グローバルマーケティング(テクノロジー&広告)のニュースに特化したニュースサービスサイト(βversion)


デジタル化か撤退か

2018.11.21
Category: 翻訳記事
執筆者/編集担当者: nakajima

 

はじめに

 
国連の調べによると、中国の人口は14億人を
超えており、同国への投資を
考慮するのに値する要因となっています。
進化し続ける同国の市場にブランドを
投入するための最善の方法は、デジタル化です。
 
 
 

中国でデジタル戦略を成功させるには

 

1. 中国におけるデジタル利用

 
デジタル化とは、情報をデジタルフォーマットに
変換するプロセスで、コンピューターや
携帯電話、タブレットなどの
電子機器による処理を可能にするもので、
恐らく世界で最もオンライン化が進む
中国人消費者へのアプローチにおいて鍵と
なるものです。
 
同国のインターネット産業は、
著しい成長を遂げています。
 
この5年間、中国人の技術の利用および
考え方は、急速に変化してきました。
Internet Society of
Chinaによるインターネット業界に
関するレポートによると、同国の7.7億人の
インターネットユーザーのうち、97.5%は
スマホユーザーであるとのことです。
 
また、2017年末までに、オンライン決済を
利用するユーザーは前年比11.9%増の
5.31億人で、
オンラインショッピング取引額は
7.2兆人民元に達したとのことです。
 
中国には、400万以上のウェブサイト、
世界最大の4Gネットワークと巨大な
オンラインマーケットプレイスが
構築されています。
 
海外ブランドは、この市場を
掌握しようとしのぎを削っています。
中国市場は独特で、中国文化と海外の影響力に
関する以前のスタンスにより、独自の審美感と
ブランドに対する要求が形成されてきました。
 
この市場に参入するには、ブランドを現地の
プラットフォームに統合させる必要があり、
現地の趣向や好みに適応させることが
重要なのです。
 
 

2. 中国におけるデジタルプラットフォーム

 
以下に、海外企業がデジタル戦略により
ブランドを中国人消費者にとって魅力あるものに
適応させるノウハウをお教えします。
 
 

3. 百度における検索エンジン最適化(SEO)対策

 
検索エンジンにおけるブランドの
存在感は重要です。
SEOとは、企業の可視性を高めるための
長期的な戦略です。
 
そのゴールは、キーワードがよく検索され、
適用された結果、トップページに
表示されることで、ターゲットとする消費者が
商品やサービスを検索する上で使用する中国語の
キーワードを探す必要があります。
 
そうすることにより、消費者をウェブサイトまで
誘うことが可能になるのです。
トラフィックタイプも重要です。
重要なトラフィックは、
潜在顧客によるものだけだからです。
 
 

4. イタルデザイン-GMA

 
イタルデザインは、自動車業界向けにデザインを
開発提供する大手企業です。
同社は、スタイリング、エンジニアリング、
プロトタイプ製造、テスティング、評価を
含む新車や工業製品の開発に
特化した幅広いサービスを提供しています。
 
イタルデザインは 、中国市場に参入するための
競合力の高いマーケティング戦略の開発を
GMAに依頼されました。
 
GMAのミッション:
 
・WeChat、
ウェイボーにおけるキャンペーン
・インターネット評価
・百度向けSEO
 
結果:
 
・露出度80%
・ウェイボー投稿110万回以上の視聴
・百度のトップページ
 
中国では、ブランドが取り組むべき最重要の
ゴールの一つに、可視性が挙げられます。
グレートファイアウォールにより、
海外のプラットフォームで
いかに人気があっても、
中国では何の意味もありません。
 
百度が市場をほぼ独占する検索エンジンで、
中国人消費者の90%以上は、
インターネットにおける検索に百度を
使用しています。
企業のデジタルマーケティング戦略は、
ブランドが百度における検索結果に
表示されるようになることが必要です。
 
 

5. ウェブサイト開発

 
中国では、言語とフォーマットが
非常に重要です。
ホームページは、現地の審美的な趣向に沿う形で
適応させ、コンテンツは全て
中国語にする必要があります。
 
また、アクセスを容易により高速にするため、
さらにSEO対策のため、
ローカルでホストされる必要があります。
 
百度では、外国でホストされるウェブサイトや、
中国語で書かれていないものは表示されず、
カスタマーサービスは、現地時間対応で
中国語により処理できるようにしておく
必要があります。
 
 

6. ソーシャルメディア

 
業界における大手2社はWeChatと
ウェイボーで、中国国外において類似する
プラットフォームはありません。
 
WeChatは、コミュニケーションおよび
ショッピングのためのツールで、
WeChat ペイなどのスマホ決済アプリ
(PayPalに似ていますが、
それ以上の機能があります)は、
中国人の生活にとって欠かせないものに
なっています。
 
