グローバルマーケティング(テクノロジー&広告)のニュースに特化したニュースサービスサイト(βversion)


XiaomiがAmazon Echoの競合製品を僅か45ドルで発売

2017.11.3
Category: 翻訳記事
執筆者/編集担当者: nakajima


 

XiaomiのAIスピーカーとは

 
中国の総合家電メーカーである
(小米科技、シャオミー)には
独自のAIスピーカーがあります。
 
この製品は
Echo、
Google Home、
そしてその他多くの類似製品に
並ぶものです。
 
対抗品と同様に
音声起動スピーカーで音楽を奏でたり
メモを記録することができます。
 
スマートホーム機器
(Xiaomiのスマートデスクライト、
空気清浄機等)を
音声でコントロールすることや、
その他いろいろなことが出来ます。
 
このスピーカーの価格は約45ドルです。
 
 
 

中国のAIアシスト機器の現状

 
AIアシスト付きスマートホームスピーカーは
西欧では目新しいものではありません。
 
 

中国で存在感がある外国企業はAppleのみ!

 
Tencentは
既に中国市場向けに
独自の音声起動アシスト機器を発表しています。
 
一方Alibabaは
正にその類いの製品自体に
取組んでいるとの情報です。
 
中国で入手可能な
AmazonまたはGoogleの
いずれのスピーカーをもってしても、
中国語を話し理解して市場を独占する
中国国内向け製品への道は開かれていません。
 
中国で外国企業として
少なからずプレゼンスが認められるのは、
最近独自のSiri AIアシストで作動する
スマートホームスピーカーを発表した
Appleのみです。
 
 
 

最後に

 
Xiaomi は、
2013年は中国トップ3の
スマートフォンメーカーでしたが
2016年に
中国スマホブランドランキングが
6位に凋落する苦難を経て、
今年は小康を保っています。
 
同社は2018年には
スマートフォンの出荷を1億台とする目標があり、
この目標は
インドで同社の人気が高まっていることが
追い風となり
達成が可能と思われます。
 
 
 

ADKによる中国市場ウェブマーケティングサービスについて

 

ADKでは、中国市場における
ウェブマーケティングサービスを提供しております。
ご興味のある方は、
お問合せフォームよりお問い合わせ頂けると幸甚です。

   

参考記事はこちら
Brief: Xiaomi launches Amazon Echo competitor for just $45

「この記事はtechinasia.comの許諾を得て編集/翻訳(抄訳)/執筆しています。」

 

・本記事は情報提供を目的として株式会社アサツーディ・ケイ
 (以下「弊社」といいます。)
 が作成した記事であり、特定の金融商品の推奨
 (有価証券の取得の勧誘)
 を目的とするものではありません。
・本記事は、弊社が信頼できると判断した情報等に
 基づいて作成されていますが、弊社がその正確性・完全性を
 保証するものではありません。
・本記事に記載された過去のデータは、将来の結果を示唆あるいは
 保証するものではありません。
・本記事に記載された見解は情報提供を
 目的とするものであり、いかなる投資助言を提供するものではなく、
 また個別銘柄の購入/売却/保有等を推奨するものでもありません。
・記載された見解は記事作成時点のものであり、
 将来予告なしに変更する場合があります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Global Marketing Laboの更新通知を受け取る

当サイトの記事を1週間に1通のペースで更新情報や新着記事情報をお届けします。
下記のフォームにメールアドレスを入力してください。

更新通知を受け取る

当サイトの記事を1週間に1通のペースで更新情報や新着記事情報をお届けします。
下記のフォームにメールアドレスを入力してください。

▲ページTOPに戻る