グローバルマーケティング(テクノロジー&広告)のニュースに特化したニュースサービスサイト(βversion)


フランス風:中国市場におけるイメージ

2018.06.23
Category: 翻訳記事
執筆者/編集担当者: nakajima

 

はじめに

 
2015年に中国人観光客が
襲撃されたパリの同時多発テロから数年、
中国におけるフランスの文化的な影響力が
再び高まっています。
 
テロ事件によりフランスのイメージは
著しく損なわれましたが、
中国人にとってフランスは今も、
特にロマン主義の歴史と文学に彩られた
美食と芸術の都なのです。

中国在住のフランス人なら、
中国人から「あなたフランス人?浪漫だね!」と
言われることには慣れているでしょう。
フランスと言えばロマン主義のイメージですが、
それは同時に、ビジネスの分野によっては
ハンディキャップともなりえます。
 
 
 

ストーリー:中国人の目から見た社会的な成功

 
ここでは、中国人が
フランスに何を期待しているのかを、
在仏中国人カップルの日常を題材にして
明らかにしていきたいと思います。
ターゲットとなる中国人消費者の姿と
彼らの願望が明らかになることでしょう。

Qing Yang と Li Weiは、
両親からの期待に忠実に応え、
一人息子に投資を惜しまない
社会的に成功したカップルで、
Wechatのアカウントには
そうと分かる写真が豊富に掲載されています。 

彼らは米国や英国の大学を選択することも
出来ましたが、
フランスで進学することを選択しました。
ロワールの大学を卒業し、
6年に渡るフランス生活を経て、
フランス語が堪能でフランス社会に
すっかり溶け込んでいます。

Qing Yangは中国人観光客向けの
ツアーガイドビジネスを起業しました。
彼らはまずパリで結婚し、
郷里でも挙式しました。

エッフェル塔を背に撮影した結婚写真で、
Li Weiは中国の伝統的な結婚衣装である
赤いチャイナドレスではなく、
純白のドレスに身を包みました。
翌年息子のPengが誕生し、
彼らのWechatアカウントに
息子の誕生の証が刻まれます。

ヴァンセンヌの森での乗馬、
初めてのスキー旅行、
動物園や春のピクニックなどと題された
息子の写真がアップロードされるようになり、
公園で白鳥に夢中になっている様子や、
同じく在仏で成功した中国人カップルの子供と
砂場で遊ぶ姿などが次々と更新されます。
 
 

1. 中国人客向けガイドビジネス

 
Qing YangとLi Weiは、
パリのベビー・ショーで
オーガニックの哺乳瓶を
購入する良識的な親です。
中国政府は一人っ子政策を廃止しましたが、
彼らに二人目の予定はありません。

中国人の多くは今も、
子供の将来のためには一人の子供に専念するのが
最良であると思っているからです。

Li Weiは息子の世話をするため
専業主婦になりましたが、
お洒落をあきらめたわけではなく、
オスマン通りにある
ギャラリー・ラファイエットに
よくショッピングに出かけます。

彼らは完全なるパリ人のように、
ピエール・エルメのマカロン、
シャネルのオー・ド・トワレ、
Genevois Bouchetの
ルブロションチーズを買います。

Li Weiは赤ちゃんのために
肌触りの良いパジャマを買うのが大好きで、
その情報はフランスの友人ともシェアします。
彼女が最近買ったのは
赤いサンタクロースの衣装で、
典型的なフランス風にエスカルゴとシャンパン、
そしてフォアグラでクリスマスを祝います。

休暇はと言えば、恐らく、スイスの山々での
ウィンタースポーツか
ドービルビーチリゾートでしょう。
プロバンス地方のラベンダー畑や、
ヨーロッパの有名なお城は既に訪れました。

このようなライフスタイル全てが
郷里の両親にとっては誇りであり、
中国に残る同胞にとっては羨望の的なのです。
このロマンチックなフランスでの
文化的な生活は夢のようで、
海外で成功してみたいと思わせるのです。
 
 