プラットフォームでは、商品やサービス、
請求書の決済だけでなく、航空券やホテル、
鉄道の予約もできます。
 
ウェイボーでは、最新のニュースをチェックし、
キーオピニオンリーダー(KOL)との
インタラクションや、人気のセレブの洋服や
食事、読んでいる物を定期的に
チェックすることができます。
 
WeChatもウェイボーも、海外ブランドと
中国人消費者とを結ぶ優れたツールであると
言えます。
 
 

7. TWIST&DRINK-GMA

 
Twist&Drinkは、1973年に
オーストラリアで創業された
キッズフレンドリーなブランドです。
ユニークなツイストオープンタイプの飲料で、
各種のフルーティフレーバーが
取り揃えられています。
 
家族経営の企業で、毎年5,000万本以上の
ドリンクボトルが生産されています。
Twist&Drinkは、中国で
デジタル化する計画についてGMAに
依頼されました。
 
GMAのソリューション:
ソーシャルメディアキャンペーンの開発
 
ウェイボー
・アカウント設定
・コンテンツプロモーション
・広告&イベントプロモーション
 
WeChat
・購読アカウント
・サービスアカウント
・コンテンツプロモーション
・消費者とのインタラクション
・WeChatゲームによるプロモーション
・小ギフトによるプロモーション
 
中国人は、日に3時間はネットブラウジングや
コミュニケーション、ショッピングにスマホを
使用するため、海外ブランドは、前述の
プラットフォームやその他のプラットフォーム、
または、その他の様々な戦略により、
最大限活用するべきです。
 
オンラインにおける存在感が重要ですが、
ポジティブな評価を得ることは更に重要です。
 
 

8. Eコマース開発

 
China Electronic
Commerce
Research Centerによると、
中国のオンライン小売売上高は、
2017年上半期に3.1兆元を記録し、
オンラインショッピングユーザーは
5億1,600万人に達し、小売Eコマースは、
ユーザーの潜在的なショッピング熱を効果的に
刺激してきました。
 
中国における売り上げを伸ばしたいなら、
TモールやJD.com、タオバオ、
Little Red Bookなど
大手Eコマースプラットフォームに
参入する必要があります。
 
GMAは、包括的かつ多様な
Eコマースサービスの管理を提供しています。
サービス内容:オンラインショップの
登録/開設、店舗デコレーション設計、
商品アップロード、
消費者コミュニケーションオペレーション/
メンテナンス、プラットフォーム内外の
販促活動の最適化
 
 

9. NANO JAPAN-GMA

 
Nano Japanは、健康美容食品の研究と
開発に特化した企業であり、
会長のSasaki Nobutsuna氏は
業界に42年従事し、身体に容易に
吸収されるコラーゲンやローヤルゼリー、
レスベラトロールなど様々な高品質の
自然健康食品を開発してきました。
 
GMAチームは、Nano Japanに
ソーシャルメディアプロモーションサービスを
提供し、JDグローバルに店舗を開設しました。
 
GMAは、日常的なJDオペレーション
(独身の日、ダブルデイの
オンラインイベントなど)を担当しており、
ソーシャルメディアプロモーションと
結びつけることにより、
Nano Japanブランドの知名度を上げ、
消費者のコンバーションを可能にします。
 
 
 

ADKによる中国市場ウェブマーケティングサービスについて

 

ADKでは、中国市場における
ウェブマーケティングサービスを提供しております。
ご興味のある方は、
お問合せフォームよりお問い合わせ頂けると幸甚です。

   

参考記事はこちら
GO DIGITAL IN CHINA OR GO HOME

「この記事はmarketingtochina.comの許諾を得て編集/翻訳(抄訳)/執筆しています。」

 

・本記事は情報提供を目的として株式会社アサツーディ・ケイ
 (以下「弊社」といいます。)
 が作成した記事であり、特定の金融商品の推奨
 (有価証券の取得の勧誘)
 を目的とするものではありません。
・本記事は、弊社が信頼できると判断した情報等に
 基づいて作成されていますが、弊社がその正確性・完全性を
 保証するものではありません。
・本記事に記載された過去のデータは、将来の結果を示唆あるいは
 保証するものではありません。
・本記事に記載された見解は情報提供を
 目的とするものであり、いかなる投資助言を提供するものではなく、
 また個別銘柄の購入/売却/保有等を推奨するものでもありません。
・記載された見解は記事作成時点のものであり、
 将来予告なしに変更する場合があります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Global Marketing Laboの更新通知を受け取る

当サイトの記事を1週間に1通のペースで更新情報や新着記事情報をお届けします。
下記のフォームにメールアドレスを入力してください。

更新通知を受け取る

当サイトの記事を1週間に1通のペースで更新情報や新着記事情報をお届けします。
下記のフォームにメールアドレスを入力してください。

▲ページTOPに戻る