グローバルマーケティング(テクノロジー&広告)のニュースに特化したニュースサービスサイト(βversion)


2019年は越境Eコマースに追い風、大手各は業容拡大に本腰。競合は複雑化する?

2019.01.17
Category: 執筆記事
執筆者/編集担当者: nakajima

 

はじめに

 
2019年1月1日、ついに注目の電商法が
施行されました。
実際の評価は、春節休暇明けまで
待たねばならないでしょう。
 
しかし大手越境Eコマース業者は、
代購の縮小が見込まれる今年は、
業容拡大の絶好のチャンスととらえています。
設備投資や組織改革など、
準備に余念がありません。
 
 
 

競合複雑化し拡大する中国越境Eコマース

 

1. 総合上位の取組み

 
越境Eコマースのランキングは
何種類も出ています。
ここでは産業データで定評のある、
中商産業研究院のものに従います。
 
それによると、1位 天猫国際、
2位 唯品国際、3位 網易考垃、
4位 京東全球購、5位 亜馬遜(アマゾン)、
6位 小紅書の順になっています。
 
1位の天猫国際では12月に“三大発展計画”を
発表しました。
 
1. 100万平米の現有倉庫を基礎に、
さらに20カ所の保税倉庫と10カ所の
海外倉庫を建設する。
 
2.“双100計画”。
100の国内外の強力ブランドと提携すること、
越境Eコマース商品を
100万アイテムに拡充する。
 
3. 物流の高速化。
当日配達、翌日配達を全国に普及させる。
という内容です。
 
4位の京東全球購では、12月末に
創業者・劉強東が次のような発言をしています。
「これからの出国旅行者は、爆買の大きな
トランクとともに帰国することはできない。
京東全球購を利用すればよい。
我々は中国人の、全世界ポーターを
引き受ける。」大した気合です。
 
同じく12月末、オーストラリアの
ブリスベーンで記者会見し、京東全球購に
“オーストラリア館”を設けると発表しました。
フランス館、韓国館、日本館につぐもので、
これは越境Eコマースの進化を意味します。
 
またオーストラリア郵便公社
(Australia Post)と
ネット通販と空海の国際物流で戦略提携を
結びました。
さらに上海の富邑葡萄酒集団と、海外葡萄酒の
買い付けで戦略提携を結んでいます。
 
 

2. 専門通販に注目

 
天猫国際や京東全球購など大手は、企業向けを
含む総合的な商品展開をしています。
これに対し、代購の重要部分を占める奢侈品、
ブランド品では、専門の越境通販サイトが
注目されています。
その一つが「寺庫」と「庫店」です。
 
寺庫は2008年に設立された、
奢侈品通販プラットフォームです。
販売だけではなく、奢侈品体験室の運営や、
鑑定、ケアなどを行っています。
 
米国ナスダック市場の上場企業です。
今年8月には京東が出資し、
提携関係を結びました。
第三四半期のGMV(一定期間の取引総額)は
2兆1946億円、前年比57.4%増と
好調です。
 
この寺庫が、今年新しいプラットフォーム
「庫店」をアップロードしました。
解説には、社群零售平台とあります。
O2O融合の新小売業と、共同購入を
掛け合わせた言葉のようです。
 
共同で数をまとめて購入すれば、
10%から50%のキャッシュバックが
得られる、というのが売りです。
代理購入に代わる、
お値打ちな商品提案でしょう。
真偽を疑う声を抑えられるかが
勝負になりそうです。
 
 

3. 越境Eコマースは、新しい競合へ

 
越境Eコマース業者たちは、
電商法の効果により、代理購入業者の売上を
飲み込んで成長することを目論んでいます。
しかし業者間の競合はより複合化しそうです。
中小代理購入業者のサイトを
吸収する争いが起こり、また庫店などの新業態が
成長すれば、競争の様相は複雑化し、
思わね変化をするかもしれません。
 
 
 

まとめ

 
高品質の海外商品熱は、今年も高温を
キープするでしょう。
大手業者にとっては、順風ではあっても、
油断のならない1年となりそうです。
 
 
参照
https://baijiahao.baidu.com/s?id=1614859156327066199&wfr=spider&for=pc
http://mini.eastday.com/a/181229104711773.html
https://baijiahao.baidu.com/s?id=1568292154561644&wfr=spider&for=pc
http://stock.caijing.com.cn/20181205/4543372.shtml
 
 
 

ADKによる中国市場ウェブマーケティングサービスについて

 

ADKでは、中国市場における
ウェブマーケティングサービスを提供しております。
ご興味のある方は、
お問合せフォームよりお問い合わせ頂けると幸甚です。

   

・本記事は情報提供を目的として株式会社アサツーディ・ケイ
 (以下「弊社」といいます。)
 が作成した記事であり、特定の金融商品の推奨
 (有価証券の取得の勧誘)
 を目的とするものではありません。
・本記事は、弊社が信頼できると判断した情報等に
 基づいて作成されていますが、弊社がその正確性・完全性を
 保証するものではありません。
・本記事に記載された過去のデータは、将来の結果を示唆あるいは
 保証するものではありません。
・本記事に記載された見解は情報提供を
 目的とするものであり、いかなる投資助言を提供するものではなく、
 また個別銘柄の購入/売却/保有等を推奨するものでもありません。
・記載された見解は記事作成時点のものであり、
 将来予告なしに変更する場合があります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Global Marketing Laboの更新通知を受け取る

当サイトの記事を1週間に1通のペースで更新情報や新着記事情報をお届けします。
下記のフォームにメールアドレスを入力してください。

更新通知を受け取る

当サイトの記事を1週間に1通のペースで更新情報や新着記事情報をお届けします。
下記のフォームにメールアドレスを入力してください。

▲ページTOPに戻る