2. 中国人が信じるフランスのイメージ

 
Qing YangとLi Weiのストーリーは、
決してフィクションではありません。
フランスは現在でも、主にファッションや文学、
語学などを海外で学びたい中国人にとって
人気の国の一つです。

高価な化粧品や、粉ミルクなどの食品など
フランスから輸入された商品は
高く評価されています。
フランス製品イコール価値あるもので、
それは豪華で高品質、洗練されているという
イメージが反映されたものです。

さらに、フランスでの自由で豊かな生活には、
アジアの労働文化や家族主義とは
真逆の価値観があります。
中国の大半の親たちにとって、
今でも最も重要なことは、
一人息子/娘が大学卒業後すぐ結婚し、
跡継ぎを産むことです。

(一人っ子政策による男児偏重がなくなり、
中国の都市住民は
女児を好む傾向が強くはなっていますが。)
また、中国の大都市にあるような
環境汚染がないフランスでの生活は、
子育て世代の親にとっては
何ものにも代えがたいメリットがあるのです。

しかしながら、そのようなロマンティックな国
フランスというイメージにより、
フランスの技術産業は
アメリカやドイツなどの競合に対して
優位性を失っているのも現状です。

フランスのイメージは、
中国の強力なパートナーといったものに
進化させる必要があります。
文化のイメージだけでは十分ではないのです。
“フランス風“は魅力ではありますが、
メイドインフランスをよりアピールするには、
技術力の高さと品質を強調する必要があります。
 
 

3.中国において企業が信頼を得るためには

 
長い目で見れば、
フランスの文化的イメージは多様化し、
より多くの分野にも浸透するでしょう。
中でも技術産業が伸びる可能性を秘めており、
たとえばアレバ社は最近、
中国国内で核廃棄物再処理プラントを
建設する契約を締結しました。

しかしながら、
中国でビジネスを展開する際に必要な
基本的な知識を欠落し、誤解や不和を生じさせ、
数年でパートナーシッププロジェクトが
失敗したり迷走したりする場合があります。

中国のビジネス文化を学び、
縁故の重要性や感情抑制などの
社会的風習に対する理解を深めれば、
中国で成功を掴む確率は高めることができます。

中国人ネットワークにおける
コミュニケーションが有効で、
特にWechatやWeiboなどの
SNSを通じて
消費者とのコミュニケーションが
活性化できれば、
良好な成果が得られるでしょう。
 
 
 

ADKによる中国市場ウェブマーケティングサービスについて

 

ADKでは、中国市場における
ウェブマーケティングサービスを提供しております。
ご興味のある方は、
お問合せフォームよりお問い合わせ頂けると幸甚です。

   

参考記事はこちら
THE FRENCH TOUCH: STRONG SYMBOL ON THE CHINESE MARKET

「この記事はmarketingtochina.comの許諾を得て編集/翻訳(抄訳)/執筆しています。」

 

・本記事は情報提供を目的として株式会社アサツーディ・ケイ
 (以下「弊社」といいます。)
 が作成した記事であり、特定の金融商品の推奨
 (有価証券の取得の勧誘)
 を目的とするものではありません。
・本記事は、弊社が信頼できると判断した情報等に
 基づいて作成されていますが、弊社がその正確性・完全性を
 保証するものではありません。
・本記事に記載された過去のデータは、将来の結果を示唆あるいは
 保証するものではありません。
・本記事に記載された見解は情報提供を
 目的とするものであり、いかなる投資助言を提供するものではなく、
 また個別銘柄の購入/売却/保有等を推奨するものでもありません。
・記載された見解は記事作成時点のものであり、
 将来予告なしに変更する場合があります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Global Marketing Laboの更新通知を受け取る

当サイトの記事を1週間に1通のペースで更新情報や新着記事情報をお届けします。
下記のフォームにメールアドレスを入力してください。

更新通知を受け取る

当サイトの記事を1週間に1通のペースで更新情報や新着記事情報をお届けします。
下記のフォームにメールアドレスを入力してください。

▲ページTOPに戻る