グローバルマーケティング(テクノロジー&広告)のニュースに特化したニュースサービスサイト(βversion)


JD Tokopedia逃しタイに照準

2018.08.20
Category: 未分類
執筆者/編集担当者: nakajima

 

はじめに

 

中国のJDがタイのセントラル・グループとEコマースの合併

 

1.ニュース(ロイターより抜粋):

 
・中国のJDは、総額5億米ドルを出資し、
タイのセントラル・グループとEコマースの
合弁を設立する交渉に入っています。
 
・JDのCEO Richard Liu氏は、
JDは今年度中にタイに進出し、
ベトナムやマレーシアなど東南アジア諸国への
サービス提供のハブとして
機能させる計画であると発表しました。
 
・中国以外のJDの投資先は、
全てインドネシアです。
インドネシアでは、JDは同国で最大の
オンライン旅行サイトTravelokaの
共同所有者です。
 
 

2. 意義:

 
・中国Eコマース小売最大手である
JDにとって、合弁の意義は、
インドネシア以外にも海外ビジネスを拡大し、
アリババとアマゾンが新サービス
(特にアマゾンがシンガポールで
展開する「プライム・ナウ」)を導入し競合が
熾烈化する東南アジアでの存在感を
高めることにあります。

・JDからセントラル・グループへの提案は、
JDがインドネシアの
通販小売Tokopediaに株式公開買付けを
提案し見送られた交渉の後に行われました。
Tokopediaは先週、アリババなどの
投資企業から11億米ドルを
調達したと発表しました。
 
 
 

ADKによる中国市場ウェブマーケティングサービスについて

 

ADKでは、中国市場における
ウェブマーケティングサービスを提供しております。
ご興味のある方は、
お問合せフォームよりお問い合わせ頂けると幸甚です。

   

参考記事はこちら
Brief: JD eyes Thailand after supposedly missing out on Tokopedia deal

「この記事はtechinasia.comの許諾を得て編集/翻訳(抄訳)/執筆しています。」

 

・本記事は情報提供を目的として株式会社アサツーディ・ケイ
 (以下「弊社」といいます。)
 が作成した記事であり、特定の金融商品の推奨
 (有価証券の取得の勧誘)
 を目的とするものではありません。
・本記事は、弊社が信頼できると判断した情報等に
 基づいて作成されていますが、弊社がその正確性・完全性を
 保証するものではありません。
・本記事に記載された過去のデータは、将来の結果を示唆あるいは
 保証するものではありません。
・本記事に記載された見解は情報提供を
 目的とするものであり、いかなる投資助言を提供するものではなく、
 また個別銘柄の購入/売却/保有等を推奨するものでもありません。
・記載された見解は記事作成時点のものであり、
 将来予告なしに変更する場合があります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Global Marketing Laboの更新通知を受け取る

当サイトの記事を1週間に1通のペースで更新情報や新着記事情報をお届けします。
下記のフォームにメールアドレスを入力してください。

更新通知を受け取る

当サイトの記事を1週間に1通のペースで更新情報や新着記事情報をお届けします。
下記のフォームにメールアドレスを入力してください。

▲ページTOPに戻る