グローバルマーケティング(テクノロジー&広告)のニュースに特化したニュースサービスサイト(βversion)


ADKが中国越境EC運営を支援するフランク・ジャパンに出資

2018.10.23
執筆者/編集担当者: nakajima


 

はじめに

 
株式会社アサツー ディ・ケイ
(本社:東京都港区、代表取締役社長:
植野伸一、以下ADK)は、中国越境EC事業や
訪日中国人向けインバウンド事業の
展開に向けて、株式会社フランクジャパン
(本社:東京都港区、代表取締役:田中継東、
以下 フランク)への出資契約を締結したことを
本日発表しました。
 
 
 

中国向け越境EC事業のハードルが大きく下がった

 
フランクは、中国の巨大ECモールである京東
(ジンドン)が出資する唯一の日本企業であり、
商品の調達、EC事業戦略の立案、
販売ページ製作、国際物流、
カスタマーサービスなど、中国越境EC事業を
支援する事業を展開しています。
 
特に京東集団(JD.com)が得意とする、
自社で商品を仕入れて販売する自営販売方式の
支援が強みです。
 
ADKは、今回の出資によって
EC事業戦略構築、販売、物流、
カスタマーサービスなどEC関連事業を
トータルでサポートできる体制を整え、
EC店舗運営事業へ参入します。
 
また、人気アニメなどコンテンツビジネスで
培ってきたノウハウを活かし、中国市場で
ニーズの高いアニメコンテンツのEC活用にも
挑戦していく計画です。
さらに、中国越境EC事業の
成功モデルをもとに、EC市場が
成長している東南アジアも視野に
入れているとのこと。
 
日本から中国への越境ECの市場規模は、
すでに1兆3,000億円
(前年比25.2%増)に達しています*。
前述の京東集団も、同社にとって海外初となる
購買センターを東京・大手町に開設するなど、
日本製品に注目しています。
 
ADKとフランクとの協業によるシームレスな
サポート体制が誕生したことにより、
中国向け越境EC事業のハードルが
大きく下がりました。
 
株式会社アサツーディ・ケイ
www.adk.jp
 
株式会社フランク・ジャパン
www.frankinter.jp
 
* 出典:経済産業省
「平成29年度我が国における
データ駆動型社会に係る基盤整備
(電子商取引に関する市場調査)」
 
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Global Marketing Laboの更新通知を受け取る

当サイトの記事を1週間に1通のペースで更新情報や新着記事情報をお届けします。
下記のフォームにメールアドレスを入力してください。

更新通知を受け取る

当サイトの記事を1週間に1通のペースで更新情報や新着記事情報をお届けします。
下記のフォームにメールアドレスを入力してください。

▲ページTOPに戻る