グローバルマーケティング(テクノロジー&広告)のニュースに特化したニュースサービスサイト(βversion)


中国のヨーグルト市場

2018.09.14
Category: 翻訳記事
執筆者/編集担当者: nakajima

 

はじめに

 
2018年、ヨーグルトは中国で有望です。
なぜなら、欧米文化とその食習慣が評価され、
消費が劇的に伸びているからです。
中国人の間のヨーグルト人気は、単に味が
受けているからというものではなさそうです。
中国では往々にして、食は健康の価値により
証明されるものだからです。
 
 
 

中国でのヨーグルト人気と大いなる開拓の余地

 

1.ヨーグルトは中国産?

 
中国人が、欧米の影響を受けるまで乳製品を
食したことがなかったと考えるのは間違いです。
1980年代に経済を解放して以来、
ヨーグルトの売り上げは急増しており、
蜂蜜ヨーグルトは、
今や北京の伝統となっています。
 
中国北部だけでなく上海でも、
街中の路面店で買うことができます。
小さな陶器の器に蓋の部分が
紐で結ばれたデザインで、すぐに分かります。
中国では、蜂蜜は美肌に良いとされ人気があり、
中国人女性の多くは、毎朝、蜂蜜を入れたお湯を
コップ一杯飲みます。
お肌のためのグランマレシピなのです。
 
乳製品が古代中国の宮廷で
食されていたものならば、
この贅沢品は全ての民に
手が届くものではなかったでしょう。
中国において、ヨーグルトとは
長いこと職人の手によるものでした。
 
今日、中国は、全人口の需要に応えるため、
世界最大のミルク生産国になろうと、
フランスやスイス、少し近いところで
ニュージーランドやオーストラリアなどで農家や
酪農協同組合を買収するに至っています。
中国の目的は、ミルクを輸出国に頼ることなく
自給自足できるようになることです。
 
そのためには、国内のミルク生産企業が
高い市場シェアを維持する必要がありますが、
2008年のメラミンミルク事件の余韻により、
今も中国人消費者の疑念に
直面している状況です。
そのような中、信頼を大いに受けているのが、
中国人投資家も率いる海外の協同組合です。
 
 

2.乳糖不耐症とカルシウム不足

 
中国人人口の多くが今も乳糖不耐症に苦しむ中、
ヨーグルトは発酵されているため
消化しやすい食品です。
 
中国人は通常、豆乳やココナッツミルクを
飲むことが多いです。
ダノンは、中国市場で成功するため、
中国人人口におけるカルシウム不足を強調し、
牛乳のメリットを広めました。
一方で、最近のヨーロッパでは、
新たな乳糖不耐症が発症し、
羊乳や豆乳飲料へのシフトが起きています。
 
 

3.ヨーグルトの美徳

 
なぜヨーグルトブームなのでしょう?
中国人の食習慣は、
欧米との出会いにより進化してきています。
ヨーグルトが好まれる主な理由としては、
免疫システムを強化し、腹部や女性ホルモンの
不調などにいいとされるプロバイオティクスの
働きにあります。
 
一人息子・娘の健康を
特に気にかけている中国人の親世代が、
成長する子供の骨を強くするため、
ヨーロッパで長年知られている製品に興味を
示すのは当然のことと言えます。
 
中国人のスポーツコーチやヘルス関係者も、
肉や卵と同様、筋肉作りに欠かせないとして、
牛乳由来のヨーグルトを食べることを
推奨しています。
 
 

4.長寿のヨーグルト

 
中国企業がヨーグルトを売るのにその名前を
使って以来、ブルガリアのモムチロフツィー村が
中国でとても有名になりました。
 
この中国のヨーグルトにも、ブルガリア小村の
小規模ヨーグルト生産者のヨーグルトと同量の
乳酸菌が含まれているはずで、
消費者の寿命を信じられないほど
延ばす効果があり、その証拠に、村には、
100歳以上の老人が多数存在します。
 
つまり、ヨーグルトテイスティングで観光客を
呼び寄せ、モムチロフツィーの名前を
有名にすれば効果的だったわけです。
 
 

5.乳製品は中国でどう消費される?

