確保しましょう。

 
 

6)Weibo以外のプラットフォームと相互作用を狙う

Weiboは、

ブランディング目的の活用や

ECの売上向上を促進できるツールですが、

中国でのSNSマーケティングを

Weiboだけに頼ることはおすすめしません。

 

以下のような複数のプラットフォームで

複合的なキャンペーンを実施し、

相互作用を狙うのが良いでしょう。

 

  • Weiboプロモーション
  • Baiduでの露出
  • WeChatプロモーション
  • 中国メディアでのPR
  • 中国のフォーラムやターゲットコミュニティへの参加

 

 

おわりに

 
中国版Twitterとも言われる

巨大プラットフォームであるWeibo。

中国マーケティングでWeiboを活用する際は、

今回ご紹介した特徴やポイントを

意識していただければと思います。

 
 
 

ADKによる中国市場ウェブマーケティングサービスについて

 

ADKでは、中国市場における
ウェブマーケティングサービスを提供しております。
ご興味のある方は、
お問合せフォームよりお問い合わせ頂けると幸甚です。

   

参考記事はこちら
WEIBO FOR BEGINNERS (CHINA’S TWITTER!)

「この記事はmarketingtochina.comの許諾を得て編集/翻訳(抄訳)/執筆しています。」

 

・本記事は情報提供を目的として株式会社アサツーディ・ケイ
 (以下「弊社」といいます。)
 が作成した記事であり、特定の金融商品の推奨
 (有価証券の取得の勧誘)
 を目的とするものではありません。
・本記事は、弊社が信頼できると判断した情報等に
 基づいて作成されていますが、弊社がその正確性・完全性を
 保証するものではありません。
・本記事に記載された過去のデータは、将来の結果を示唆あるいは
 保証するものではありません。
・本記事に記載された見解は情報提供を
 目的とするものであり、いかなる投資助言を提供するものではなく、
 また個別銘柄の購入/売却/保有等を推奨するものでもありません。
・記載された見解は記事作成時点のものであり、
 将来予告なしに変更する場合があります。


NewsPicks_button_01

 
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Global Marketing Laboの更新通知を受け取る

当サイトの記事を1週間に1通のペースで更新情報や新着記事情報をお届けします。
下記のフォームにメールアドレスを入力してください。

更新通知を受け取る

当サイトの記事を1週間に1通のペースで更新情報や新着記事情報をお届けします。
下記のフォームにメールアドレスを入力してください。

▲ページTOPに戻る