グローバルマーケティング(テクノロジー&広告)のニュースに特化したニュースサービスサイト(βversion)


スイスの高級品にとっては絶好のチャンス

2018.09.27
Category: 翻訳記事
執筆者/編集担当者: nakajima

はじめに

 
中国には「貧乏人が高級車を乗り回し、
金持ちは高級腕時計で遊ぶ」という
言い回しがあります。
収入の増加に伴い、高級品への需要が
これまでになく高まっています。
 
中国は、2015年の海外ラグジュアリー市場の
20%を占め、次期ヨーロッパとアメリカをも
上回ることが予想されます。
よって、多数の高級ブランドが、
ブランド価値およびイメージを上げるための
熾烈な競争を展開していることは
驚きではありません。
 
今年始めに出された
ベイン・アンド・カンパニーの
レポートによると、デザイナーハンドバッグや
高級ジュエリーなどの高額品は、
2017年単独で売り上げが2-4%増え、
2,900億米ドルに達したとのことです。
 
その数値は、中国が高級ショッピングを牽引し、
中国人消費者の高級ブランドへの欲が
高まっていることを表すものと言えます。
しかしながら、富裕層の多くは海外で高額品を
購入するため、中国人消費者が世界の
高級品市場に占める割合は、
国内消費額に比べさらに
高くなる可能性があります。
 
 
 

スイスブランドを中国市場で拡大するには

 

1. 世界的に有名なブランドを買う傾向

 
中国人消費者は、海外で有名なブランドが
ベストで「高品質」であると考え、
購入する傾向にあります。
よって、「高品質」と認められたブランドが、
ブランドランキングのトップ10に
ランクインすることが多いです。
 
これは、SEOのランキングが非常に重要で
中国人消費者にアピールすることを
示唆しており、「高品質」を全ての広告や
キャンペーンにおいて言葉なりイメージなりで
強調して打ち出す必要があるということです。
例えば、素材の質の良さを打ち出すなど。
 
他にも、中国人が購入する
トップ10ブランドは、シャネルや
ルイ・ヴィトンのように国際的に有名な
ブランドであるという現象が挙げられます。
 
つまり、中国人消費者は、ブランドの実際の
品質についてあまりよく知らない場合も、
既に世界的によく知られたブランドを
「高品質」と「優れたカスタマーサービス」と
認める傾向にあるということです。
 
ブランドが既に評価を得ている場合は、
成功にはあと一歩です。
トップのブランドならば、それを利点として
活用し、そうでない場合、例えば
ロレックスのように更に効果的にブランド、
商品、サービスのプロモーションを
展開させる必要があります。
 
 

2. 中国において人気のあるスイス高級時計ブランドベスト5

 
1.ロンジン
 
ロンジンは、スイス サンティミエを
本拠地とする高級時計ブランドです。
1889年に商標登録された翼の砂時計の
ロゴは、世界で最も古く、今も使われている
トレードマークです。
 
ロンジンのマーケティング戦略の勝因は、
積極的に展開している商品のプロモーションと、
香港の歌手/俳優のアーロン・クォック、
台湾の女優リン・チーリン、
香港の女優カリーナ・ラウ、
カナダ系台湾人の俳優エディー・ポンなどの
有名人をブランドアンバサダーとして
起用しているところにあります。
 
2. パテック フィリップ
 
ジュネーブで1839年創業の
パテック フィリップは、
中国人消費者にとっては
比較的新しいブランドです。
 
中国で人気が出た主な理由は、
中国人のファッションセンスに
合わせたところにあり、例えば、
スペシャルエディションとして、
伝統的な中国のエナメルを
あしらったパンダテーブルクロックが
作られました。
 
3. オメガ
 
スイス ビールで1848年創業の
オメガの時計は、その正確さで有名です。
 
ロンジン同様、オメガも中国人の有名セレブや
インフルエンサーをターゲットとしています。
中国人セレブと密に提携して時計を
マーケティングし、女優のチャン・ツィイー、
リウ・シーシー、香港生まれの歌手ココ・リーを
中国のブランドアンバサダーに起用しています。
 
4. ピアジェ
 
ピアジェは1874年。
時計職人ジョルジュ・ピアジェによる創業で、
後の20世紀に彼の名前を冠するブランドが
開発されました。
中国では非常に人気があり、
国内に30店舗以上を有しています。
 
パテック フィリップ同様、ピアジェは商品の
現地化を進め、中国の伝統に
インスピレーションを受けた新しい商品を
開発しています。
昨年の旧正月シーズンには、
中国人消費者のため、干支をテーマにした
スペデャルエディションが発表されました。
 
5. ロレックス
 
スイスで1905年創業のロレックスは、
中国では恐らく最も有名な
高級腕時計ブランドでしょう。
 
ロレックスは、中国の伝統に
関連づけることにより、売り上げトップを
効率的かつスムーズに実現しています。
ロレックスのラウンドフェイスは、
中国では吉兆であるととらえられ、
ゴールドのクラウンロゴは、
ステータスとパワーを象徴しています。
 
 

