グローバルマーケティング(テクノロジー&広告)のニュースに特化したニュースサービスサイト(βversion)


電商法2ヵ月レポート、官製メディアが許容範囲を暗示?

2019.03.4
Category: 執筆記事
執筆者/編集担当者: nakajima

 

はじめに

 
中華人民共和国電子商務法(以下電商法)が
施行されて2ヵ月、最初の“繁忙期”春節休暇を
経過しました。
 
 
 

電商法と代購業者の実情

 
複数の官製メディアが、
この2ヵ月の検証を行っています。
それらを参照しながら、
電商法と代購業者の実情を探ってみましょう。
 
 

1. 狭まるグレーゾーン

 
まず、国務院新聞辯公室と
中国外文出版発行事業局の
管理する「中国網」の記事です。
 
電商法の主旨は、オンライン上の電子商店を、
実体店と同様に扱うことにあります。
そして対象は、これに従事するすべての自然人、
法人、非営利組織に及びます。
 
したがって、アリババのC2Cプラットフォーム
“淘宝”に出店し、代購商品の転売をしていた
“個人”も、工商登録を行い、
納税をしなければなりません。
 
米国カリフォルニア州から、
商品を仕入れるシュミレーションを
してみましょう。
書類には定価を記載し、アンダーバリューなどの
価格操作は厳禁です。
 
そして海外に自前の公式サイトを開設し、
国内工商営業執照とともに、
カリフォルニア州での営業許可を
添付しなければなりません。
 
ここまで個人で行うのは、実質不可能です。
するとこれまでの職業的代購は、
基本的にSNSの“朋友圏”の中に
押し込められるしかありません。
 
代購を生業としていた某氏は、
運営していた淘宝のネットショップ4つを
閉店し、朋友圏に閉じこもりました。
そこで自分のQRコードを設置し、
モバイル決済を可能にしたそうです。
 
また別の米国化粧品専門の代購業者は、
「保険をかけるため」SNSに
取引用アカウントを設置しました。
 
そして、電商法のプレッシャーは強まり、
代理購入業者にとっての“グレーゾーン”は
狭まる一方と“新政”の成果を強調することも
忘れていません。
 
 

2. 杭州の代購業者たち

 
次はアリババの本拠地、杭州市の
新華社杭州支局による分析記事です。
アリババによる何らかの影響は
あるのでしょうか。
 
営業許可(工商営業執照)を
取るか取らないかは、
小さな代購業者にとって議論の的でした。
新華社杭州は、年間最大級のかき入れ時、
春節休暇に代購業者9人(社)の取材を
行いました。
すると彼らのスタンスは
基本的に“観望”でした。
 
そのうちの1人、O女史は
「商品の紹介は続けている。」と言い切ります。
そして「広告活動は3日間休止した。
コスト上昇は避けられず、
数量も限定されると思う。」と考えています。
彼女は当分の間、工商登録はしない考えです。
 
子供服を行うH女史は「1つ100人規模の微信
(We Chat)群を複数持っている。
今も、毎日商品の発送を行っている。」
「電商法の内容はよく知らない。
当然、許可証の取得は考えたこともない。」と
述べています
 
もう1人、レディースファッションを、
やはり淘宝で販売している某業者は
「許可証取得の必要性は知っている。
しかし、いつまでに、どの範囲までの業者が
対象なのか、具体的にわからない。」
という立場です。
 
 

3. 落としどころを暗示している?

 
電商法の関連規定は、
企業アカウントはもちろん、ミニプログラム、
朋友圏、私信、
オンライン動画 ショート投稿動画、
による営業であっても、法を
尊守しなければならない、と定めています。
 
しかし業界では、現在の電商法運用は、
淘宝などで転売する業者を一時的に取り締まる
“緩い規定”と見做しているようです。
零細少額な取引にまで登記を促すものではない、
という解釈です。
 
記事は最後に、浙江工商大学法学院の、
「実際に商工登記は電商法の
一部分にすぎないだろう。
しかしネットショップ経営者は、企業と代購の
全体について、さらに遵法意識を
高めなければならない。」というコメントを
載せています。
 
この記事タイトルは「変化と不変の共存」
となっています。
まだこれから、という意味でしょう。
しかし何となく、この辺りが
ボーダーラインになりそう、
と落としどころを示唆しているようにも
聞こえます。
 
そして大部分の代購業者は、活動を縮小し、
落としどころを
見極めようという姿勢のようです。
そのため、春節の繁忙期、大きな混乱は
聞こえていません。
EMSも問題なく着いた、
という在日中国人もいました。
もうしばらくの間、腹の探り合いが
続くことになりそうです。
 
 
参照
http://finance.china.com.cn/industry/20190220/4900748.shtml
http://www.xinhuanet.com//mrdx/2019-02/15/c_137823370.htm
http://www.100ec.cn/detail–6497063.html
 
 
 

ADKによる中国市場ウェブマーケティングサービスについて

 

ADKでは、中国市場における
ウェブマーケティングサービスを提供しております。
ご興味のある方は、
お問合せフォームよりお問い合わせ頂けると幸甚です。

   

・本記事は情報提供を目的として株式会社アサツーディ・ケイ
 (以下「弊社」といいます。)
 が作成した記事であり、特定の金融商品の推奨
 (有価証券の取得の勧誘)
 を目的とするものではありません。
・本記事は、弊社が信頼できると判断した情報等に
 基づいて作成されていますが、弊社がその正確性・完全性を
 保証するものではありません。
・本記事に記載された過去のデータは、将来の結果を示唆あるいは
 保証するものではありません。
・本記事に記載された見解は情報提供を
 目的とするものであり、いかなる投資助言を提供するものではなく、
 また個別銘柄の購入/売却/保有等を推奨するものでもありません。
・記載された見解は記事作成時点のものであり、
 将来予告なしに変更する場合があります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Global Marketing Laboの更新通知を受け取る

当サイトの記事を1週間に1通のペースで更新情報や新着記事情報をお届けします。
下記のフォームにメールアドレスを入力してください。

更新通知を受け取る

当サイトの記事を1週間に1通のペースで更新情報や新着記事情報をお届けします。
下記のフォームにメールアドレスを入力してください。

▲ページTOPに戻る