グローバルマーケティング(テクノロジー&広告)のニュースに特化したニュースサービスサイト(βversion)


新シルクロード 対中文化交流を活性化

2018.06.21
Category: 翻訳記事
執筆者/編集担当者: nakajima

 

はじめに

 
ヨーロッパとアジアを繋ぐ
人類初の貿易ルートは、
中国人によって
2千年以上前に作り出されました。
 
その名も「シルクロード」
 
この名高い交易路は
ここで最も多く運ばれた『絹』にちなんで
命名されました。
 
しかし、そのように多数の往来があった
シルクロードで運ばれた品が
絹だけという事ではありません。
 
実際に多くの人々が
その長い距離を旅したことは、
国境を越えた文化の融合や
思想の流布に繋がりました。
 
そんなシルクロードが
2000年の時を経て
新たに生まれ変わる構想が
持ち上がりました。
 
 
 

中国が打ち出した新シルクロード構想

 

新シルクロード構想が中国と世界を繋ぐ!

 
習近平国家主席は2013年、
中国史上において
最高に輝かしい時代の象徴とも言える
シルクロードを復活させる決断をしました。
 
そして打ち出したのが
「新シルクロード構想」です。
 
貿易および、政治的かつ
社会文化的交流の促進を目的として、
この超巨大なネットワークが
中国と世界を繋ぐこととなるのです。
 
数年前までなら
国境の壁というものを感じましたが、
近頃は国外へ出ることが
本当に簡単になりました。
 
ただ残念ながら、
文化的な壁は
まだ時折見られます。
 
 

世界の芸術家が出会えるチャンス

 
したがって、この新シルクロードは
世界の芸術家の出会いを
促進することとなるでしょう。
 
文化や芸術、各国の技術情報が
積極的に融合する
良い機会となりうるのです。
 
なぜなら
2つの国が共同事業を行う場合、
取引きされるのは
単にモノや資本だけではなく、
文化間の対話が交われるからです。
 
 

文化交流は互いの国の理解に役立つ

 
このような交流は、
結果的に
互いの国の理解に役立ちます。
 
お互いに協力し合い、
危機的状況に置かれれば
団結するでしょう。
 
UNESCOでさえ
この取り組みを支持しているのです。
 
対立・恐怖・破壊が
途切れることなく生じる我々の世界で、
こういった取り組みは
未来への希望を表す兆しだからです。
 
そういったことから、
この新シルクロード構想は
間違いなく、
パートナー国との文化交流を促進し、
絆を強め、良好な外交関係と
平和の確立を試みてくれるでしょう。
 
ただ、すでに5,000万ドルが
この構想財政につぎ込まれていますが、
新シルクロード構想の
「文化的」部分への取り組みに関しては、
これまで何の情報も入ってきておらず、
主に経済上の話題に留まっています。
 
 
 

在外中国人が世界に広める中国文化

 

中国文化を世界に広げる協力者

 
中国外交部の譚天星さんは、
「在外中国人が
中国文化を世界に広げてくれることを
期待している」と話します。
 
国外で暮らす中国人は、
アジアと欧米文化の
両方を知る重要な協力者です。
 
2つの国の
文化についての知識を持つことで、
その両国の
懸け橋となる可能性があるのです。
 
しかし、こういった
国際交流を活発にするためには、
在外中国人は
単に外国文化に溶け込むのではなく、
自分達の文化を推さなければなりません。
 
在外中国人の数が問題ではないのです。
 
 

中国文化が国外で知られない現実

 
国外へ移住する中国人は、
特に交換留学生や
行動的な若者などが多く、
かなりの数に達しています。
 
ただ、こういった若者達は
移住先の国の文化を楽しみ、
適応していく傾向にあります。
 
もちろん、自分達の文化を
忘れる訳ではありませんが、
他の国の人々と中国文化を
しっかり分かち合うとまではいきません。
 
移住先の国で
再び中国コミュニティを作る人々もいます。
 
そのため、中国文化は
いまだに国外で
あまりよく知られていないままなのです。
 
またこの状況は、
誤った考え方や
既成概念が作り出したもので、
それらが中国の持ちうる美しいイメージを
損ねてしまっているのです。
 
だからこそ、在外中国人は、
真の中国文化のイメージを取り戻し、
本来の姿を共有するためには
とても素晴らしい協力者なのです。
 
譚天星さんは、
「外国の人々に
我々の文化の美しさを感じてもらい、
“とりこ”になってもらうことが、
我々の文化を広めるための
唯一の手段です」と話します。
 
 
 