3. スイスの高級品ビジネスを中国で発展させるには

 
【信用される評価を確立する】
 
中国におけるブランドは、
例え高級品であっても、評価の確立に
積極的である必要があります。
中国人は、有名ブランドを購入する傾向にあり、
実際、多くのブランドが評判の確立に
苦戦しています。
中国人は、念入りにブランド情報や消費者の
フィードバックを検索します。
 
【様々なソーシャルメディアプラットフォームを
活用する】
 
中国でブランド認知を上げる最善策は、
大手のWeChatやウェイボーなどの
ソーシャルメディアか、または、
ソーシャルコマースプラットフォームである
Xiaohongshuなどを
活用することです。
 
中国のソーシャルメディアを活用する秘訣は、
「トラフィック」を生み出すことです。
中国人消費者のコミュニケーションのスタート、
ファシリテーションおよび発展させる方法を
お教えします。
 
当社では、オンライン広報、デザイン、
バイラルマーケティングを、
あらゆるプラットフォームにおける魅力的な
コミュニケーションメソッドと
組み合わせています。
・WeChat、ウェイボー、Tieba、Tianya、Douban
 
【インフルエンサーと祝福する】
 
これまでにも書いていますが、
インフルエンサーやキーオピニオンリーダー
(KOL)と呼ばれる人々は、
ブランドの評価を上げるには最適です。
優秀なインフルエンサーはビジネスを
盛り上げてくれるでしょうし、
一方で、有名になればなるほど契約金は
高額になります。
 
存在感とインターネット評価を確立するには、
肯定的な口コミを促進することが必須で、
KOLの起用が効果的です。
KOLは、多数のアクセス数を誇り、
有名になったソーシャルメディアユーザーで、
中国人消費者はKOLを崇拝し、ブランドよりも
信用しています。
 
KOLの中には、何百万人ものファンを
持つ人もいて、大衆に影響を及ぼすことに
非常に長けています。
KOLを活用すれば、彼らのファンに影響を
与えることができ、彼らを通して、
ターゲットとするグループにアクセスすることが
できるのです。
 
つまり、KOLが担う
インターミディエーターは、中国人消費者に
海外の商品を販売する上では
素晴らしい財産となりえます。
 
【ビッグブランドと関連させる】
 
ビッグブランドなら、
中国におけるマーケティングは
あまり心配ありません。
そうでなければ、ビッグブランドと提携するのが
効果的です、なぜなら、中国人の多くは、
ビッグブランドのみ信用するからです。
 
中国でのブランディングは重要です。
中国人消費者は、ブランドの名前を買います。
彼らは、プレミアムの評判の良いものを
買いたいのです。
中国は、世界でも最もオンライン化が進み、
スマホで毎日3時間はネットサーフィンに
費やすのが一般的です。
 
彼らを魅了するためにブランドの存在感を
確立して売り上げを伸ばすには、
デジタルソリューションを
活用する必要があります。
ブランドについて語る人が増えれば、
売り上げも伸びます。
 
【中国語ホームページを作る】
 
ターゲット層における認知度を上げるには、
SEO対策のため中国に
ホストサーバーのある中国語のホームページを
作る必要があります。
中国最大手の検索エンジンである百度では、
海外サイトのホームページや中国語で
書かれていないものはランクインされません。
 
ホームページは中国の基準およびトレンドに
沿う必要があります。
一般的には、大量の情報を盛り込んだ文字の
小さいホームページが、中国人の美の基準に
かなっていると言えます。
 
 
 

ADKによる中国市場ウェブマーケティングサービスについて

 

ADKでは、中国市場における
ウェブマーケティングサービスを提供しております。
ご興味のある方は、
お問合せフォームよりお問い合わせ頂けると幸甚です。

   

参考記事はこちら
GOLDEN OPPORTUNITIES FOR SWISS LUXURY PRODUCTS IN CHINA

「この記事はmarketingtochina.comの許諾を得て編集/翻訳(抄訳)/執筆しています。」

 

・本記事は情報提供を目的として株式会社アサツーディ・ケイ
 (以下「弊社」といいます。)
 が作成した記事であり、特定の金融商品の推奨
 (有価証券の取得の勧誘)
 を目的とするものではありません。
・本記事は、弊社が信頼できると判断した情報等に
 基づいて作成されていますが、弊社がその正確性・完全性を
 保証するものではありません。
・本記事に記載された過去のデータは、将来の結果を示唆あるいは
 保証するものではありません。
・本記事に記載された見解は情報提供を
 目的とするものであり、いかなる投資助言を提供するものではなく、
 また個別銘柄の購入/売却/保有等を推奨するものでもありません。
・記載された見解は記事作成時点のものであり、
 将来予告なしに変更する場合があります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Global Marketing Laboの更新通知を受け取る

当サイトの記事を1週間に1通のペースで更新情報や新着記事情報をお届けします。
下記のフォームにメールアドレスを入力してください。

更新通知を受け取る

当サイトの記事を1週間に1通のペースで更新情報や新着記事情報をお届けします。
下記のフォームにメールアドレスを入力してください。

▲ページTOPに戻る