グローバルマーケティング(テクノロジー&広告)のニュースに特化したニュースサービスサイト(βversion)


お得にツナがる Alipay の必殺技!

2018.05.28
Category: 執筆記事
執筆者/編集担当者: nakajima


 

はじめに

 
あなたはAlipayと
WeChat Payのどちらを
使っていますか?
筆者は2つの電子マネーを状況によって
使い分けているのですが、使っていると、
Alipayの方がメリットが
多いように感じてきました。
 
Alipayの方が便利だと言える
決定的な理由をご説明します。
 
 
 

Alipayの方が便利だと言える決定的な理由

1. モバイル決済に馴染みのない日本人

 
日本はまだまだ現金社会なので、
モバイル決済と聞いても
現実味がないかもしれません。
コンビニなどに行くと
電子マネー決済の広告を目にはするものの、
実際に使ったことがないという人も
多いはずです。
 
日本銀行の調べによると、
「お店でモバイル決済をする」と答えた日本人は
わずか6%にとどまったということです。
 
 

2. 日本人はAlipayを使えないというのは間違い

 
日本人でも普通にAlipayを使えます。
意外に使いづらいのはWeChat Payの方で、
銀行口座への振込ができなかったり、
電子マネーの現金化に手数料が必要だったりと、
マイナス面が多いのです。
 
Alipayはその点、
@icloud.comや
@yahoo.co.jpなどの
フリーメールアドレスをアカウントのIDとして
設定する事ができます。
 
中国の電話番号があれば、
実名登録し、パスポート番号で
認証すれば使えるようになります。
加えて、海外ユーザーのための
Alipayも登録できます。
日本の携帯電話番号があれば登録できるので、
一度試してみましょう。
 
 

3. 日本のクレジットカードでAlipay残高にチャージできるか?

 
結論から言うと、できません。
チャージはできないものの、
支払い方法としてクレジットカード支払いを
選択する事ができます。
 
 
中国や日本で買い物をする際に、
便利なAlipayを利用したいなら
クレジットカードを
Alipayアプリに登録しておきましょう。
 
日本のデパートなら、
そごう、大丸や高島屋でAlipayが利用できます。
また、ローソンやファミリーマート、
セブンイレブンなどの
コンビニでも使用できます。
日用品や衣料品なら、
無印良品やユニクロでAlipayが使えます。
 
 

4. Alipayは日本からでも支払いが可能

 
Alipayがあれば日本から中国のサービスへ
支払いができます。
例えば、日本にいながら中国の鉄道チケットを
予約できたり、家賃やガス代が払えたりします。
海外から料金を払う時に、
とても便利なモバイル決済ツールです。
 
 

5. モバイル決済にAlipayを使うメリット

 

【Alipayのメリット1】タオバオでの支払いができる

 
WeChatとAlipayは犬猿の仲で、
ライバル関係にあります。
WeChatサービスを展開するのはテンセントで、
Alipayはアリババによるサービスです。
 
アリババはタオバオの原型なので、
タオバオはWeChatとは協力関係にないのです。
タオバオを使いたいなら
Alipayの登録は必須となります。
 

【Alipayのメリット2】ゴマ信用が貯まる

 
クレジットカードを使わない中国人にとって、
何が信頼の基準になるのか?
それがこのゴマ信用です。
 
Alipayにはゴマ信用という
サービスが有り、
このスコアが一定値を超えていれば、
いわゆるクレジットカードのゴールドカード、
プラチナカード的な優遇が受けられるのです。
 

【Alipayのメリット3】WeChatでできてAlipayにできないことは、ほぼない

 
2つのアプリは出発点がそれぞれ違います。
WeChatアプリはチャットツールを
出発点としており、
Alipayは、決済ツールを
出発点としています。
そのため、同じようにモバイル決済ができても、
やはり各々にメリットとデメリットがあります。
 
マネー運用ツールと言う角度から見れば、
Alipayが圧勝します。
Alipayにない機能といえば、
WeChatのモーメンツのような
SNS機能です。
チャットや通話ツールとして使うのであれば
WeChatが便利と言えるでしょう。
 
Alipayの機能は豊富で、
実際のところ全ての機能を
活用することはできませんし、
その必要もありません。
 
基本的な送金機能と公共料金の支払いができれば
それで満足、という一般ユーザーにとっては、
WeChatに一元化したほうが、
むしろ楽かもしれません。
 

【Alipayのメリット4】くじで小銭がもらえる

 
資産運用を出発点としているAlipayは、
銀行のような機能を備えています。
お金をAlipayにプールするほど信頼が貯まり、
利子がもらえたりするのです。
 
また、Alipayで支払いをすると、
くじ引きで少額の小遣い稼ぎができます。
この点、あくまでチャットツールである
WeChatには、こういったメリットが
ありません。
 

【Alipayのメリット5】銀行口座への振込ができる

 
これも、Alipayにできて
WeChatにできないことです。
相手の銀行口座番号が分かれば、
どんな銀行でも振込先に設定できます。
 
振込は2時間以内に完了し、
完了までのステータスを確認できるので、
本当に振込できたかをいつまでも
心配する必要がありません。
 
 

6.日本人が現地で生活するなら断然Alipay

 
Alipayさえあれば、
中国でのお金のことは、ほぼパーフェクトです。
最近では、
マネーロンダリングの問題があるため、
月累計5万元の取引があった場合は
パスポートの写真を登録しなければなりません。
 
開発元によるプラットフォームの管理は
厳しいものの、上述のメリットを考えると、
やはりAlipayが便利です。
 
 
 

ADKによる中国市場ウェブマーケティングサービスについて

 

ADKでは、中国市場における
ウェブマーケティングサービスを提供しております。
ご興味のある方は、
お問合せフォームよりお問い合わせ頂けると幸甚です。

   

・本記事は情報提供を目的として株式会社アサツーディ・ケイ
 (以下「弊社」といいます。)
 が作成した記事であり、特定の金融商品の推奨
 (有価証券の取得の勧誘)
 を目的とするものではありません。
・本記事は、弊社が信頼できると判断した情報等に
 基づいて作成されていますが、弊社がその正確性・完全性を
 保証するものではありません。
・本記事に記載された過去のデータは、将来の結果を示唆あるいは
 保証するものではありません。
・本記事に記載された見解は情報提供を
 目的とするものであり、いかなる投資助言を提供するものではなく、
 また個別銘柄の購入/売却/保有等を推奨するものでもありません。
・記載された見解は記事作成時点のものであり、
 将来予告なしに変更する場合があります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Global Marketing Laboの更新通知を受け取る

当サイトの記事を1週間に1通のペースで更新情報や新着記事情報をお届けします。
下記のフォームにメールアドレスを入力してください。

更新通知を受け取る

当サイトの記事を1週間に1通のペースで更新情報や新着記事情報をお届けします。
下記のフォームにメールアドレスを入力してください。

▲ページTOPに戻る