グローバルマーケティング(テクノロジー&広告)のニュースに特化したニュースサービスサイト(βversion)


中国のペット市場: 市場規模が2019年までに26億ドルを越える見込み

2018.05.6
Category: 翻訳記事
執筆者/編集担当者: nakajima


 

はじめに

 
かつて毛沢東は
贅沢だという理由で
ペットを飼うことを禁止していましたが、
現在では、裕福な生活の象徴として、
ペットを飼うことが
国民の憧れにもなっています。
 
欧米人の中には、
中国人は
「ペット」を食物として飼うという
印象を持っている人も少なくありませんが、
中国人も動物を愛し、
家族の一員として扱っているのです。
 
そんな中国の
最新のペット事情を紹介します。
 
 
 

中国のペットブーム

 

KOLの影響などで変化する中国のペット事情

 
猫カフェが
中国各地で流行していることは、
中国人のペットに対する意識が
変わってきている一例となっています。
 
この流行は
KOL( Key Opinion Leader)の影響で
特に若い世代から支持を得ています。
 
その理由として
多く著名人が
SNS上で自分のペットとの
愛くるしい写真を
投稿していることが挙げられます。
 
女優のアンジェラベイビー
女優で歌手の劉 亦菲(リウ・イーフェイ)
女優の范 冰冰(ファン・ビンビン)
などが代表例です。
 
 

70億ドルの投資が見込まれる中国のペット市場

 
この流行によって
すでに中国では
1億5000万ものペットが
飼われているとも言われています。
 
犬が特に一番人気で、
ユーロモニター社の市場調査によると
ペットオーナーは
2022年までに70億ドルを
ペットに投資する見込みであり、
この市場全体では
20%もの増加の見込みがあるとしています。
 
このことから、
中国でビジネスを展開するとしたら
それはペット市場で間違いはありません。
 
 
 

中国のペット市場とこれから

 

中国のペット市場が将来成長する要因

 
中国のペット市場は
まだ未熟ですが
将来は
益々盛り上がっていく市場となるでしょう。
 
それを裏付ける要因を
以下に紹介します。
 
 

中流階級の増加

 
目まぐるしい経済成長の中で、
中国国民の購買意欲は上昇し、
何百万もの人々が
中流階級へと変化していきました。
 
また、この先15年間のうちに、
中国の3分の一の人口は
中流階級となっていくのではないかと
言われています。
 
中流階級は
比較的に金銭面で余裕があり、
ペットを家族とみなし、
一緒に生活していくのではないかと
考えられています。
 
 

さらに裕福になる社会と若い世代

 
これまでの世代と比較すると、
現代の世代は
若くして、さらに裕福になります。
 
ペットを飼うことは、
独立して、
経済的に豊かになった象徴として、
彼らの夢の一つでもあります。
 
 

変化する若い労働者のライフスタイル

 
ペット所有者の内73%は
20-35歳の若い人たちです。
 
ペットは独身の間、
寂しさを埋める役割を担うこともあります。
 
なぜなら、彼らにとって
結婚相手を探すこと自体、
仕事の忙しさと社会のプレッシャーに
締め付けられる生活に追われ、
とても難しいからです。
 
しかし、彼らが
たとえ結婚相手を探し出したとしても、
中国では晩婚化が進み、
それに伴って
子どもをもつ年齢も遅くなってきています。
 
だからこそペットは、
彼らが自分の子どもを持つまで、
家庭の中で、
子どもの役割を担うこととなったのです。
 
 

都会での生活とストレス

 
忙しい都会での生活、
特に北京、上海、広州での生活は
多大なるストレスを伴うものです。
 
しかし、どんなに仕事が忙しくても、
愛するペットが
自分のことを
家で待っていると思うだけで
とても嬉しく思うはずです。
 
このような理由から、
ペットは
さほど金銭的余裕がない階級の人々をも
魅了しています。
 
 

高齢化社会

 
ある調査結果によると、
多くのお年寄りが
定年後の楽しみとして
ペットを飼うケースが
増えていることを示しています。
 
人口の高齢化も、
ペット市場規模増加の
一因となっているのは確かなようです。
 
 

政府の取り組み

 
政府の取組みも
ペット市場に効果があります。
 
ペット所有に関しての法律は
改善され、変わったものもあり、
その中でも
ペットを所有するための認定にかかる費用は
285ドルから42ドルまで引き下げられました。
 
また、大規模なペットフェア
『ペットフェア アジア』なども
毎年上海で開催されています。
 
これらの取り組みは
ペット市場の成長に
大きく貢献しています。
 
 
 

注目されるペット市場

 

2018年に最も成長する市場!

 
香港の投資会社ハーベスト グローバル社の
トーマス・ワン氏によると、
ペット市場は
2018年に最も成長する市場の
一つであると考えられています。
 
この市場が選ばれた理由として、
市場が急成長していることに加え、
多種多様な
ビジネスの可能性があることが挙げられます。
 
例えば、ペットフード、洋服、おもちゃ、
アクセサリ関連、ペット医療、ワクチン、
ケアサロンなど
様々な業界への展開が期待されています。
 
 

一番の拡大は高級志向のサービス・商品

 
しかし、この市場で
一番拡大が期待されているのは
高級志向のサービス・商品です。
 
投資するならば間違いなく、
オーガニックペットフードや
質の良いペット用衣服、
他にはない施術を行っている
高級ペットサロンが有望です。
 
過去からは考えられないことですが、
現代の中国人は
ペットを
我が子のように
扱うケースも増えてきています。
 
 
 

まとめ

 
ペット市場において、
関連企業は
中国のビジネスチャンスに飛びつくでしょう。
 
では、どのようにして
中国のペット市場で成功し、
利益を最大化することができるでしょうか!
 
まず、この複雑な市場に入り込む以前に、
どうすれば
中国の人々を魅了できるかを調査し、
理解しておく必要があります。
 
急速に進む中国の現代化と
デジタル化に伴って、
マーケティング戦略も
それに合わせて
調整する必要があります。
 
時間も投資も必要となってきますが、
そのようなビジネスに特化した代理店など
中国のペット事情に精通した専門家に
相談することも必要と考えられます。
 
 
 

ADKによる中国市場ウェブマーケティングサービスについて

 

ADKでは、中国市場における
ウェブマーケティングサービスを提供しております。
ご興味のある方は、
お問合せフォームよりお問い合わせ頂けると幸甚です。

   

・本記事は情報提供を目的として株式会社アサツーディ・ケイ
 (以下「弊社」といいます。)
 が作成した記事であり、特定の金融商品の推奨
 (有価証券の取得の勧誘)
 を目的とするものではありません。
・本記事は、弊社が信頼できると判断した情報等に
 基づいて作成されていますが、弊社がその正確性・完全性を
 保証するものではありません。
・本記事に記載された過去のデータは、将来の結果を示唆あるいは
 保証するものではありません。
・本記事に記載された見解は情報提供を
 目的とするものであり、いかなる投資助言を提供するものではなく、
 また個別銘柄の購入/売却/保有等を推奨するものでもありません。
・記載された見解は記事作成時点のものであり、
 将来予告なしに変更する場合があります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Global Marketing Laboの更新通知を受け取る

当サイトの記事を1週間に1通のペースで更新情報や新着記事情報をお届けします。
下記のフォームにメールアドレスを入力してください。

更新通知を受け取る

当サイトの記事を1週間に1通のペースで更新情報や新着記事情報をお届けします。
下記のフォームにメールアドレスを入力してください。

▲ページTOPに戻る