グローバルマーケティング(テクノロジー&広告)のニュースに特化したニュースサービスサイト(βversion)


OMO返る中国の物流。アリババの菜鳥物流と餓了蘑の買収

2019.03.2
Category: 執筆記事
執筆者/編集担当者: nakajima

 

はじめに

 
中国の小売業は、アリババの
ジャック・マー会長の提出した、
新零售(ニューリテール)、
概念の提出以来、大きく変わっています。
 
無人コンビニ、無人商品ラック、
スマート店舗や、小売+飲食の複合店など、
新業態またはボーダレス型が、
続々と登場したのもその1つです。
 
しかし中心はOMO
(Online Merges
Offline)です。
その最終目標は、どこでもほぼ同時に、
同サービスを提供することです。
 
生鮮食品の3キロ圏30分以内配達、
衣料品の1時間以内配達、などが代表事例です。
それらが進歩するほど重要になり、
ときにネックともなるのは物流です。
以下中国の物流改革を見ていきましょう。
 
 
 

中国の物流改革

 

1. 菜鳥網絡(物流)の設立

 
中国の物流コストは、かつてGDPの18%も
ありました。
先進国では、米国8.2%、日本8.5%と
8%台、世界平均は11.7%となっています。
2017年は、下降したものの依然として
14.5%を占めています。
 
その総額は12兆元で、そのうち76%、
約9兆元は陸送でした。
これは改革のし甲斐がありそうです。
 
アリババでは、爆発的に
拡大するネット通販事業に、
物流がネックとなりました。
 
その解決策として、外部の力を結集します。
2013年5月、銀泰集団、復星集団、
富春集団、順豊、申通、園通、韵達、中通の
各社とともに、菜鳥網絡科技有限公司を
設立したのです。
 
アリババの出資比率は43%、銀泰32%、
復星と富春が10%、残り5社の運送会社は
各1%ずつです。
董事長にはアリババのジャック・マー会長が
自ら就任します。
 
同社は、関連する金融機関とも共同して
「中国智能物流幹網」を組織しました。
物流資源の自主開発だけでなく、シェアをも
目指すプラットフォームです。
 
他社の参加により物流網の付加価値を
上げるのです。
これに1000億元(1兆6200億円)を
投資し、一日当たり300億元、
年間10兆元相当の物流処理能力を構築します。
 
そして中国全土の24時間以内配送、
全世界72時間以内を目標にします。
そして物流GDP比5%達成に貢献する、
としています。
 
 

2. フードデリバリーとオバーラップ

 
雄大な構想ですが、設立後6年経ち、
当初の想定からは変化しています。
単純な物流プラットフォームではなく、
新零售の物流という役割が付加されたこと。
国際向けシフトが進んだこと、の2つです。
 
スマホ時代の到来は、数々の新サービスを
生みました。
フードデリバリーサービスもその1つです。
簡単に言えば、レストランを
網羅した出前サービスですが、
市場規模は急拡大しています。
 
2015年第三四半期の145億元から、
3年後の2018年第三四半期には、
1275億元と約9倍になりました。
有名レストランの前には、
黄色の美団外売(テンセント系)青色の
「餓了蘑」(アリババ系)のオートバイが
たむろしています。
 
業界は合従連衡の末、
この2社に集約されました。
美団の配送員は50万人超え、
餓了蘑は、登録配送員300万人と
記載されています。
 
やがてフードデリバリーは、
フード以外にも進出し、OMOの即時配送と、
オーバーラップし始めます。
アリババが2018年4月餓了蘑を
買収したのは、
こうした流れそのものといえます。
 
 

3. 無人配送への道

 
OMO各社とフードデリバリーは、
配送員の確保でも激しく
バッティングしています。
 
しかし、やがて限界が来るのは目に見ています。
その先に見据えているものは、
誰もが同じでしょう。
それは無人配送です。
現在“五大勢力”が挑戦しています。
 
1.ベンチャー企業―智加科技(幹線物流)
主線科技(港湾区)慧拓智能(鉱山)など。
 
2.自動車メーカー―北汽福田、一汽解放、
中国重汽、東風卡車(幹線物流と
クローズドサーキット内)など。
 
3.IT巨頭―百度(幹線物流)菜鳥、
京東(幹線物流、最後の1キロ配送)
美団(最後の1キロ)ファーウェイ(幹線物流)
 
4.サプライヤー―博世、大陸、采埃孚、
威伯科、克諾爾(記載なし)
 
5.物流会社―満帮集団、G7、獅僑集団、
順豊物流、蘇寧物流(幹線物流)
 
自動車メーカーと物流会社は幹線を重視し、
IT巨頭は最後の1キロを
重視しているのがわかります。
こうしたメンバーが、
9兆元市場(2017年)の改革に挑みます。
 
次回は、直営物流を貫く京東の思想と、
アリババ、京東、それぞれの無人プロジェクトを
見ていきましょう。
 
 
参照
https://baijiahao.baidu.com/s?id=1622812745449989616&wfr=spider&for=pc
https://baijiahao.baidu.com/s?id=1617099490267892146&wfr=spider&for=pc
https://baijiahao.baidu.com/s?id=1624327059820478795&wfr=spider&for=pc
 
 
 

ADKによる中国市場ウェブマーケティングサービスについて

 

ADKでは、中国市場における
ウェブマーケティングサービスを提供しております。
ご興味のある方は、
お問合せフォームよりお問い合わせ頂けると幸甚です。

   

・本記事は情報提供を目的として株式会社アサツーディ・ケイ
 (以下「弊社」といいます。)
 が作成した記事であり、特定の金融商品の推奨
 (有価証券の取得の勧誘)
 を目的とするものではありません。
・本記事は、弊社が信頼できると判断した情報等に
 基づいて作成されていますが、弊社がその正確性・完全性を
 保証するものではありません。
・本記事に記載された過去のデータは、将来の結果を示唆あるいは
 保証するものではありません。
・本記事に記載された見解は情報提供を
 目的とするものであり、いかなる投資助言を提供するものではなく、
 また個別銘柄の購入/売却/保有等を推奨するものでもありません。
・記載された見解は記事作成時点のものであり、
 将来予告なしに変更する場合があります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Global Marketing Laboの更新通知を受け取る

当サイトの記事を1週間に1通のペースで更新情報や新着記事情報をお届けします。
下記のフォームにメールアドレスを入力してください。

更新通知を受け取る

当サイトの記事を1週間に1通のペースで更新情報や新着記事情報をお届けします。
下記のフォームにメールアドレスを入力してください。

▲ページTOPに戻る