グローバルマーケティング(テクノロジー&広告)のニュースに特化したニュースサービスサイト(βversion)


「世界最大のEマーケットを拓く(仮題)」著者:ASHLEY DUDARENOKに聞く中国マーケット

2018.06.4
Category: 翻訳記事
執筆者/編集担当者: nakajima

 

はじめに

 
Marketingtochinadeでは、
Chozan社 とAlaric社の創設者であり、
「世界最大のEマーケットを拓く(仮題)」
の著者である、
ASHLEY DUDARENOK氏に
インタビューする機会を得ました。
 
DUDARENOK氏の
中国マーケットでの経験について、
また著書について
インタビューしています。
 
 
 

1.まず、あなた自身について教えて下さい

 

マーケティング会社を経営しブログを発信する

 
私は起業家であり、スピーカーであり、
ブロガーです。
 
昨年の初めから
www.ashleytalks.com  と
YouTube (@AshleyTalksChina)を
運営しています。
 
中国マーケット、中国人消費者、
中国ソーシャルメディアについて
書かれてあるものとしては
現在世界最大のブログになります。
 
また、Alarice 社とChoZan社の
2社を創設しています。

この会社は
中国マーケティングと
中国ソーシャルメディアに特化した
マーケティング会社になります。
 
 

テレビ番組を持ち講演会も多数実施

 
世界中の起業家、
法人、ビジネスリーダー達と
一緒に仕事をしています。
 
中国ソーシャルメディアを
どのように活用するのが
彼らのビジネスにとって
一番効果的なのかということについて
アドバイスをしています。
 
また、私は
アリババ・グローバル・インフルエンサー・
グループのメンバーであり、
最近、香港の OneTVで
自分の番組をスタートさせました。
 
そして、フォーブス, CNBC,
ハフィントンポスト, SCMP他でも
私のことを取り上げてもらっています。
 
それだけでなく、
中国マーケティングサミット、
WeChat会議、HKTDC, HKSTP,
InvestHK, The Women’s Foundation,
TEDx等でも講演しています。
 
 
 

2.執筆された本の内容について教えて下さい

 

中国市場に参入する人には必見の書

私が執筆した
「世界最大のEマーケットを拓く(仮題)」は
中国ソーシャルメディア上で
セールスをするためのガイドとなります。
 
中国の
ソーシャルメディアに携わっている人、
また、これから世界最大のEコマースに
参入しようとしている人には必読の本です。
 
2017年には
7.57兆元 (1.17兆ドル)規模だった
マーケットでしたが、
中国マーケット特有の
デジタル戦略についての需要は
益々高まっています。
 
この本は
最新の情報も盛り込みつつ、
読者が読んで
行動しやすいアドバイスに富み、
マーケッターが
現実的な戦略を
立てやすくする内容になっています。
 
 

中国人消費者の全体像を知る

 
中国人消費者の好み、習慣、性質、
そうしたことの全体も
知る事が出来ます。
 
最も影響力のある消費者や
新たに台頭してきている
消費者層のことをも知ることが出来ます。
 
彼らがどのように成り立ってきたのか、
また、ソーシャルメディアが
かつてないほどに中国人の生活に
大きな影響を占めているということも
理解できるでしょう。
 
 

WeChatやWeiboにデジタルトレンドも!

 
また、WeChatやWeiboを
マーケティング戦略に
活用するコツも掴めます。
 
デジタルトレンド、AI, の概要も
含まれていますし、
「新たな消費」とはどういったものか
ということについても説明されています。
 
初めて中国に参入する場合、
中国での認知を広めたい場合、
中国人旅行客に
海外でのサービスを提供したい場合、
いずれの場合でも役に立つ内容です。
 
この本で、
中国ネット世界の変容を
直接目にしてきた人間からの、
現実的なアドバイスを
得ることが出来ます。
 
 
 

3.どういった人が読むとよいですか?

