グローバルマーケティング(テクノロジー&広告)のニュースに特化したニュースサービスサイト(βversion)


中国でビジネスを進める上で避けるべき幾つかの過ち

2018.04.4
Category: 翻訳記事
執筆者/編集担当者: nakajima

 

はじめに

 
中国の市場に
参入したい外国企業は多数あります。
 
何故なら、
中国の消費者の購買力には
将来性があることを
誰でも知っているからです。
 
中国経済は順調に成長しており
富裕層や中級層が増え
市場にチャンスは多くあります。
 
情報ヘのアクセスがさらに増せば、
外国製品への消費傾向が
さらに高まることが見込まれ
外国企業の夢は広がります。
 
しかし、失敗もあります。
 
中国市場は本当に特殊で
自国の市場のようには動かないことを
外国企業は承知していなければなりません。
 
その上、中国の消費者は
西欧の消費者とは異なるという事実に
適応する必要があります。
 
外国企業が
避けることのできる
過ちを幾つか示してみましょう。
 
 
 

最悪のケース:通訳・翻訳の過ち

 

中国人と中国語を理解する

 
ご承知の通り中国語は易しくないため
中国語を話す外国人は多くありません。
 
しかし、中国でビジネスをしたいなら、
自ら中国語を話すか、
ネイティブな中国人と
一緒に行動する必要があります。
 
最初に注意しておきますが、
グーグル翻訳のようなオンライン翻訳は
悪い翻訳になってしまうので
使ってはいけません。
 
母国語から
単に中国語に
通訳・翻訳すればいいわけではありません。
 
その理由は
中国語には異なる言語構成があり
多くの過ちを生じさせます。
 
中国人は
欧米人のようには考えません。
このことが、中国語の言語構成を
異なるものにしています。
 
悪い通訳・翻訳が悪い結果を生み、
中国の消費者の感情を損なうことになります。
 
中国市場で企業のブランドを
壊すのではなく、
浸透させなければいけません。
 
 

ネイティブ・スピーカーが重要!

 
さらに、中国人は
異質の文化をもっているので、
ある程度、誤解も生じます。
 
中国の文化の伝統は長いので、
中国市場参入の前に
知っておかなければならないような
多くの慣例があります。
 
良い通訳・翻訳と
中国の慣例を巧く利用することに
貴社の意識を目覚めさせるべきです。
 
悪い噂を産んだ商品や
企業を名指ししなくとも、
ネット上で
それはすぐ見つけられてしまいます。
 
覚えておくべきことことは、
通訳・翻訳をしてくれる
ネイティブな人を招くことです。
 
 
 

中国人と仕事をするが、あまりに中国化しないこと

 

中国人は外国製品に夢中!

 
チームにネイティブの
中国人を入れることを勧めるのは、
中国文化を知っていて、
中国市場の動向も知っているからです。
 
しかし、あまりにも
中国化しないことが必要です。
 
その意味は、
外国のイメージを
保ったままにする必要があるからです。
 
それは中国人が
外国製品・商品に夢中だからです。
 
従って、中国風にしたら、
中国の製品・商品・ブランドとの
深い結び付きを感じて
中国の消費者が逃げ出すことになります。
 
 

外国企業のイメージ維持が成功の鍵!

 
中国の消費者は
外国の文化が好きです。
そこが、この市場での
競争上の利点となります。
 
だから、あまりにも
中国風にした製品・商品では
その利点を消すことになります。
 
中国の消費者は
中国製品を欲しがりません。
不祥事や偽造品のせいで
中国の製品・商品を信じていません。
 
中国市場向けに
適合する戦略を立てようと考え、
中国製品を売らなければならないと
考えている企業がありますが、
その考え方は全くダメす。
 
自社製品の販売は可能ですが、
外国のイメージを維持することが
中国市場での成功の鍵です。
 
 
 

中国への適合:企業の製品を変える

 
中国市場は
外国のそれと同じでないとは言え、
製品・商品を
すっかり変更する必要はありません。
 
中国の消費者が
外国の製品を買う理由は、
彼らには馴染みのない
「エキゾチック」な製品だからです。
 
製品はそのままにして、
多少仕様を変更することが重要です。
 
 

