グローバルマーケティング(テクノロジー&広告)のニュースに特化したニュースサービスサイト(βversion)


「信用」は中国の消費者を引きつける鍵

2018.04.15
Category: 翻訳記事
執筆者/編集担当者: nakajima

 

はじめに

 
中国における「信用」は、
こと購買行動に関して言えば、
最重要指標だと言えます。
 
度重なるスキャンダルと
コピー商品のイメージで、
中国ブランドへの信用は
低下する一方です。
 
しかし、その反面
「信用」の重要性が
日に日に増してきているのも事実です。
 
中国の商取引では、
消費者に信用されるブランドであると
示すことが重要で
そのために、
透明性を維持することが大切です。
 
この記事では、
その「信用」について
押さえておくべきポイントを説明します。
 
 
 

中国ビジネスで知っておくべき关系(グアンシー)

 

关系(グアンシー)の概念を理解する

 
 “グアンシー”は、
中国でビジネスをする際に
最も重要な概念で
しっかりと理解する必要があります。
 
厳密な英語訳はありませんが
概念以上のものが存在しています。
 
 

グアンシーは信用の概念

 
 “グアンシー”が意味するのは、
個客を理解することの重要性で
個客と共にビジネスをするということです。
 
それはネットワーキングに似ていて、
論点は、
相互理解を高めて
良質な顧客との関係を築き、
効率を高められるかどうかです。
 
 “グアンシー”はまさに
信用(Trust)の概念と言えるでしょう。
 
 
 

B2BとB2C、それぞれにおける信用とは

 
グアンシーを改善するための
ヒントをいくつか紹介します。
 
まず、B2BとB2Cは
似て非なるものであり
同一視するのは危険です。
 
ここでは、B2BとB2Cに分けて順に説明します。
 
 
 

B2B(企業間での電子商取引)

 

中国ビジネスでは信用されるまでに時間がかかる

 
中国におけるビジネス関係は
欧米諸国と全く異なります。
単に肩書や地位だけでは
中国人から信用されません。
 
中国では関係性が全てです。
中国人と良好な関係を構築するには
長い時間がかかることもありますが、
決して諦めないでください。
 
彼らはただ、
相手を信用するまでに
時間が必要なだけなのです。
 
 

知識力が信用を高める

 
中国においては
知識力は非常に重要視されます。
 
中国人は、
得意分野に関して
豊富な知識がある人間を尊重してくれます。
 
知識があることは
信用度を高めることに繋がります。
 
だからこそ、多くの中国人が
メールの署名欄に
学術資格を示すのです。
 
学歴と知識は非常に強力で、
ただ口がうまいだけでは
中国での成功はありえません。
 
専門性が要求されています。
 
 

キャリア:経験値も信用度に影響する

 
多くの諸外国同様、中国でも
キャリア経験値は重要です。
知識と同じく、
信用度に強い影響があります。
 
ビジネスの世界において、
現場で多くの経験を積んでいれば、
目の前にいるビジネスマンは
あなたをさらに信用するでしょう。
 
 

共感されることが良好な関係を築く

 
中国で共感を得るためには、
躍起になって調べ物をするよりも
「素を出す」ことが大切です。
 
中国のビジネスマンは
あなたを
温かく歓迎してくれるかもしれませんが、
それは共感や信用の兆しではなく、
失礼がないようにという
礼儀からくるものです。
 
前述のように、中国のパートナーが
本当に敬意を抱くには、
多くの時間がかかります。
 
中国において、
世界各国とは対照的に
ビジネスの内外で
ビジネスパートナーや同僚と
個人的な付き合いを持つことは
悪いことではありません。
 
これは良好な関係の構築や
より簡易な情報交換につながり
むしろ喜ばしいことです。
 
そしてお互いが
疑心暗鬼になることなく
自信に満ち溢れることにもつながるでしょう。
 
 
 

B2C(企業と消費者間の電子商取引)

 

中国の消費者に信用されるには

 
ここでは、売り手と
消費者関係における
信用について詳しく説明します。
 
中国で消費者の信用を得ることは、
最も難しいことの1つです。
 
彼らはもはや
ブランドを信用していないので、
信頼回復に多大な努力が必要です。
 
ここでは、中国の消費者が
ブランドに求めることを
理解するヒントを紹介します。
 
 

中国のソーシャルメディアを使う

 
消費者との関係を作り出すには、
彼らと
コミュニケーションする必要があります。
 
コミュニケーションに最適なのが
ソーシャルメディアの
プラットフォームです。
 
中国の消費者は
世界で最も
オンラインとの親和性が高いのです。
 
オンライン上で存在を示せない限り、
知名度を上げることはできません。
 
ソーシャルメディアアプリの多くは、
信頼関係を形成するのに役立ちます。
 
 

