グローバルマーケティング(テクノロジー&広告)のニュースに特化したニュースサービスサイト(βversion)


アジアのブランドは中国のソーシャル・メデイア・マーケティングにもっと投資すべき

 

はじめに

 
アジアの市場では、
オンライン上の消費傾向が高まり、
西欧のプラットホームに影響されています。
 
その結果、WeChatやWeiboのような
ソーシャル・メディアの
アプリケーションを使った
モバイルによる販売で
顧客とのコミュニケーションを取るなど
相互に影響を与え合っていました。
 
このことでブランド企業は、
客が知人の口コミで紹介されたり、
ゲーム中や読書中でも一緒に楽しむなど
親近感を持った繫がりができます。
 
 
 

ソーシャル・メディアの黄金時代

 

消費者との1対1の対話が最優先課題

 
従って、ソーシャル・メディアの時代には、
インターネット、アプリケーション、電話が、
まさにマーケティングにおける
金科玉条のようなものです。
 
数字やマーケティング数値を
読み取る天才もいます。

お客様との1対1の対話が、
消費者とのオフラインと
オンラインの橋渡しを望む
ブランド企業の最優先課題です。
 
 

WeChatは双方の橋渡し役

 
中国のWeChatは、
この双方を橋渡しする
アプリケーションの良い例です。
 
消費者が付き合いを大切にしたり、
アイデアをひねっている一方、
ブランドは
自らを売り込むことができます。
 
さらに重要なことは
WeChatが
携帯電話にリンクしている人が
セットアップしているので、
消費者が
スパム・アカウントを持ち込む可能性は、
非常に稀であることです。
 
それは、スパム・アカウントを作るには
その目的をもって
SIMカードを買わなければならないからです。
 
「中国の市場では、
WeChatプラットホームを使って
目標とする人々と直接触れ合います」
 
「電話を通してこれらのファンと結ばれることで、
より親密な関係を構築でき、
もっとカスタムメードで
差別化できるものを
提供できるようになります」と
Clarinsのデジタル部門長は言います。
 
 
 

ソーシャル・メディアにはチャンスと弱点あり

 

ソーシャル・メディアには危険性もある

 
ソーシャル・メディアは
それが正当なものでも、
まだ地雷源のような危険性も含んでいます。
 
フェイスブックも広告も
好み、意見、思いをシェアし依存して
人気が上昇し
同じものを好む人々と
ソーシャル・メディア上で繫がっています。
 
従って、企業が
そういったバブルに入り込み
自社製品を
消費者たちの
新しいポケットに入れることは
難しいものになっています。
 
ソーシャル・プラッホームWeiboの
使用者の9%以下は
アクテイブなユーザーです。
 
そのエコシステムは
6億5千万人のユーザーがいる一方、
どれだけの人が
ブランド製品とそのマーケティングと
繫がりをもっているか見積もることは困難です。
 
 

Eメールを使った宣伝は伝わらない

 
Eメールは
多くの人々がウエブサイトにサインして
2番目のEメールアドレスを使用しているので
宣伝は容易ではありません。
 
多くの人々は
仕事用のメールアドレスの他に
ゲーム用、デート用、買い物用の
2番目のメールアドレスを持っています。
 
従って宣伝広告用のメールを送信しても、
開封されなかったり、
先方に届かなかったりします。
 
 
 

デジタル・マーケティングの新しい形

 

ブランドが消費者に直接広告を!

 
マーケティングの新しい形が
ブランドによる
消費者への
直接的かつ正確なマーケティングを
可能にしています。
 
例えば
中国の北部で天気が突如崩れたら、
被服企業は
暖かい衣類の必要性を
消費者に直接広告ができます。
 
同様に、天気が南部で上昇すれば、
同じ企業が
軽装衣料を宣伝することができます。
 
その結果、注文の電話が
被服企業の窓口にかかり
終日切れ目無く電話が鳴り続けます。
 
誰かがソーシャル・メディアを使って
現状や写真を
数日ごとか数週間ごとにアップロードすると、
関係する企業の電話が継続的に鳴り
商売が成立することになります。
 
 
 

まとめ

 
しかし、これらの利点にもかかわらず、
ブランドは
キーマンとなる
オピニオン・リーダー(KOL)を認識し、
特定の地域のマーケット・トレンドを
理解しなければなりません。
 
そして、タイミング良く、
目標とする相手に
広告を打つ必要があります。
 
モバイル基準のマーケティングでは、
「鉄は熱いうちに打て!」の
タイミングが必要です。
 
消費者のトレンドは移り気なので、
ブランドは
それに従うか、
冷めないうちに退却するかの二者択一です。
 
 
 

ADKによる中国市場ウェブマーケティングサービスについて

 

ADKでは、中国市場における
ウェブマーケティングサービスを提供しております。
ご興味のある方は、
お問合せフォームよりお問い合わせ頂けると幸甚です。

   

参考記事はこちら
ASIAN BRANDS SHOULD INVEST MORE IN SOCIAL MEDIA MARKETING IN CHINA

「この記事はmarketingtochina.comの許諾を得て編集/翻訳(抄訳)/執筆しています。」

 

・本記事は情報提供を目的として株式会社アサツーディ・ケイ
 (以下「弊社」といいます。)
 が作成した記事であり、特定の金融商品の推奨
 (有価証券の取得の勧誘)
 を目的とするものではありません。
・本記事は、弊社が信頼できると判断した情報等に
 基づいて作成されていますが、弊社がその正確性・完全性を
 保証するものではありません。
・本記事に記載された過去のデータは、将来の結果を示唆あるいは
 保証するものではありません。
・本記事に記載された見解は情報提供を
 目的とするものであり、いかなる投資助言を提供するものではなく、
 また個別銘柄の購入/売却/保有等を推奨するものでもありません。
・記載された見解は記事作成時点のものであり、
 将来予告なしに変更する場合があります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Global Marketing Laboの更新通知を受け取る

当サイトの記事を1週間に1通のペースで更新情報や新着記事情報をお届けします。
下記のフォームにメールアドレスを入力してください。

更新通知を受け取る

当サイトの記事を1週間に1通のペースで更新情報や新着記事情報をお届けします。
下記のフォームにメールアドレスを入力してください。

▲ページTOPに戻る