グローバルマーケティング(テクノロジー&広告)のニュースに特化したニュースサービスサイト(βversion)


米国:裕福な中国人観光客の増加に備える企業

 

はじめに

 
海南航空の飛行機が、
2016年12月に
北京から
ラスベガスのマッカラン空港へ飛び立ちました。
 
このフライトは
マッカラン空港の経営幹部が
長い間望んでいた、
中国から迎える初めての直行便でした。
 
この路線は今や週3便ある定期便となり、
悪名高い砂漠の街での
享楽を耽溺したいと熱望する乗客で満員です。
 
しかし、中国人客が到着すると、
異国での
習慣の違いに出会うことになりますが、
そこにはバイリンガルのアンバサダー3名が
新しい中国からのお客さまの
手助けをしようと待機しています。
 
 
 

2018年は2億人の中国人が海外旅行に!

 

中国人旅行者を取り込みたい米国企業

 
2018年に中国から
海外旅行に出かける人数は
2億人と予想されています。
 
彼らは
休日を海外でのレジャーで過ごすので、
多くの企業が
これらの新しい裕福な消費者を
取り込みたいと思い始めています。
 
「中国からラスベガスに来て頂いて、
ラスベガスが皆さまを歓迎し、
大切にしていることを感じてほしいものです」
とマッカラン空港のマーケティング責任者
クリス・ジョーンズ氏は言いました。
 
ラスベガス空港の
コンサルティングをしているのは、
ボイド・グループ・インターナショナル傘下で
元幹部であったマイク氏と
マリアンヌ・ボイド氏が経営する
チャイナ・ニーハオ社です。
 
 

中国歓迎プログラム

 
2021年までに
2300万人の中国人が
訪れると予測されています。
 
これに対し
ニューヨークにあるチャイナ・ニーハオ社は
アメリカ各地の空港や
他の上陸拠点に対し
「中国歓迎」プログラムという
キャッチフレーズで
マーケティングをしています。
 
しかし、これらの空港が期待しているのは、
その人数だけでなく、
中国人観光客が
高級ブランドに特別な思い入れがあり、
1回当たり平均して
1人800ドルも消費することです。
 
チャイナ・ニーハオ社は、
バイリンガルの業者を準備する一方、
ほぼ7億人の中国人が使用している
ワンストップのアプリケーションである
WeChatに企業ぺージを入り込ませて
中国人消費者の手助けを計画しています。
 
「ヘッドライトの光の先よりも
さらに先へ行くようなもので、
販売促進活動に続いて為すべきことは、
ビジネスをするということです」と
マイク・ボイド氏は言います。
 
 

米国の政策による中国人観光への影響

 
アメリカと中国との間に亀裂を産む
トランプ大統領の論理のせいで
船を順調に出帆することができません。
 
2国間の旅行上の壁を取り払った
オバマ前大統領と違って、
トランプ大統領は
中国をアメリカにとって
貿易とビジネス上の
宿敵だと宣言しているようです。
 
台湾のトップを大統領と呼び、
アメリカの前大統領たちとの間に
大きな亀裂を生じました。
 
「しかし、このような論理が、
アメリカへの中国人の観光を
妨げることになるとは思いません」と
ボイド氏は言います。
 
ボイド氏は、
「アメリカが外国人嫌いだったから
この新しい政策が取られたのではない」
 
「中国人観光客が少ない時には、
このような政策が
不必要で無駄な雑音となっているが、
一方、空港機能の統合化で
貪欲な消費者を呼び寄せるのは今です」
とも述べました。
 
 
 

米国の中国人観光客マーケット

 

団体旅行から個人の自由旅行に変化

 
そのほかの理由としては、
中国人観光客、特に、若い世代は
自由に旅行し、
時には一人で旅行をすることです。
 
以前は、中国人観光客は
ツアーやグループで旅行することが一般的で
バイリンガルのツアー・ガイドと一緒に
空港とバス、目的地の間を往復し、
すべての行程が縛られていましたが、
人数は大勢でした。
 
しかし、今や、中国人観光客の中には
英語も多少でき
新しい冒険に挑んでいる人もいます。
 
すべての人が
ニューヨークや
ロサンジェルスに行くだけではありません。
 
伝統的なアーミッシュの
コミュニティに引き寄せられて
南ペンシルバニアのような場所へと
冒険をしています。
 
彼らの行く先は、さらに伸びていて、
最近では、チャイナ・ニーハオ社を通じて
中国語の観光客用の
パンフレットを用意している
ルイ・アームストロング・ニューオリンズ
国際空港にまでも行っています。
 
 

進む中国人受け入れ準備

 
ラスベガスまで
海南航空が来ることを実現させたことで
マッカラン空港の幹部は、
スタートアップ費用として
予算の3分の1に当たる
15万ドルの年間予算を計上しました。
 
この予算の残りの金額は
海南航空便の発着のための
月当たり60時間働く
要員の費用に当てられます。
 
「中国人向けのマーケットは、
あまりにも異質で、
あまりにもユニークです」と彼は言います。
 
「彼ら(中国人観光客)独自の
道標が必要です」
「私はイタリアやフランスへは行けますが
北京に行ったら
英語で書かれた道標がないと戸惑うでしょう」
とも言っています。
 
 
 

まとめ

 
海外旅行に行く中国人は年々増加し
2005年は3000万人でしたが
2016年には1億3千万人を超えています。
 
中国人の海外旅行先は
2016年の資料によれば
香港とマカオで6割を超え
日本を含むアジア諸国が25%を占めており
米国は0.9%でした。
 
今回紹介しました
米国の中国人誘客活動で
中国人の海外旅行の行き先に
変化があるのか興味深いところです。
 
 
 

ADKによる中国市場ウェブマーケティングサービスについて

 

ADKでは、中国市場における
ウェブマーケティングサービスを提供しております。
ご興味のある方は、
お問合せフォームよりお問い合わせ頂けると幸甚です。

   

参考記事はこちら
TRAVEL COMPANIES PREPARE FOR THE RISE IN WEALTHY CHINESE TOURISTS

「この記事はmarketingtochina.comの許諾を得て編集/翻訳(抄訳)/執筆しています。」

 

・本記事は情報提供を目的として株式会社アサツーディ・ケイ
 (以下「弊社」といいます。)
 が作成した記事であり、特定の金融商品の推奨
 (有価証券の取得の勧誘)
 を目的とするものではありません。
・本記事は、弊社が信頼できると判断した情報等に
 基づいて作成されていますが、弊社がその正確性・完全性を
 保証するものではありません。
・本記事に記載された過去のデータは、将来の結果を示唆あるいは
 保証するものではありません。
・本記事に記載された見解は情報提供を
 目的とするものであり、いかなる投資助言を提供するものではなく、
 また個別銘柄の購入/売却/保有等を推奨するものでもありません。
・記載された見解は記事作成時点のものであり、
 将来予告なしに変更する場合があります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Global Marketing Laboの更新通知を受け取る

当サイトの記事を1週間に1通のペースで更新情報や新着記事情報をお届けします。
下記のフォームにメールアドレスを入力してください。

更新通知を受け取る

当サイトの記事を1週間に1通のペースで更新情報や新着記事情報をお届けします。
下記のフォームにメールアドレスを入力してください。

▲ページTOPに戻る