 

中国マーケットに参入した人

 
「世界最大のEマーケットを拓く(仮題)」は
中国マーケットに参入した方々に
読んで頂くと良いと思います。
 
そういった人達は、
典型的な外国人マネージャーで、
マーケティングヘッドだったり、
ビジネスオーナーだったりします。
 
彼らは
オンラインショップや実店舗を
中国本土に持っており、
現地の中国人を
スタッフとして雇ったりしています。
 
恐らく、中国におけるネット販売、
電子取引についての
基本的な理解はあるかもしれません。
 
 

中国ソーシャルメディアについて知りたい人

 
中国ソーシャルメディアと
自国とは異なるセールスチャンネルを、
最も活用出来るには
どうしたら良いのかという事を知りたければ、
私の本を読んで頂くとよいと思います。
 
この本にはまた、
国際取引を通じて
中国で販売しているビジネスオーナーにとって
必要なことも書かれています。
 
中国で法人として
確立していないケースです。
 
中国での実体は無いからこそ、
デジタルマーケティングや
中国ソーシャルメディアについて
もっと知りたいと思うでしょう。
 
そうした人々にとって、
この本はまさにうってつけです。
 
 

国外で中国人にサービスを提供したい人

 
またこの本は、
中国以外でビジネスをしていて
中国人消費者に
サービスを提供したいという人々に
とても有益です。
 
こうした人々のゴールは、
中国人消費者が国外に出た際、
彼らの提供するサービスを享受し、
お金を払っていただくことです。
 
そうした産業は
レストランやホテルといった
ホスピタリティーの分野や、
小売産業や留学生を受け容れる
教育機関等もあります。
 
中国人消費者にとって
海外との物理的距離はやはり大きく、
海外のサービス情報を
入手するのは難しい状況です。
 
インターネットや
ソーシャルメディア等が活用出来る今、
自国から出ようとする中国人の目を
どうやって惹きつけるかという
実際的なコツやノウハウが
求められているはずです。
 
「世界最大のEマーケットを拓く(仮題)」は、
中国デジタルエコノミーの
最新のトレンドに興味にある人や、
これから世界がどうなっていくのかという事に
興味のある人々にも
読んで頂いてもよいでしょう。
 
 
 

4.なぜあなたはこの本を執筆されたのですか?

 

中国に参入する前に知るべき多くのことがある

 
13億人以上の人がいる中国は
世界最大の人口を持つ国であり
このことは
世界最大の
eコマースの国でもあるということです。
 
その額は,
2017年には
7.57兆元 (1.17兆ドル)にも
上っています。
 
Eマーケット専門家によれば、
2021年までに中国は
世界の小売eコマースの
60%を占めるだろうと言われています。
 
非常に大きなチャンスを秘めている国ですが、
そう簡単な国でもありません。
 
中国に参入する前には、
あらかじめ知っておくことが
たくさんあります。
 
 

中国マーケットに関する実用的なアドバイス

 
しかしながら、多くのマーケティング戦略家や
小規模ビジネスオーナーは
中国消費者、
中国オンラインチャネルについて、
あまり多くを知りません。
 
中国マーケット戦略への需要は
非常に伸びていますが、
これまでの本には
実践的な解決方法が
あまり載っていませんでした。
 
このギャップを見て、
中国デジタルマーケティングでの
12年のプロとしての知見を
読みやすく理解しやすい
1冊の本にまとめようと決めました。
 
この本を読んでもらえれば
中国マーケットの事をよく理解でき
また、中国に参入したいと考えている
世界各地の人々に
実用的なアドバイスができると考えたのです。
 
 
 

5.あなたの本を読むべき3つの理由は何ですか?

 

最新の消費者動向、中国マーケットの経緯と今が分かる

 
「世界最大のEマーケットを拓く(仮題)」は
中国と
中国人消費者に興味のある人には
包括的なガイドブックになっています。
 
この本を読むことで
最新のデジタルトレンド、消費者動向、
どのように中国マーケットが発展してきたか、
今どうなのか、
という事が分かると思います。
 
 

ホットなソーシャルメディアのガイド

 
またそれだけでなく、
WeChatや Weiboといった
中国でもっともホットな
ソーシャルメディアについても
具体的なガイドを手にすることができます。
 
この2つのプラットフォームについて
理解できるだけでなく、
それぞれのマーケティングモデル、
オンラインマーケットで成功するための
最良のアプローチ方法なども分かります。
 
 

中国マーケット全体を理解できる

 
これもまた重要なことですが、
中国マーケット全体を理解できます。
 
このことは、ビックデータや
AIなどによる技術革新、
New Retailなどによる
オンラインとオフラインが繋がったショッピング
中国が世界に
どれだけ影響を及ぼしているかなども含めた上で
全体が理解できるということです。
 
 
 

6.本の中で特筆すべき章はどれですか?

