グローバルマーケティング(テクノロジー&広告)のニュースに特化したニュースサービスサイト(βversion)


中国に登場した移動式フィットネスジム

2017.11.6
Category: 翻訳記事
執筆者/編集担当者: nakajima

広がる中国のシェアリング

 

シェアリングは自転車で始まった

 
中国における
シェアリングの始まりは
自転車シェアリングでした。
 
その後、スマホでコードをスキャンするだけで
誰でも貸してもらえる雨傘が出現しました。
その次は
ショッピングモールのカラオケブースでした。
 
そして今中国では、
通りの真ん中に
シェアカプセルフィットネスジムが
登場しました。
 
 

・ジムがスタート

 
中国のあるスタートアップ企業觅跑(MISSPAO)は、
会社設立後わずか2カ月で
首都北京に
無人フィットネスジム“ジムポッド”を
展開しています。
 
同社は、今年末までに
市内全域で
1,000人の客を確保することを
目標としています。
 
17年8月にYicai Mediaが
リリースした報道によれば、
ミスパオ()社は
すでに2回の非公開資金を
Matrix Partnerを含む投資家から
調達しています。
 
この若い企業の総資産価値は
すでに1500万ドルと言われています。
 
 
 

シェアリング・ジム(ジムポッド)とは

 
そのジムポッドは、
一般のトイレ個室より小ぶりで、
トレッドミル、スクリーン、
エアコン、空気清浄機、
その他のこまごました
フィットネスアクセサリーを備えています。
 
もし集中してシェープアップしたい場合や、
ジムが設置している特殊な器具を望むなら、
それに適した専門的なジムに登録すべきです。
 
ジムポッドの場所は
専用のアプリで、
Uberを操作するのと同じ方法で
見つけ出します。
そして、QRコードをスキャンしてロックを外し、
そのポッドの使用を有効にします。
 
 
 

ジムポッドの料金と支払い方法

 
ユーザーは使用料を、
AlipayまたはWeChatを使って
支払っています。
 
その料金は、
開業期間限定の
プロモーション価格かもしれませんが、
1分あたりわずか0.03米ドルです。
 
このシステムは、
今年初めに
中国のショッピングモールに出現し始めた
自動カラオケブースのシステムに
非常に良く似ています。
 
 
 

シェアリングサービスの課題

 
最近の中国における、
シェアリング/レンタルを含む
アプリベースサービスのブームは
常にスタートアップ企業が
目論んだ通りの道をたどった訳ではありません。
 
シェアサイクルでは
ほぼすべての自転車が盗まれたり
壊されたりしたことから
2-3社の
自転車シェアリングサービスが閉鎖されました。
 
雨傘スタートアップの1社は
雨傘が1本残らず消え失せたことにより
倒産しました。
 
 
 

まとめ

 
これら他のスタートアップ企業と同様に、
ミスパオ社も同じ問題に直面しています。
莫大な経費、ごくわずかな使用料、および
常に存在する悪意によるダメージのリスクです。
 
はじまったばかりの
シェアリング・ジムですが
様々な課題を
どのように克服していくのか
注目されます。
 
 
 

ADKによる中国市場ウェブマーケティングサービスについて

 

ADKでは、中国市場における
ウェブマーケティングサービスを提供しております。
ご興味のある方は、
お問合せフォームよりお問い合わせ頂けると幸甚です。

   

参考記事はこちら
China’s newest fad: workout pods in the middle of the street

「この記事はtechinasia.comの許諾を得て編集/翻訳(抄訳)/執筆しています。」

 

・本記事は情報提供を目的として株式会社アサツーディ・ケイ
 (以下「弊社」といいます。)
 が作成した記事であり、特定の金融商品の推奨
 (有価証券の取得の勧誘)
 を目的とするものではありません。
・本記事は、弊社が信頼できると判断した情報等に
 基づいて作成されていますが、弊社がその正確性・完全性を
 保証するものではありません。
・本記事に記載された過去のデータは、将来の結果を示唆あるいは
 保証するものではありません。
・本記事に記載された見解は情報提供を
 目的とするものであり、いかなる投資助言を提供するものではなく、
 また個別銘柄の購入/売却/保有等を推奨するものでもありません。
・記載された見解は記事作成時点のものであり、
 将来予告なしに変更する場合があります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Global Marketing Laboの更新通知を受け取る

当サイトの記事を1週間に1通のペースで更新情報や新着記事情報をお届けします。
下記のフォームにメールアドレスを入力してください。

更新通知を受け取る

当サイトの記事を1週間に1通のペースで更新情報や新着記事情報をお届けします。
下記のフォームにメールアドレスを入力してください。

▲ページTOPに戻る