文化交流をめざす多くのプロジェクト

 

既に始まっている仏中の協力関係

 
新シルクロード構想を通して
文化的な協力関係が
改善されているという
具体的な証拠の一例として、
仏中関係があげられます。
 
武漢とリヨンを結ぶ貨物列車が
未来の経済協力の証である一方で、
両国の文化フォーラムでは
来たるべき文化・芸術の
連携を約束しています。
 
「文化新シルクロード」の初回フォーラムは、
2016年5月に北京で行われ、
翌年には
フランスのリヨンでも開催されました。
 
両国は、対等な立場で
お互いのプロモーションを行うために、
それぞれ交代で
フォーラムのホスト国となる予定です。
 
 

文化フォーラムの狙いと内容

 
このフォーラムは、
フランスと中国の
芸術・文化機関の
繋がりを作ることを意図しています。
 
ワークショップや協議会などが企画され、
両国からの専門家が
顔を合わせ交流できるよう
万全の準備を整えています。
 
2017年のフォーラムでは、
以下のようなテーマについて
議論がされています。
 
・美術館:美術館の役割とは?
運営方法は?
・映画:指導方法・制作方法・上映方法は?
・都市開発:都市の魅力を
最大限に引き出すには?
 
・革新と創造:発想の共有
・生活と食に関する美学
・交換留学
 
相手国のことを知り、
理解する手助けとしての
文化交流の提案に加え、
この手の催しは
芸術関係の専門家にとっては
特に興味深いものでしょう。
 
 
 

まとめ

 
新シルクロード構想における
文化的な交流内容を紹介してきました。
 
各国の文化交流を目指した
多くのプロジェクトは
事実、スタートアップ企業や
起業家達には
中国の専門家と顔を合わせることのできる
素晴らしい機会です。
 
このような会合は、
非常に大きな連携・協力に繋がります。
 
そしてこれこそが、
新シルクロード構想が持つ、
経済的・政治的・社会文化的観点からの
明るい未来が
構想参加国にあるという
可能性の証なのです。
 
 
 

ADKによる中国市場ウェブマーケティングサービスについて

 

ADKでは、中国市場における
ウェブマーケティングサービスを提供しております。
ご興味のある方は、
お問合せフォームよりお問い合わせ頂けると幸甚です。

   

参考記事はこちら
CULTURAL EXCHANGES WITH CHINA WILL BE ENCOURAGED THANKS TO THE NEW SILK ROAD

「この記事はmarketingtochina.comの許諾を得て編集/翻訳(抄訳)/執筆しています。」

 

・本記事は情報提供を目的として株式会社アサツーディ・ケイ
 (以下「弊社」といいます。)
 が作成した記事であり、特定の金融商品の推奨
 (有価証券の取得の勧誘)
 を目的とするものではありません。
・本記事は、弊社が信頼できると判断した情報等に
 基づいて作成されていますが、弊社がその正確性・完全性を
 保証するものではありません。
・本記事に記載された過去のデータは、将来の結果を示唆あるいは
 保証するものではありません。
・本記事に記載された見解は情報提供を
 目的とするものであり、いかなる投資助言を提供するものではなく、
 また個別銘柄の購入/売却/保有等を推奨するものでもありません。
・記載された見解は記事作成時点のものであり、
 将来予告なしに変更する場合があります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Global Marketing Laboの更新通知を受け取る

当サイトの記事を1週間に1通のペースで更新情報や新着記事情報をお届けします。
下記のフォームにメールアドレスを入力してください。

更新通知を受け取る

当サイトの記事を1週間に1通のペースで更新情報や新着記事情報をお届けします。
下記のフォームにメールアドレスを入力してください。

▲ページTOPに戻る