グローバルマーケティング(テクノロジー&広告)のニュースに特化したニュースサービスサイト(βversion)


中国市場での花のマーケティング

2019.01.15
Category: 執筆記事
執筆者/編集担当者: nakajima

 

はじめに

 
中国の主な花の生産地は雲南省です。
数年前まではいくつかの農村で小規模な栽培が
行われているにすぎませんでしたが、
現在は国際商業会議所の施策により、
花き販売者は競争力を高める様々なテクニックを
会得しています。
 
 
 

中国市場での花の拡販方法

 
中国の経済成長も同国の花き産業の発展を
後押ししています。
雲南省だけを見ても、2013年には
約80万戸の農家が7万ヘクタールの土地で花を
栽培しており、花き市場は多くの職を
生んでいます。
 
また、生産者にとってアジア地域は巨大な
市場といえます。
 
 

1. 花き業界のしくみ

 
花き生産の増加は、人々が住まう環境を
美しくしたいという願いを反映しており、
生活の質にも影響を与えているといえます。
花き産業の発展は生活水準の
向上によるものなのです。
 
花を販売するには、消費者の希望や都市ごとに
好まれる傾向を理解することが重要です。
例えば、広州と上海における消費者の好み
((花や苗木))だったり、白い花は「死」の
象徴であまり一般的でないことを
理解したりする必要があります。
 
中国国内の消費量も大きいのですが、
中国の花き市場は輸出に支えられており、
ここ数年の輸出額は9千万米ドルに
達しています。
安い労働力だけでなく、花き栽培に適した土地の
豊富さも生産に大いに貢献しています。
 
雲南省の国際商業会議所の協力により花き産業の
成功がもたらされています。
花き輸出のための施策や効率的な栽培方法が
導入されたほか、せり市場と
物流センター設立のため2,600万米ドルが
投資され、花き市場の発展に
大きく貢献することとなりました。
 
花き業界は3つのセクターから成るといえます。
生産から物流管理、卸売業者、
最終的な消費者です。
 
中国市場は輸入花きに対しても大きな可能性を
秘めています。
中国ではケニア産の花が人気で急速に需要が
伸びています。
 
中国の消費者は本国の市場から
もたらされる様々な種類の花を楽しんでいます。
ケニア産の花は色や形、サイズの面で、
中国の消費者の期待に応えられるもので、
ケニアは多種多様な花を提供できる優位性を
持っています。
 
 

2. 中国文化における花とは

 
中国文化において、花に色々と違った意味が
あることがあります。
花の蜜は成長や達成、人生の幸せな門出などの
象徴です。
 
風水では花は富と成功を意味し、
元気な花からは良い気のエネルギーを感じます。
花を贈る場合にはTPOを重んじる必要があり、
花の種類や色には様々な意味があります。
つい数年前までは切り花は葬儀と結びつきが
強いものでした。
 
今日ではブーケを送るのは
一般的になりましたが、
しかしまだ鉢植えの方が好まれます。
 
以下は中国文化における花について
知っておきたい知識です。
 
・白い花と黄色の菊は葬式を思い起こさせる
・鉢植えの植物は病状がよくならないことを
象徴する
・いばらやアザミは苦難や困難を象徴
・ポプラの花は散らばりやすく浮気性の
女性を表す
 
 

3. 中国での花のマーケティング方法

 
花の販売に実店舗が最適だと思っているなら、
中国ではネット通販システムが非常に
重要なことを忘れてはいけません。
 
淘宝(タオバオ)や天猫(Tモール)、
京東(JD.com)は要チェックの
メガモールです。
中国人はこれらのアプリを活用して、
効率的に様々な業者の商品を比較しあらゆる物を
購入します。
 
 

4. ソーシャルメディアでの広告や販促

 
ソーシャルメディア、特にWeChatや
微博(Weibo)はビジネスに
欠かせないツールです。
 
WeChatでは店舗開設や公式アカウントの
登録ができ、ミニプログラムでの
広告によってブランドの宣伝ができます。
中国の消費者は多種多様で高品質な品物を
求めており、友人や家族、その他のユーザーの
意見に頼って商品購入を決めているのです。
 
 
 

ADKによる中国市場ウェブマーケティングサービスについて

 

ADKでは、中国市場における
ウェブマーケティングサービスを提供しております。
ご興味のある方は、
お問合せフォームよりお問い合わせ頂けると幸甚です。

   

・本記事は情報提供を目的として株式会社アサツーディ・ケイ
 (以下「弊社」といいます。)
 が作成した記事であり、特定の金融商品の推奨
 (有価証券の取得の勧誘)
 を目的とするものではありません。
・本記事は、弊社が信頼できると判断した情報等に
 基づいて作成されていますが、弊社がその正確性・完全性を
 保証するものではありません。
・本記事に記載された過去のデータは、将来の結果を示唆あるいは
 保証するものではありません。
・本記事に記載された見解は情報提供を
 目的とするものであり、いかなる投資助言を提供するものではなく、
 また個別銘柄の購入/売却/保有等を推奨するものでもありません。
・記載された見解は記事作成時点のものであり、
 将来予告なしに変更する場合があります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Global Marketing Laboの更新通知を受け取る

当サイトの記事を1週間に1通のペースで更新情報や新着記事情報をお届けします。
下記のフォームにメールアドレスを入力してください。

更新通知を受け取る

当サイトの記事を1週間に1通のペースで更新情報や新着記事情報をお届けします。
下記のフォームにメールアドレスを入力してください。

▲ページTOPに戻る