 

第1章 中国マーケットの重要性と可能性

 
第1章です。
 
ここで中国マーケットが
どれだけ重要なポジションを占めているのか、
またどれだけ
可能性があるのかを述べています。
 
今までこの国は
欧米諸国よりも開発が遅れているという
ステレオタイプな
見方しかされてきませんでした。
 
私は中国マーケティングの
プロフェッショナルとして、
中国における経験を
みなさんにシェアすることで、
中国について
もっと知って頂きたいのです。
 
 

最終章 中国の未来

 
また私は最終章も大切だと考えています。
 
ここでは中国の未来について
書かれています。

実店舗、eコマース、
ソーシャルメディア、ライブストリーミング、
モバイルペイ等が繋がる事による
シナジー効果について書かれています。
 
拡張実現感、バーチャルリアリティ、
AI、ビックデータなどは
新しいデジタル時代を築く
重要な役割を果たしています。
 
Alibaba や Tencentが
中国だけでなく、世界中で
デジタルエコノミーに
革新をもたらしていくでしょう。
 
そうした革新を見ることが
今からとても楽しみです。
 
 
 

7.タイトルを「(世界最大のEマーケットを拓く(仮題)」としたのはなぜですか?

 
中国は
世界最大のeマーケット市場であり、
非常に大きな可能性を持っています。
 
しかしながら、
まだ拓かれているとは言えません。
 
私たちは
オンライン上でアンケートを取り、
このマーケットを
よく知る人たちや海外の読者に、
どのタイトルがいいか訊きました。
 
もっとも好まれたのは
「世界最大のEマーケットを拓く」でした。
 
そこで
アンケート結果に従おうと決めたのです。
 
 
 

まとめ

 
「世界最大のEマーケットを拓く(仮題)」
の著者である、
ASHLEY DUDARENOK氏が
インタビュアーの質問に対しての
回答内容を紹介しました。
 
著書の内容は
中国ソーシャルメディア上で
セールスをするためのガイドとなっていて
中国人消費者の好み、習慣、性質などの
全体も知る事ができるようです。
 
中国のソーシャルメディアに携わっている人、
また、これから
世界最大のEコマースに
参入しようとしている人には必読の本ですと
著者は答えています。
 
中国と中国人消費者のことを知りたい人
中国市場に進出を考えている人には
道標になるかも知れません。
 
 
 

ADKによる中国市場ウェブマーケティングサービスについて

 

ADKでは、中国市場における
ウェブマーケティングサービスを提供しております。
ご興味のある方は、
お問合せフォームよりお問い合わせ頂けると幸甚です。

   

参考記事はこちら
INTERVIEW OF ASHLEY DUDARENOK : UNLOCKING THE WORLD’S LARGEST E-MARKET

「この記事はmarketingtochina.comの許諾を得て編集/翻訳(抄訳)/執筆しています。」

 

・本記事は情報提供を目的として株式会社アサツーディ・ケイ
 (以下「弊社」といいます。)
 が作成した記事であり、特定の金融商品の推奨
 (有価証券の取得の勧誘)
 を目的とするものではありません。
・本記事は、弊社が信頼できると判断した情報等に
 基づいて作成されていますが、弊社がその正確性・完全性を
 保証するものではありません。
・本記事に記載された過去のデータは、将来の結果を示唆あるいは
 保証するものではありません。
・本記事に記載された見解は情報提供を
 目的とするものであり、いかなる投資助言を提供するものではなく、
 また個別銘柄の購入/売却/保有等を推奨するものでもありません。
・記載された見解は記事作成時点のものであり、
 将来予告なしに変更する場合があります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Global Marketing Laboの更新通知を受け取る

当サイトの記事を1週間に1通のペースで更新情報や新着記事情報をお届けします。
下記のフォームにメールアドレスを入力してください。

更新通知を受け取る

当サイトの記事を1週間に1通のペースで更新情報や新着記事情報をお届けします。
下記のフォームにメールアドレスを入力してください。

▲ページTOPに戻る