マクドは国別にメニューをアレンジする

 
例えば、マクドナルドは、
こういったコンセプトを完全に理解していて
全世界向けに
同じ製品を販売していますが、
進出した国によって
多少の変化を加えています。
 
イタリアに行けば、
メニューに
パスタ・サラダや
パルメザン・チーズがあります。
 
フランスへ行けば、
フランス・パンのサンドイッチ、
中国へ行けば、海老や豚肉というように
国別にアレンジしています。
 
 
 

中国人のコミュニケーション・チャンネルを使う

 

人気のメディアプラットフォームを活用する

 
中国は
独自のコミュニケーション・システムを
持っています。
 
商品をグーグルで宣伝して
中国の消費者に見えるようにしても、
中国の市場がどう動くかを
理解していることにはなりません。
 
中国当局が
並列的なシステムを作り上げたので、
すべてのコミュニケーション・チャンネルは
他の国と同様です。
 
このことを利用して
企業の宣伝広告を
このメデイア・プラットホーム上に
提示すべきです。
 
中国人の
人気が高いメデイア・プラットホームには
・Baidu(百度):中国版グーグル
 
・WeChat(微信):会話とオンライン購買が
同時にできる多機能プラットホーム
 
・Weibo(微博):中国のTwitter

・Youku(优酷):中国のyoutube
 
などがありますが
他にも有効な
メデイア・プラットホームが多数あります。
 
 

中国市場と消費者を理解する

 
宣伝・広告について
考えられるすべてを忘れ
まずは、中国の消費者を
理解しなければなりません。
 
あるツールは
他国では効果的でも
中国では恐ろしいことにもなります。
 
何故なら、中国の消費者は
このようなコミュニケーションの
助けに頼らないからです。
 
従って、中国市場で存在感を示すことが
容易なことではないことを
理解しなければいけません。
 
製品の販売を促進したいなら、
先ずは、この市場を分析し、
市場の働きはどうかを
理解する必要があります。
 
中国市場の専門家と
一緒に仕事をすることもできます。
 
専門家はそういう働きに慣れていて、
今だかって見ないような
マーケティング戦略を
開発して支援してくれるでしょう。
 
 
 

まとめ

 
中国市場でビジネスをするにあたって
起こしやすい過ちを紹介しました。
 
中国市場、中国の消費者
中国の文化には
中国独自の形態があり
それらを理解することが
中国でのビジネスを
成功させるカギになります。
 
中国人消費者は
自国の製品を信用してなく
外国の製品を求めています。
 
外国企業にはチャンスが広がる
中国市場ですが
異質な文化を持つ中国に精通した
ネイティブスピーカーや
専門家が外国企業にとって
欠かせない大きな力になります。
 
 
 

ADKによる中国市場ウェブマーケティングサービスについて

 

ADKでは、中国市場における
ウェブマーケティングサービスを提供しております。
ご興味のある方は、
お問合せフォームよりお問い合わせ頂けると幸甚です。

   

参考記事はこちら
SOME MISTAKES YOU HAVE TO AVOID TO PROMOTE YOUR BUSINESS IN CHINA

「この記事はmarketingtochina.comの許諾を得て編集/翻訳(抄訳)/執筆しています。」

 

・本記事は情報提供を目的として株式会社アサツーディ・ケイ
 (以下「弊社」といいます。)
 が作成した記事であり、特定の金融商品の推奨
 (有価証券の取得の勧誘)
 を目的とするものではありません。
・本記事は、弊社が信頼できると判断した情報等に
 基づいて作成されていますが、弊社がその正確性・完全性を
 保証するものではありません。
・本記事に記載された過去のデータは、将来の結果を示唆あるいは
 保証するものではありません。
・本記事に記載された見解は情報提供を
 目的とするものであり、いかなる投資助言を提供するものではなく、
 また個別銘柄の購入/売却/保有等を推奨するものでもありません。
・記載された見解は記事作成時点のものであり、
 将来予告なしに変更する場合があります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Global Marketing Laboの更新通知を受け取る

当サイトの記事を1週間に1通のペースで更新情報や新着記事情報をお届けします。
下記のフォームにメールアドレスを入力してください。

更新通知を受け取る

当サイトの記事を1週間に1通のペースで更新情報や新着記事情報をお届けします。
下記のフォームにメールアドレスを入力してください。

▲ページTOPに戻る