グローバルマーケティング(テクノロジー&広告)のニュースに特化したニュースサービスサイト(βversion)


中国の国境を越えた電子商取引に新たなチャンス!

2018.01.24
Category: 翻訳記事
執筆者/編集担当者: nakajima


 

国境を越えた電子商取引(越境EC)とは

 
国境を越えた電子商取引(越境EC)は
電子商取引を通じて行われる
国境を越えた
貿易の輸出入活動と定義されています。
 
越境ECは
B2B(Business to Business)と
B2C(Business to consumer)に分類されます。
 
今や、中国における電子商取引は
大きな流通の手段になっています。
 
中国では中産階級が増加し
より高価な商品を購入できるようになりました。
 
中国の中産階級の人たちが
より良い品質の商品を購入するため
外国の商品に
関心が高まってきたことが
国境を越えた電子商取引が
急速に増えた理由です。
 
 
 

中国の国境を越えた電子商取引の法律改訂

 
国境を越えた電子商取引に関する
法律の変更が発表されました。
 
変更内容は
海外から届いた商品を保管する
保税倉庫に関係したものです。
 
この変更により
販売者は
輸入関税や品質管理措置を受けずに
商品を容易に中国に送ることができます。
 
 

保税倉庫の存続!

 
保税倉庫の活用は
国境を越えた
電子商取引の増加を可能にしました。
 
しかし以前、中国政府が
「保税倉庫を閉鎖したい」と言ったので
販売業者は大変心配していました。
 
しかし、政府は
2017年1月1日に
「関税倉庫を閉鎖しない」と断言しました。
その代わりに
政府は新しい輸入税を設定しました。
 
政府は
大連、合肥、成都、青島、蘇州に
保税倉庫を設置するための
新しいエリアの創設を許可しました。
 
 
 

中国の国境を越えた電子商取引の新たな幕開け

 
中国の消費者は
ますます多くの情報を得ています。
 
彼らは
品質が良い外国の商品を求めており
国境を越えた電子商取引は
今後も大幅に成長すると予想されています。
 
 

成長を続ける越境EC!

 
中国商務省は
国境を越えた電子商取引が
2016年に
6.5兆元に達したことを明らかにしました。
 
また、今後数年間で
年間30%の成長が見込まれ
5,800万人の消費者が
越境ECを利用して
商品を購入すると予測されています。
 
中国の越境EC市場は
2020年には倍増すると見込まれ
国境を越えた電子商取引の
展望は明るいようです。
 
 
 

越境ECを利用する消費者

 
中国で越境ECを利用する消費者は
大半が中産階級で
30才くらいの若者です。
 
驚くべきことに
消費者の多くは男性で
中国電子商取引研究センターの報告によると
越境ECの消費者の62.6%を
男性が占めています。
 
消費者の多くは
上海、北京、杭州、広州、深圳などの
大都市に住んでいて
小都市でも成長しています。
 
これらの消費者は
越境ECの購入に
平均473$を費やしています。
 
この数字は
今後5年間で大幅に拡大し
中国の越境ECにはチャンスです。
 
 
 

越境ECで消費者が購入する商品の種類

 
中国の消費者は
越境ECで多種多様な商品を購入しますが
その中でいくつかのカテゴリーは
他の商品より明らかに人気があります。
 
その内、2つの最も人気がある商品は
化粧品とベビー用品です。
 
 

中国人消費者は安全な安心な商品を求める!

 
これは中国で発生した
多くのスキャンダルに起因しています。
偽造、危険な商品、食物スキャンダルなどから
中国の国産品は
外国製品より劣っていると考えられています。
 
さらに、外国から国境を越えて
中国に届く商品についての規制は厳しく
小売業者は
製品の全ての特徴を
消費者に知らせる必要があります。
 
今の中国の消費者は
何を購入すべきか知りたがっています。
 
より良い商品を購入するために
豊富な購買力を使って
子供たちや家族のために
安全安心で高品質な商品を求めています。
 
 
 

どの越境ECプラットフォームを選択すべきか!