WechatとWeiboが有効

 
その中でも
WechatとWeiboが
中国人に最もよく使われるアプリです。
 
ブランドの公式アカウントを作成すると、
すべての情報が認証されます。
 
公式アカウントを作成するのは簡単ですが、
消費者が
そのアカウントが本物だと確信するには
少し時間を要します。
 
これは、このアプリが支持される
理由の1つです。
彼らはブランドアカウントの
真偽を確かめたいのです。
 
アカウントが
公式だと認識されるかどうか不安ですか?
でも、そのことには
自信を持って良いでしょう。
 
なぜなら、中国の消費者は
確実な購買がしたいと望んでいて、
そのために
多くの情報収集をしているからです。
 
情報量は、信用度に比例します。
透明性を高めれば、
消費者に支持されるでしょう。
 
 

百度(Baidu)は中国人消費者に信頼されている

 
Baiduは中国版Googleです。
Baiduさえあれば、
ネットリサーチは完了するといっても
過言ではないでしょう。
 
利用するには、
中国のサイトを持っている必要があり、
Baidu上で見えるように
ホストする必要があります。
 
Baiduは
Googleとまったく同じです。
もちろん検索エンジンでは
中国語のキーワードで検索がなされます。
 
 

Baiduでの出現率を上げることが信用アップに!

 
中国人は
検索エンジンを信頼しているため、
Baidu上に表示されることは
非常に重要です。
 
また、中国では紹介や推薦も
とても貴重です。
 
Baiduでランキング上位にいる場合、
消費者の信用度は高まります。
 
信用が不足している場合、
消費者は
ブランドの真偽を確かめるために
情報収集に
時間を費やすことになってしまいます。
 
 

消費者のお薦めやKOLの情報提供

 
彼らはまた、
友人や家族に
何か、お薦めがないか尋ねることもあります。
 
ソーシャルメディアはそのことに有効で
KOLがフォロワーに対して
情報提供をしているアカウントは
大人気です。
 
消費者が
お薦めや
評価をしやすいように誘導してください。
 
良い評価が付けば、
ブランド力は更に高まるでしょう。
 
 

質の高いコンテンツがモノを言う

 
最後に、質の高い
コンテンツを作成しましょう。
中国では
コンテンツの量よりも
コンテンツの質がモノを言います。
 
質の高いコンテンツは
Baiduで
ランキング上位に位置しています。
 
 
 

まとめ

 
このように、B2BとB2Cの両領域において、
中国では信用が不可欠です。
 
中国人は非常に注意深いので
信用するきっかけや
材料を用意してください。
 
中国で
良好な顧客との関係をを築くのは
非常に難しいでしょう。
 
多くの文化的障壁と
言語の壁が立ちはだかります。
しかし、不可能な挑戦ではありません。
中国市場で
成功した企業を見れば明らかです。
 
最後のアドバイスとして
中国人と
一緒に仕事をすることを薦めます。
 
社外のビジネスパートナーと
良好な関係を築くのに時間を要しても、
彼らは
そこに至るまでの障壁を知っており、
障壁を乗り越える手助けをしてくれます。
 
マーケティング代理店と
仕事をすることもできます。
彼らは
コミュニケーションを
円滑に進めることに役立ちます。
 
 
 

ADKによる中国市場ウェブマーケティングサービスについて

 

ADKでは、中国市場における
ウェブマーケティングサービスを提供しております。
ご興味のある方は、
お問合せフォームよりお問い合わせ頂けると幸甚です。

   

参考記事はこちら
“TRUST” THE KEY TO SEDUCE CHINESE CONSUMERS

「この記事はmarketingtochina.comの許諾を得て編集/翻訳(抄訳)/執筆しています。」

 

・本記事は情報提供を目的として株式会社アサツーディ・ケイ
 (以下「弊社」といいます。)
 が作成した記事であり、特定の金融商品の推奨
 (有価証券の取得の勧誘)
 を目的とするものではありません。
・本記事は、弊社が信頼できると判断した情報等に
 基づいて作成されていますが、弊社がその正確性・完全性を
 保証するものではありません。
・本記事に記載された過去のデータは、将来の結果を示唆あるいは
 保証するものではありません。
・本記事に記載された見解は情報提供を
 目的とするものであり、いかなる投資助言を提供するものではなく、
 また個別銘柄の購入/売却/保有等を推奨するものでもありません。
・記載された見解は記事作成時点のものであり、
 将来予告なしに変更する場合があります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Global Marketing Laboの更新通知を受け取る

当サイトの記事を1週間に1通のペースで更新情報や新着記事情報をお届けします。
下記のフォームにメールアドレスを入力してください。

更新通知を受け取る

当サイトの記事を1週間に1通のペースで更新情報や新着記事情報をお届けします。
下記のフォームにメールアドレスを入力してください。

▲ページTOPに戻る