グローバルマーケティング(テクノロジー&広告)のニュースに特化したニュースサービスサイト(βversion)


中国ネット通販の新勢力・拼多多、急成長の秘密とは?

2019.02.9
Category: 執筆記事
執筆者/編集担当者: nakajima

 

はじめに

 
ネット通販の新勢力・拼多多は、
驚異的な成長を遂げ、設立わずか3年で、
米国ナスダック市場に上場しました。
多くのネットサイトがその秘密に迫ろうと、
特集記事を組んでいます。
 
ネット通販、首位のアリババ、
2位の京東につぐ存在になった、
というサイトもあります。
 
そのアリババ、京東のサイトに
出店している日本企業はたくさんあります。
そうした企業にとっても拼多多は
気になる存在でしょう。
以下、分析を加えてみましょう。
 
 
 

ネット通販の新勢力・拼多多とは、又、日本企業の対応は

 

1. 拼多多の快進撃

 
拼多多は2015年9月、
正式にローンチしました。
家人、友人、ご近所などでグループを組み、
低価格での商品購入を目指す、
C2B型のネット通販プラットフォームと
定義されています。
拡大の様子を見てみましょう。
 
2016年2月、単月のGMV
(Gross Merchandise
Volume=一定期間の契約総額)
1000万元(1億6500万円)突破。
顧客数2000万突破。
 
2016年7月、顧客数1億突破、
シリーズBで1億1000万ドル調達。
テンセントが融資。
2016年12月、単月のGMV20億元に。
2017年、年間のGMV1412億元に。
2018年、第一四半期GMV622億元。
年間見通し3000億元。
2018年7月、米国ナスダック市場へ上場。
 
アリババはGMV1000億元を
突破するのに5年、京東は
10年かかっています。
拼多多は実質2年、
目もくらむようなスピードです。
 
 

2. 大成功したテンセントとの提携

 
拼多多は“社交電商”を標榜しています。
正確に訳せば、
ソーシャルネットワーキングネット通販、
でしょうか。
実利と買い物の楽しさを分かち合う、
新しいモデルの改革者、だそうです。
 
一般に、狭い地域で行われれ、
家庭と小さな小売業者を結ぶのみだった団購
(共同購入)を全国規模に拡大しました。
これを拼多多の創業者は、
コストコ+ディズニー、モデルと呼んでいます。
安さと大きさ+楽しさの表象でしょうか。
 
成功の大きな力となったのは、
テンセントとの提携です。
団購の大部分は、同社のもつユーザー数10億を
誇る同社の国民的SNS・微信を
通じて行われています。
 
そのテンセントは、微信上に企業の製品情報が
あふれているのを見て、もっと低コストで企業と
顧客を結びつけるサービスはできないか、
と考えました。
それは微信小程序(ミニプログラム)となって
具体化します。
 
2017年1月のことです。
出資を受けていた拼多多は、
もちろんこれに参加しました。
 
これはスマホ上で、パソコンの
Windowsなど基本OSの地位を
目論むもので、ミニプログラムに
参加したアプリは、Apple Storeや
Google Playから、
いちいちダウンロードする必要がなくなります。
これは拼多多にとって大きくプラスに
働きました。
 
もともとSNSとの親和性が高いうえ、
玄関が大きくなったのです。
現在の客数は、従来のアプリ経由より、
微信ミニプログラム経由の方が上回っています。
拼多多と微信ミニプログラムは、
完璧なウインウインの関係となったのです。
 
 

3. 日本企業には時期早尚か?

 
一方、急成長の影の部分もさかんに
論じられています。
偽物の横行はその典型です。
不良品率や顧客満足度の低さも問題です。
 
また拼多多の“値切り”は市場を
混乱させるだけ、という指摘もあります。
そして従来の狭い範囲の団購も
相変わらず盛況です。
 
そんな中、拼多多は新しい商品供給先の
開拓に努めています。
拼多多商家后台というプラットフォームに、
登録することができます。
 
しかし現在の拼多多プラットフォームと
親和性が高いのは、薄利多売型の商品でしょう。
ブランド力のある日本企業の商品は、
現状では相容れないのではないでしょうか。
 
アリババ、京東への出店と拼多多は、
別ものと考えた方がよさそうです。
また2019年1月1日には、
越境Eコマースに大きく関わる電商法が
施行されます。

これも中国市場へのアクセスに
大きく関わってきます。
2019年は少なくとも春節後くらいまでは、
様子見をしたいところです。
 
 
参照
https://baike.baidu.com/item/GMV/19473199?fr=aladdin
https://baijiahao.baidu.com/s?id=1605118538435899378&wfr=spider&for=pc
https://baijiahao.baidu.com/s?id=1607040933855335850&wfr=spider&for=pc
https://baijiahao.baidu.com/s?id=1609574978787700804&wfr=spider&for=pc
 
 
 

ADKによる中国市場ウェブマーケティングサービスについて

 

ADKでは、中国市場における
ウェブマーケティングサービスを提供しております。
ご興味のある方は、
お問合せフォームよりお問い合わせ頂けると幸甚です。

   

・本記事は情報提供を目的として株式会社アサツーディ・ケイ
 (以下「弊社」といいます。)
 が作成した記事であり、特定の金融商品の推奨
 (有価証券の取得の勧誘)
 を目的とするものではありません。
・本記事は、弊社が信頼できると判断した情報等に
 基づいて作成されていますが、弊社がその正確性・完全性を
 保証するものではありません。
・本記事に記載された過去のデータは、将来の結果を示唆あるいは
 保証するものではありません。
・本記事に記載された見解は情報提供を
 目的とするものであり、いかなる投資助言を提供するものではなく、
 また個別銘柄の購入/売却/保有等を推奨するものでもありません。
・記載された見解は記事作成時点のものであり、
 将来予告なしに変更する場合があります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Global Marketing Laboの更新通知を受け取る

当サイトの記事を1週間に1通のペースで更新情報や新着記事情報をお届けします。
下記のフォームにメールアドレスを入力してください。

更新通知を受け取る

当サイトの記事を1週間に1通のペースで更新情報や新着記事情報をお届けします。
下記のフォームにメールアドレスを入力してください。

▲ページTOPに戻る