 
国境を越えた
電子商取引を利用する消費者のために
種々のECプラットフォーム(ECサイト)を
見つけることができます。
 
最も人気がある越境ECサイトは
Kaola.comで
Tーmallが2番目の位置にいます。
 
JD,Little Red Book,Yangmatou,
Wechat storeなどもあります。
 
 

Kaola.com(網易考拉海購)

 
2015年に開始したウェブサイト
Kaola.comは
中国で最も支持される越境ECサイトです。
 
当初は
オーストラリアの小売業者が
中国で商品を販売するための
唯一のサイトでした。
 
今では全ての外国の小売業者が
ここでの販売を許可されており
40カ国以上の小売業者が
Kaola.comを使って
商品を販売しています。
 
特定の市場に専念しているので
越境ECをしたいなら有効なサイトです。
 
 

T-mall(天猫)

 
T-mallは
中国で利用者が多い越境ECサイトですが、
既に成功している業者で埋まっています。
 
新規参入は
ほとんどの場合T-mallから拒否されます。
 
参入ができるのは
既に強力なイメージを持ち評判を上げていて
中国で多くの売り上げがある
ブランドだけを選択します。
 
越境ECの参入を、T-mallですることは
難しいでしょう。
 
 

Little Red Book (小红书)

 
Little Red Bookは
他のプラットフォームとは少し異なります。
 
このサイトは、
ソーシャルメディアアプリと
eコマースプラットフォームの組み合わせです。
 
Little Red Bookは比較的新しいもので、
2014年に設立されましたが、
すでに2,500万人以上の
ユーザーを抱えています。
 
サイトの特定の組み合わせは、
ユーザーが購入した写真を
自分のコミュニティに投稿できるようにします。
 
同じサイトで直接購入して
チャットすることができます。
 
Little Red Bookでは、
ほとんどのユーザーが
18-30歳の若い女性であるため、
化粧品と美容製品は非常に人気があります。
 
このサイトは、
中国に拡大したいと望む
小規模のブランドにとって
参入しやすいサイトです。
 
 

Yangmatou(洋码头)

 
Yangmatouは
2009年に開始された、
中国越境ECサイトです。
 
サイト上の人気のあるカテゴリーに
焦点を当てています。
それは、ベビー用品、美容製品
栄養製品、衣類、靴、ハンドバッグです。
 
ウェブサイトで入手可能な製品は、
その情報を消費者に知らせるために
非常に詳細な説明があり信頼を得ています。
 
中国の消費者は
サイトの商品が本物で
品質が良いかという情報を必要としています。
 
Yangmatouは
100万人以上のユーザーが登録しており
毎日10,000件以上の注文があります。
 
 

Wechat ストア

 
上記以外の有効な方法に
WeChatストアの利用があります。
支払いは非常に便利で迅速に行われます。
 
WeChatストアからの購入を行った
WeChatユーザーの割合は、
2015年の15%から
2016年には31%に倍増しました。
 
 
 

まとめ

 
今後も成長が見込まれる
越境ECは
中国政府が発表した法律の改訂で
新たなチャンスが広がっています。
 
紹介した越境ECサイトから
ニーズに合ったサイトを選択し
利用すれば
中国の消費者に
国境を越えた
新たな市場が広がりそうです。
 
 
 

ADKによる中国市場ウェブマーケティングサービスについて

 

ADKでは、中国市場における
ウェブマーケティングサービスを提供しております。
ご興味のある方は、
お問合せフォームよりお問い合わせ頂けると幸甚です。

   

参考記事はこちら
CROSS-BORDER E-COMMERCE IN CHINA: A NEW OPPORTUNITY

「この記事はmarketingtochina.comの許諾を得て編集/翻訳(抄訳)/執筆しています。」

 

・本記事は情報提供を目的として株式会社アサツーディ・ケイ
 (以下「弊社」といいます。)
 が作成した記事であり、特定の金融商品の推奨
 (有価証券の取得の勧誘)
 を目的とするものではありません。
・本記事は、弊社が信頼できると判断した情報等に
 基づいて作成されていますが、弊社がその正確性・完全性を
 保証するものではありません。
・本記事に記載された過去のデータは、将来の結果を示唆あるいは
 保証するものではありません。
・本記事に記載された見解は情報提供を
 目的とするものであり、いかなる投資助言を提供するものではなく、
 また個別銘柄の購入/売却/保有等を推奨するものでもありません。
・記載された見解は記事作成時点のものであり、
 将来予告なしに変更する場合があります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Global Marketing Laboの更新通知を受け取る

当サイトの記事を1週間に1通のペースで更新情報や新着記事情報をお届けします。
下記のフォームにメールアドレスを入力してください。

更新通知を受け取る

当サイトの記事を1週間に1通のペースで更新情報や新着記事情報をお届けします。
下記のフォームにメールアドレスを入力してください。

▲ページTOPに戻る