グローバルマーケティング(テクノロジー&広告)のニュースに特化したニュースサービスサイト(βversion)


【2017年11月版】天猫国際(T-mall Global)の全てを探る!

2017.12.4
Category: 執筆記事
執筆者/編集担当者: nakajima


 

はじめに

 
中国進出を考えた場合
現地法人がなくても進出が可能な
中国越境ECの利用が
有効な方法になります。
 
中国越境ECで最大規模の
天猫国際( Global)の
全てを探ってみました。
 
 
 

天猫国際(T-mall Global)とは

 
天猫国際(Tmall Global)は
2013年にアリババグループが開設した
越境EC専門のモールです。
 
 

淘宝網(タオバオ)と天猫(Tmall)

 
中国のECモールは
アリババグループが2003年に開設した
C2C(消費者間取引)の淘宝網(タオバオ)
がありました。
 
淘宝網には
安い商品が多く揃っていましたが
個人が参入できるモールだったので
偽物や非正規品などを扱う業者も
横行していました。
 
そこでアリババは
高品質で高付加価値な商品の販売を目的に
2008年に
B2C(企業が個人消費者を対象にする取引)の
(Tmall)を開設しました。
 
高品質な商品だけを提供するため
出店の時に、厳しい審査があり
保証金や年会費などの支払いも必要です。
 
 

天猫国際(Tmall Global)の誕生

 
やがて中国人ユーザーは
日本など
海外の品質の良い商品を求めるようになり
アリババが
中国にいながら海外の商品が購入できる
越境EC専門の
天猫国際(Tmall Global)を開設しました。
 
 
 

天猫国際の国別売り上げは

 
2016年の天猫国際の国別の売り上げは
  
1位 日 本      19%
2位 米 国      18&
3位 韓 国      14%
4位 ドイツ      8%
5位 オーストラリア  8%
 
高品質な日本の商品は人気が高いです。
 
 
 

天猫国際へ出店するメリット

 
日本の企業が
天猫国際に出店するメリットはなんでしょう。
 
 

モールのブランド力が高く売れやすい

 
天猫国際は
中国でNo1を売り上げるECモールで
会員数が6500万人の巨大マーケットであり
そこに出店することで
ゼロから集客活動をする必要がなく
天猫国際のブランド力で
商品を購入してもらえます。
 
 

中国現地法人がなくても出店可能

 
天猫(Tmall)に出店する場合は
中国に現地法人がないと
出店ができませんでしたが
越境ECサイトである天猫国際は
現地法人が無くても出店が可能で
低リスクでの中国進出が可能になります。
 
 

銀行口座を中国に開設する必要がない

 
中国に銀行口座を開設することは
手間がかかり面倒です。
しかし、天猫国際に出店すれば
アリババグループの電子決済サービスで
売上げを日本円で受け取れるため
現地に銀行口座を開設する必要がありません。
 
 

日本から直送が可能

 
天猫国際を利用すれば
中国から注文が入ったら
日本から中国のユーザーに
商品を配送すればいいので
在庫管理のリスクが減らせます。
 
 

テストマーケティングとして利用できる

 
中国への本格的な進出をする前に
自社商品の売れる可能性を調査するために
天猫国際に出品し
そこでの販売状況を見て
本格的な中国進出の計画を
立てることができます。
 
 
 

天猫国際へ出店するデメリット

 
中国への配送コストが高い
・出店費用が必要
  出店保証金、年会費、売上げ手数料
・ECサイトの運用費が発生する
 
 
 

天猫国際への出店条件

 
天猫国際は
中国に低リスクで出店できる
魅力的な越境ECモールですが
厳しい出店条件が設定されています。
 
1. 中国国外の企業であること
 
2. ブランド商品を販売できること
① 自社ブランドがある
② ライセンスブランドを所有
③ ブランド直営で
商品販売許可証を所持
上記の①②③のいずれか
 
3. 中国国外での登録商標の所持
 
 
 

天猫国際への出店方法

 
天猫国際への出店は
出品代行会社を利用する方法が一般的です。
その場合の手続きや審査の方法は
 
1. 事前審査
出店申請をすると事前審査が行われ
必要条件を満足しているかが基準になります。
事前審査を通過すると1回目の入金が必要です。
 
2. 本審査
事前審査を通過すると
アリババに必要書類を提出し
本審査が実施されます。
本審査で合格すると2回目の入金をします。
 
3. 店舗ページ作成
本審査に合格したら
天猫国際のモールに
店舗のページを作ります。
商品画像やバナー、商品紹介文などを掲載します。
 
4. 天猫国際での販売開始
 
 
 

天猫国際で成功するには

 
天猫国際で成功するには
出店してからの戦略が鍵を握ります。
どのような戦略を考え運営するかは
各社なりに考える必要がありますが
基本的なポイントを紹介します。
 
1. ブランド力を高める
既にブランドが認知されている商品は
集客力がある天猫国際に出店するだけで
売上げのアップが可能ですが
ブランドが認知されてない商品は
SNSなどを使って
ブランディングを
積極的に進めることが重要です。
 
2. 高品質で低価格をめざす
「日本製品は高品質」で人気が高いですが
「高品質で低価格」なら超強力になります。
商品価格を可能な額まで下げたり
配送方法を工夫して送料を安くすることや
クーポンの発行などの対策が効果的です。
 
3. 商品の在庫を切らさない
在庫を切らすと
店舗の評価が下がってしまいます。
在庫管理を工夫し、十分な在庫を確保して
ユーザーから注文が入ったら
すぐに出荷できる体制の構築が重要です。
 
4. 中国人に合わせたページ構成
中国人には独自の嗜好があり
日本人のそれとは異なります。
中国人の嗜好に合わせた
モールのページデザインや
画像の掲載を考える必要があります。
 
 
 

まとめ

 
成長し続ける中国越境EC
2016年の売り上げは1兆円を超え
2020年には2兆円を達成すると
言われています。
 
そんな中国越境ECの中で
天猫国際は
中国でNo1を売り上げるECモールで
会員数が6500万人の巨大マーケットなので
中国進出をめざすには
魅力的なサイトと言えそうです。
 
 
 

ADKによる中国市場ウェブマーケティングサービスについて

 

ADKでは、中国市場における
ウェブマーケティングサービスを提供しております。
ご興味のある方は、
お問合せフォームよりお問い合わせ頂けると幸甚です。

   

・本記事は情報提供を目的として株式会社アサツーディ・ケイ
 (以下「弊社」といいます。)
 が作成した記事であり、特定の金融商品の推奨
 (有価証券の取得の勧誘)
 を目的とするものではありません。
・本記事は、弊社が信頼できると判断した情報等に
 基づいて作成されていますが、弊社がその正確性・完全性を
 保証するものではありません。
・本記事に記載された過去のデータは、将来の結果を示唆あるいは
 保証するものではありません。
・本記事に記載された見解は情報提供を
 目的とするものであり、いかなる投資助言を提供するものではなく、
 また個別銘柄の購入/売却/保有等を推奨するものでもありません。
・記載された見解は記事作成時点のものであり、
 将来予告なしに変更する場合があります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Global Marketing Laboの更新通知を受け取る

当サイトの記事を1週間に1通のペースで更新情報や新着記事情報をお届けします。
下記のフォームにメールアドレスを入力してください。

更新通知を受け取る

当サイトの記事を1週間に1通のペースで更新情報や新着記事情報をお届けします。
下記のフォームにメールアドレスを入力してください。

▲ページTOPに戻る