 
ヨーグルトは非常に優れた食品で、
飲むヨーグルトタイプでなくても、ストローや
プラスチックのスプーンが付いているので、
歩きながらでも食べられます。
市場に真のブーム到来で、砂糖含量の
多いミルク飲料が多数販売されています。
 
人気なのは、イチゴ味、次にココナッツ、
キゥイ、マンゴー、パイナップルなどの
トロピカルフルーツ味、ブラックベリーや
ピーチ味もあります。
タピオカパールもトレンドで、
Yi Dian Dianなどの
有名ブランドは、ミルク飲料に混ぜています。
 
 

6.中国市場にヨーグルトブランドを導入する

中国人消費者は、海外ブランドの方が
国産商品よりも質が良いと判断します。
この品質のイメージは、ヨーロッパの
ミルク生産における厳しい衛生管理により
明確にされたもので、よって、中国人は
輸入品に大きな信頼を寄せるのです。
 
中国市場において、海外ブランドであることは、
製品を売り込む上で非常に重要です。
しかしながら、主に乳糖不耐症により牛乳が
健康に有害であるとするヨーロッパの
消費者の声が、中国にもいずれ
押し寄せる可能性を
予期しておく必要があります。
 
現在、カルシウム摂取と栄養補助食品的な
役割のため中国で牛乳が
高く評価されているとしてもです。
ヨーロッパでは、ヤギや羊のミルクでできた
ヨーグルトを好む人が増えており、
数年の間にこの分岐点は
中国にも必然的に訪れるでしょう。
 
対策としては、ヤギの
ミルクでできたヨーグルトを輸出し、
乳糖不耐症を避けるPRを展開しましょう。
 
中国人消費者は、常に新しいトレンドを好み、
健康と美肌のためなら、ミステリアスな方法も
積極的に試します。
例えば、ロバのミルクが配合された化粧品が、
カタツムリの美容品と
並んでスーパーマーケットに
陳列されていたりします。
 
 

7.広告は中国のソーシャルネットワークで

ヨーロッパにおけるEコマースの進行は
スローですが、中国人消費者は
ハイパー接続された人たちで、
支払いはスマホ、ショッピングもスマホを
使ってタオバオなどで済ませます。

ブランドにとっては、中国の
ソーシャルネットワークや、Tモールや
タオバオなどのEコマースプラットフォームで、
存在感を構築する必要があります。
WeChatは、新規や中古の商品、
お買い得品やセールを探したりできる
デジタルツールで、プロモーションやブランドの
ローンチには最適です。

デジタルへの移行は、
ビジネスにとって必須です。
中国の都市住民は、スポーツとバランスの良い
食生活を組み合わせた健康的なライフスタイルを
望んでおり、よって、中国における
アグリフード市場は、スポーツ市場と並び、
大いに開拓の余地がある市場なのです。
 
 
 

ADKによる中国市場ウェブマーケティングサービスについて

 

ADKでは、中国市場における
ウェブマーケティングサービスを提供しております。
ご興味のある方は、
お問合せフォームよりお問い合わせ頂けると幸甚です。

   

参考記事はこちら
THE YOGURT MARKET IN CHINA

「この記事はmarketingtochina.comの許諾を得て編集/翻訳(抄訳)/執筆しています。」

 

・本記事は情報提供を目的として株式会社アサツーディ・ケイ
 (以下「弊社」といいます。)
 が作成した記事であり、特定の金融商品の推奨
 (有価証券の取得の勧誘)
 を目的とするものではありません。
・本記事は、弊社が信頼できると判断した情報等に
 基づいて作成されていますが、弊社がその正確性・完全性を
 保証するものではありません。
・本記事に記載された過去のデータは、将来の結果を示唆あるいは
 保証するものではありません。
・本記事に記載された見解は情報提供を
 目的とするものであり、いかなる投資助言を提供するものではなく、
 また個別銘柄の購入/売却/保有等を推奨するものでもありません。
・記載された見解は記事作成時点のものであり、
 将来予告なしに変更する場合があります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Global Marketing Laboの更新通知を受け取る

当サイトの記事を1週間に1通のペースで更新情報や新着記事情報をお届けします。
下記のフォームにメールアドレスを入力してください。

更新通知を受け取る

当サイトの記事を1週間に1通のペースで更新情報や新着記事情報をお届けします。
下記のフォームにメールアドレスを入力してください。

▲ページTOPに戻る