グローバルマーケティング(テクノロジー&広告)のニュースに特化したニュースサービスサイト(βversion)


蘇寧は小売業界最大のダークホース、OMOを急展開、1年で8000店舗を出店する大暴れ。

2019.02.21
Category: 執筆記事
執筆者/編集担当者: nakajima

 

はじめに

 
最近、中国のネットニュースでは、
蘇寧の話題が目を引きます。
もともと家電量販店の大手として、
もう一方の雄・国美電器とともに“美蘇”と
並び称されていました。
 
日本ではラオックスの
親会社として知られています。
その蘇寧は苦境に陥った後、
恐るべき復活を遂げ、
再び小売業界を賑わせています。
蘇寧は、何を目指しているのでしょうか。
 
 
 

蘇寧の変遷 と今後の展開

 

1. 蘇寧の変遷

 
蘇寧は、家電量販店のトップに
君臨していました。
日本のヤマダ電機のような存在です。
日本のラオックスを買収したのは、
その絶頂期、2009年のことでした。
 
ところが2012年以降、
時代の変化に乗り遅れ、
業績は急激に悪化します。
その一方でこの年から、
ネット通販「蘇寧易購」の運用を開始しました。
 
しかし業績は改善せず、
2015年にはアリババから283億元の
出資を受け入れ、さらにアリババの
B2Cサイト天猫にも参加しました。
 
ここから蘇寧のネット通販は、蘇寧易購と
天猫旗艦店の2本立てとなります。
この効果は大きく、2017年末には、
家電量販店1位、総合ネット通販でも、
アリババ、京東に次ぎ3位につけました。
 
OMO
(Online Merged
Offline)小売融合のユニークな企業に、
3年で生まれ変わったのです。
 
2018年は、その勢いにまかせOMO
コンビニ「蘇寧小店」などグループで
8000店ものを出店をしています。
蘇寧小店4000店、蘇寧零售雲店1900店、
その他蘇寧易購雲店、蘇寧極物、蘇鮮生、
蘇寧紅孩、蘇寧影城、蘇寧体育、
蘇寧汽車超市などです。
 
2019年の出店目標は15000店と
発表しました。
耳を疑うような数字です。
さらに社交電商(共同購入サイト)にも
進出も表明しています。
 
また出店のため、不動産大手の「恒大」
「碧桂園」「万大」とも戦略提携を結びました。
中国メディアは、この蘇寧の振る舞いを、
小売業界最大の黒馬(ダークホース)と
称しています。
 
 

2. 蘇寧小店

 
2017年12月蘇寧は、コンビニ
「蘇寧小店」を2018年に
1500店舗開店させると発表しました。
商品構成は日系主流コンビニに準じますが、
生鮮を30%と多めにしています。
 
最初からOMO体系でのスタートです。
2キロ圏内は1時間以内に配達します。
結局、2018年の出店実績は、当初計画の
2倍以上、4000店近くにふくらみました。
 
その蘇寧小店は2019年1月、アプリに
社区拼団(共同購入コミュニティ)機能を
追加しました。
これは現在最も注目されているC2Bの
販売手法です。
 
「拼多多」はこの方式でスタートし、
3年で米国ナスダック市場へ上場という大成功を
収めました。
そのため後続のアプリが続々と
誕生している状況です。
 
その共同購入市場へ参入します。
現在10万人の団長(コミュニティリーダー)を
募集しています。
1コミュニティ当たり200人の想定ですから、
2000万人の商圏を確保する計画です。
 
 

3. AI小売業は端末(店)があってこそ

 
蘇寧小店の出店目標は2万店です。
そのため1100の地域倉庫、45の冷凍倉庫、
2万の宅配ステーションを設置する計画です。
世界23カ国147産地と組み、
海外食材の直接仕入れも行う予定です。
 
蘇寧の計画が見えてきました。
アリババ、テンセントの2大巨頭のように、
他企業に出資して傘下に収めるグループ戦略は
取れません。
 
アリババグループの一端に
位置していることもあります。
ただし手持ちのアリババ株は売却しています。
そこで将来はわかりませんが、
現時点では基本的に、自力でカバーする戦略を
取ることになります。
 
蘇寧の張近東董事長は
「なぜそんなに店舗展開を急ぐのか?」
という問いに、「未来のスマート小売業とは、
AIの端末を意味するだからだ。」
と述べています。
 
端末(店)を持っていなければ、
他に何を持っていても無意味だ、
という考え方でしょうか。
 
しかし拙速の感はまぬがれません。
2018年決算では赤字だったラオックスの業績も
気になるところです。
この辺りは、いかにもダークホースといった
趣きです。
 
 
参照
https://baijiahao.baidu.com/s?id=1620341557723776508&wfr=spider&for=pc
https://baijiahao.baidu.com/s?id=1623225441544165684&wfr=spider&for=pc
https://baijiahao.baidu.com/s?id=1621196932871236734&wfr=spider&for=pc
http://baijiahao.baidu.com/s?id=1586497040153290250&wfr=spider&for=pc
 
 
 

ADKによる中国市場ウェブマーケティングサービスについて

 

ADKでは、中国市場における
ウェブマーケティングサービスを提供しております。
ご興味のある方は、
お問合せフォームよりお問い合わせ頂けると幸甚です。

   

・本記事は情報提供を目的として株式会社アサツーディ・ケイ
 (以下「弊社」といいます。)
 が作成した記事であり、特定の金融商品の推奨
 (有価証券の取得の勧誘)
 を目的とするものではありません。
・本記事は、弊社が信頼できると判断した情報等に
 基づいて作成されていますが、弊社がその正確性・完全性を
 保証するものではありません。
・本記事に記載された過去のデータは、将来の結果を示唆あるいは
 保証するものではありません。
・本記事に記載された見解は情報提供を
 目的とするものであり、いかなる投資助言を提供するものではなく、
 また個別銘柄の購入/売却/保有等を推奨するものでもありません。
・記載された見解は記事作成時点のものであり、
 将来予告なしに変更する場合があります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Global Marketing Laboの更新通知を受け取る

当サイトの記事を1週間に1通のペースで更新情報や新着記事情報をお届けします。
下記のフォームにメールアドレスを入力してください。

更新通知を受け取る

当サイトの記事を1週間に1通のペースで更新情報や新着記事情報をお届けします。
下記のフォームにメールアドレスを入力してください。

▲ページTOPに戻る