グローバルマーケティング(テクノロジー&広告)のニュースに特化したニュースサービスサイト(βversion)


劇的に進化する中国の小売業、新零售(ニューリテール)とは何か?家具、衣料品編

2019.02.1
Category: 執筆記事
執筆者/編集担当者: nakajima

 

はじめに

 
今回は、生鮮食品のように毎日買う必要のない、
衣料品や家庭用品業界のOMOです。
具体的にどのような取り組みが
なされているのでしょうか。
まずアリババ傘下に入った、ホームセンター大手
「居然之家」を取り上げます。
 
 
 

家具、衣料品の新小売業、新零售(ニューリテール)、OMO

 

1. ホームセンター大手「居然の家」

 
居然之家は1999年設立され、
2018年11月時点で275店舗、
売場面積は1200万平米、2017年の売上は
600億元(約1兆円)という業界大手です。
2018年3月、アリババは同社株式の
15%を取得しました。
 
事業の主力は、家具、建材の販売、
室内設計及び内装、展覧会のプロデュースです。
日本と違い、中国ではマンションの内装を
買主が行うため、室内設計、内装とそれに必要な
建材の市場空間は巨大です。
 
現在、公式サイトは2019年の目標を、
売上850億元、店舗数400を掲げています。
前年、前々年の実績からすれば、
これはかなり野心的な数字です。
アリババとの提携で何が起こったのでしょうか。
 
 

2. 天地をひっくり返す大改装

 
昨年10月、アリババと居然之家は、
新零售戦略発布会を開催しました。
席上、11月11日独身の日セール
(双11)までに27都市の41店舗を
デジタル化し、双11の売上目標を
100億元とする、と発表されました。
 
デジタル化のモデル店は、2004年開業の
大型店、北京金源店です。
アリババは同店に、“天地のひっくり返る”
大改装を実施しました。
入口正面にスマートスクリーンを設置し、
ブランドと扱いテナントの位置は
一目瞭然となりました。
 
スマホでスキャンしても、
同様のテナント情報が表示されます。
体験コーナーでは、専用ロボットが、
製品の使い方を教えてくれます。
 
またAI技術を生かした“装飾試着室”では、
内装完成後のイメージを見ることができます。
さらに決済用Ipadを店員に配布したため、
もうレジは必要はありません。
 
そして店内のデータセンターでは、
消費者の一挙手一投足を把握しています。
客の流れ、滞留時間、商品に対する執着度まで
計数化します。
 
これは商品政策の決定と調整に、
大きく貢献しました。
このような大改装を、
2019年に300店舗実施する予定です。
 
双11の売上は、どうなったのでしょうか。
全国266店舗が双11のイベントに参加し、
120億2300万元の売上を記録、
目標を20%上回りました。
 
北京金源店には、長蛇の列が幾筋もでき、
店頭におけるOMO小売融合を、
見事に実現しました。
2019年の過大に思える目標には、
双11の成功で得た自信が
反映されていたのです。
 
 

3. メンズショップ海瀾之家と美団点評

 
次はテンセント系の事例です。
テンセント系はゆるやかな“連盟”のため、
居然之家のように、一気に改造した例は
ないようです。
ここでは昨年、話題となったメンズショップ
「海瀾之家」と「美団点評」の提携を
取り上げます。
 
海瀾之家はOMOに熱心なオフライン企業です。
2017年の双11では、天猫(アリババ)の
メンズ衣料部門の売上でユニクロを抑え、
見事1位に輝きました。
 
ユニクロ同様、ネット通販用特価商品の
店舗受取りを可能にしたからです。
ところがその大成功直後の2018年1月、
テンセントの出資を受け入れます。
さらに7月、テンセント陣営の美団点評と
提携しました。
 
美団点評は、海瀾之家にファッションブランド用
プラットフォームを提供しました。
MUJI ,、H&M、 ZARAと同列の
扱いです。
 
商品を選択し、「商家配送」をタップすると、
フードデリバリー「美団外売」のオートバイが、
1時間以内に配達します。
 
店舗在庫を使うため、大幅な時間短縮です。
海瀾之家はOMOの進化形として、
これをやりたかったのかも知れません。
美団外売にとっては、食事時間以外の
空き時間を、有効利用できます。
 
 
 

まとめ

 
生鮮食品、家具、メンズショップ、
どの商品分野でも、オンラインとオフラインの
垣根を無くす取組みは、
あまり変わりないようです。
 
以上、中国ニューリテールの前線を3回に
わたってみてきました。
日本のリテール業界の方々に、
少しでも参考になれば幸いです。
 
 
参照
http://www.juran.com.cn/
https://baijiahao.baidu.com/s?id=1614217034747375373&wfr=spider&for=pc
https://www.iyiou.com/p/83312.html
https://baijiahao.baidu.com/s?id=1593448951267666023&wfr=spider&for=pc
 
 
 

ADKによる中国市場ウェブマーケティングサービスについて

 

ADKでは、中国市場における
ウェブマーケティングサービスを提供しております。
ご興味のある方は、
お問合せフォームよりお問い合わせ頂けると幸甚です。

   

・本記事は情報提供を目的として株式会社アサツーディ・ケイ
 (以下「弊社」といいます。)
 が作成した記事であり、特定の金融商品の推奨
 (有価証券の取得の勧誘)
 を目的とするものではありません。
・本記事は、弊社が信頼できると判断した情報等に
 基づいて作成されていますが、弊社がその正確性・完全性を
 保証するものではありません。
・本記事に記載された過去のデータは、将来の結果を示唆あるいは
 保証するものではありません。
・本記事に記載された見解は情報提供を
 目的とするものであり、いかなる投資助言を提供するものではなく、
 また個別銘柄の購入/売却/保有等を推奨するものでもありません。
・記載された見解は記事作成時点のものであり、
 将来予告なしに変更する場合があります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Global Marketing Laboの更新通知を受け取る

当サイトの記事を1週間に1通のペースで更新情報や新着記事情報をお届けします。
下記のフォームにメールアドレスを入力してください。

更新通知を受け取る

当サイトの記事を1週間に1通のペースで更新情報や新着記事情報をお届けします。
下記のフォームにメールアドレスを入力してください。

▲ページTOPに戻る