グローバルマーケティング(テクノロジー&広告)のニュースに特化したニュースサービスサイト(βversion)


VR(バーチャルリアリティ):中国人に大人気の玩具

2018.05.30
Category: 翻訳記事
執筆者/編集担当者: nakajima

 

はじめに

 
VR 市場は近年世界中で大人気ですが、
一番の成長を遂げている国といえば
間違いなく中国です。
 
 
 

中国人は新しい技術にオープン

 
経済の開放以来、
中国は目覚しい発展を遂げてきました。
都市が近代化し、
社会が様々な変革を経てきたからこそ、
中国人は新しい技術に非常にオープンで、
常にオンラインでトレンドの最新機器に
敏感な人たちと言えます。
 
今後1,000%の成長が見込まれるVR市場の
中国における未来は明るいでしょう。
CCIDによると、
VR市場は2020年までに
80億ドル以上になると予想されています。
 
中国ではVR用のヘッドセットは
簡単に購入できます。
専門店だけでなくチェーン店でも
豊富に取り扱っており、
例えばMinisoなどでは
約20ドル程度で売られています。
 
さらに、3000軒以上のモールでVR体験ができ、
50元出せば卵型の肘掛け椅子の上で
バーチャルな冒険ができます 。
 
 

中国人はゲーム好きで、
ゲームセンターへの導入も増えています。
誰でも、特にヘッドセットが
購入出来ない層でも、
VR体験をすることが可能になったのです。
 
 

1. VR市場は中国で大成長

 
中国南西部に位置する貴州省に間もなく
VRをテーマとした遊園地
「The East Valley of Science and Fantasy」が
開園します。
遊園地には35種類ものVRアトラクションが
設置され、中国初です。
 
12億ドル以上もの金額を投資して
建設されたこの遊園地は、
中国人のVRへの関心
そしてこの市場の明るい前途を
証明するものと言えるでしょう。
 
さらに、VRは娯楽以外にも
教育、観光、軍、航空宇宙、eコマース等の
分野においても役立ちます。
政府は、VRの進化および適用範囲の拡大を
目的とし、さらなる研究を
深める旨を発表しました。
 
ところが、VR市場が中国で
大市場となりつつあるにもかかわらず、
VRヘッドセットへの投資を躊躇する企業は
まだ少なからず存在します。
 
その価格と用途から、
あまり利益が見込めないと考えるからで、
しかも、市場は
バイドゥ、アリババ、テンセントの
三大企業により独占されているため、
追いつくのは至難の技です。
 
これら中国の三大企業の総売上高は
イスラエルの一企業を上回っており、
世界市場では苦戦しても、
中国国内では市場を完全に独占しています。
 
 

2. BAT(バイドゥ、アリババ、テンセント)が独占するVR

 
BATからは、
それぞれ新しい機能が追加されます。
中国で最も利用率の高い
検索エンジンバイドゥは、
中国語によるVRサービスの
開発を目指しています。
 
これによりVRでゲーム、コンサート、映画の
作成が行えるようになります。
VR映画にはシナリオが複数用意され、
視聴者が続編として好きなプロットを
選ぶことが出来るものです。
 
Eコマース企業のアリババは、既に、
ショッピング体験に革命をもたらしましたが、
今度は自宅にいながら買い物ができるシステムを
開発する予定です。
 
VRヘッドセットさえあれば、
歩いて買い物に行き、
お店で服を買うことが
できるようになるというもので、
アリババは現在、VRショッピングセンターと、
縦に首を振る動作をするだけで
決済が完了する「VRペイ 」というシステムを
開発中です。
 
 
テンセントも、ビデオとゲームの分野で
VRに取り組んでいます。
中国はオンラインゲーム人口を4億人以上有し、
この市場の前途は明るいと言えます。
テンセントはQQ音楽を展開中で 、
VRコンサートとホログラムも
提供していく予定です。
 

成長を遂げるVR市場をうまく利用するなら、
中国の消費者を理解する必要があります。
既に市場は成熟しているため、
市場に参入するには、
全く新しいタイプのヘッドセットを生み出すか、
または、既存のヘッドセットで使用出来る
新たな機能を開発するかのどちらかになります。
 

例えば、ビデオデモや、
バーチャル体験中にさらに興奮が高まるような
機械の開発などです。
 

しかしながら、BATとの競合は熾烈で、
ノキアやマジックリープなどは、
中国市場への参入を目的として、
中国企業との提携契約を結び、
アパレルブランドも同様に、
VRでのショッピング体験を提供するため、
中国企業との提携を進めています。
 
 
また、政府は、
持続可能な技術革新を奨励するため、
このテーマに沿った新技術の
追求を行う企業に政治的、経済的な支援を
行う旨を打ち出しました。
 
 
 

ADKによる中国市場ウェブマーケティングサービスについて

 

ADKでは、中国市場における
ウェブマーケティングサービスを提供しております。
ご興味のある方は、
お問合せフォームよりお問い合わせ頂けると幸甚です。

   

参考記事はこちら
VIRTUAL REALITY: CHINESE’S NEW FAVORITE TOY

「この記事はmarketingtochina.comの許諾を得て編集/翻訳(抄訳)/執筆しています。」

 

・本記事は情報提供を目的として株式会社アサツーディ・ケイ
 (以下「弊社」といいます。)
 が作成した記事であり、特定の金融商品の推奨
 (有価証券の取得の勧誘)
 を目的とするものではありません。
・本記事は、弊社が信頼できると判断した情報等に
 基づいて作成されていますが、弊社がその正確性・完全性を
 保証するものではありません。
・本記事に記載された過去のデータは、将来の結果を示唆あるいは
 保証するものではありません。
・本記事に記載された見解は情報提供を
 目的とするものであり、いかなる投資助言を提供するものではなく、
 また個別銘柄の購入/売却/保有等を推奨するものでもありません。
・記載された見解は記事作成時点のものであり、
 将来予告なしに変更する場合があります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Global Marketing Laboの更新通知を受け取る

当サイトの記事を1週間に1通のペースで更新情報や新着記事情報をお届けします。
下記のフォームにメールアドレスを入力してください。

更新通知を受け取る

当サイトの記事を1週間に1通のペースで更新情報や新着記事情報をお届けします。
下記のフォームにメールアドレスを入力してください。

▲ページTOPに戻る