グローバルマーケティング(テクノロジー&広告)のニュースに特化したニュースサービスサイト(βversion)


WeChatミニプログラム:中国の新たなEコマースチャネル

2018.10.16
Category: 翻訳記事
執筆者/編集担当者: nakajima

 

はじめに

 
Eコマースのパイオニアである
巨大企業アリババは、タオバオとTモールにより
類いまれなる成功を納め、今度はWeChatが
新たな統合Eコマースプラットフォーム
「ミニプログラム」をローンチしました。
 
 
 

WeChatがEコマースプラットフォーム「ミニプログラム」をロンチした。

 
タオバオと比較した場合、WeChatの
Eコマースはソーシャルメディアの
オリジナリティを誇ります。
大規模なソーシャルネットワークアプリにより、
WeChatに出店するブランドやショップは、
9億8,000万人に達する
アクティブユーザーへのアプローチが
可能であるということになります。 
 
WeChatミニプログラムは、
チャットグループで促す共同購入契約など、
ショップに新たな商品販売の形態を
提供しています。
 
WeChatに組み込まれており、
インストールが不要の軽量アプリで、
ライドシェアからフードデリバリー、
ライブ配信、ショッピングに至るまで多種多様な
サービスが利用できます。
 
昨年にロンチされて以来、WeChat上には
58万個のミニプログラムが出現しており、
テンセントによると、
日間アクティブユーザー数は総計で
1億7,000万人に上るとのことです。
潜在顧客を豊富に抱えるミニプログラムは、
多くのショップ、ブランドにとって非常に
魅了あるプラットフォームであると言えます。
 
 

1. WeChat Eコマースの試練

 
WeChat Eコマースの生態系は成熟し、
アリババのオンラインビジネスにとって
脅威となりつつあります。
 
しかしながら、テンセントが
WeChatプラットフォームに
出店するショップをどう管理するか、
偽造・模造品などの問題にどう対処するかが
問われています。
今日までに、WeChatは、偽造品を
売ったとして875個のミニプログラムを
閉鎖しています。
 
一方で、テンセントは初期Eコマースでは
失敗(2015年オンラインマーケットプレイス
Paipaiの閉鎖に絡み)もしており、
その教訓として、投資をWeChatの
生態系におけるEコマースの
重要な要としています。
 
 

2. 巨大なユーザーベースが成功への秘訣

 
WeChatは
ソーシャルメディアプラットフォーム
最大手であり、登録ユーザー数は8億人を超え、
WeChatコミュニティへと
シフトするブランドが増えつつあります。
 
よって、ミニプログラムは、カスタマーベースを
迅速に増やすことができるという点で
WeChatに適していると言えます。
例えば、共同購入やライブ配信において、
影響力のあるブロガー達が自分たちの
好む製品について情報を発信すると、
新たなトラフィックが生み出されます。
 
また、テンセントは、
ファッション・スタートアップ企業である
MeilishuoとMogujieが
2015年に合併して設立された
Meili United Groupにも
投資しており、Meiliによると、
昨年夏にミニプログラムを導入して以来、
2,000万人もの新ユーザーを
獲得したとのことです。
 
 

3. ソーシャルメディアインフルエンサーと提携する

 
キーオピニオンリーダー(KOL)または
インフルエンサーは、ファンをブランドの
商品購入に誘導し、高いインターネット評価を
得る存在です。
WeChatミニプログラムは、
影響力のあるブロガーがファンベースから
収入を得る形態を変えつつあります。
 
以前は、
ソーシャルメディアインフルエンサーは、
投稿ブログの一番下に貼ったリンクから
フォロワーをオンラインショップへ
誘導することしかできませんでしたが、
ミニプログラムにより、今や記事の中に
直接ショップを組み込むことができるのです。
 
インフルエンサーの中には、
例えばファッショニスタである
Becky Liのようにクリックスルー率を
2倍に増やすことができるブロガーもいます。
ミニプログラムはKOLにとって、
新たな収益化の機会、または容易な収益化を
可能にしたのです。
 
しかしながら、インフルエンサーとの提携には
リスクもあります。
インフルエンサーになることで誰もが生計を
立てられるわけではなく、ほんの一握りの
ブロガーがファンベースにより収益を得ているに
過ぎないのです。
 
 

4. インターネット評価と信頼の問題

 
WeChatでは、購入はより情緒的で
評価に左右されます。
 
バイヤーが価格を比較するためショップが
検索できるアリババのタオバオやTモールとは
異なり、WeChatのショップは、
各ブランドアカウントにつながっています。
 
それにより、ショップにとってはユーザー経験の
管理が容易ですが、同時に、値下げや
質のいいコンテンツ、その他の
プッシュマーケティングの導入により売り上げを
増発させる必要性があるということを
意味しています。
 
WeChatは閉ざされたエコシステムなので、
フォロワーが関心を失った場合は致命的です。
よって、ブランドはマーケティングには慎重に、
そうすれば、中国人による信用と良い評価を
得ることができるでしょう。
 
 

5. 躍進するWeChatペイ

 
WeChatペイは、
WeChatユーザーのための決済手段です。
WeChatには登録ユーザーが
8億人以上もおり、決済にWeChatペイを
使用する中国人の確率は高いです。 
 
WeChatにおける取引全てを支えているのが
WeChatアプリのデジタルウォレットである
WeChatペイであり、
テンセントの大きな収益となっています。
 
テンセントは、特に従来型のショップや
レストランなどのオフラインでも、
WeChatペイが決済の
新しい基準となることを目指しています。
WeChatペイは実際に中国人の日常生活に
非常に広く浸透しており、
それが故に競合アリペイにとっては多大な
脅威を及ぼしているのです。
 
しかしながら、最新の統計データによると、
WeChatのユーザー数および人気度は
アリペイに迫る勢いで伸びています。
 
 
 

ADKによる中国市場ウェブマーケティングサービスについて

 

ADKでは、中国市場における
ウェブマーケティングサービスを提供しております。
ご興味のある方は、
お問合せフォームよりお問い合わせ頂けると幸甚です。

   

参考記事はこちら
WECHAT MINI PROGRAM: A NEW ECOMMERCE CHANNEL IN CHINA

「この記事はmarketingtochina.comの許諾を得て編集/翻訳(抄訳)/執筆しています。」

 

・本記事は情報提供を目的として株式会社アサツーディ・ケイ
 (以下「弊社」といいます。)
 が作成した記事であり、特定の金融商品の推奨
 (有価証券の取得の勧誘)
 を目的とするものではありません。
・本記事は、弊社が信頼できると判断した情報等に
 基づいて作成されていますが、弊社がその正確性・完全性を
 保証するものではありません。
・本記事に記載された過去のデータは、将来の結果を示唆あるいは
 保証するものではありません。
・本記事に記載された見解は情報提供を
 目的とするものであり、いかなる投資助言を提供するものではなく、
 また個別銘柄の購入/売却/保有等を推奨するものでもありません。
・記載された見解は記事作成時点のものであり、
 将来予告なしに変更する場合があります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Global Marketing Laboの更新通知を受け取る

当サイトの記事を1週間に1通のペースで更新情報や新着記事情報をお届けします。
下記のフォームにメールアドレスを入力してください。

更新通知を受け取る

当サイトの記事を1週間に1通のペースで更新情報や新着記事情報をお届けします。
下記のフォームにメールアドレスを入力してください。

▲ページTOPに戻る