グローバルマーケティング(テクノロジー&広告)のニュースに特化したニュースサービスサイト(βversion)


中国で今「ホット」な冷凍食品市場

2019.04.26
Category: 翻訳記事
執筆者/編集担当者: nakajima

 

はじめに

 
中国の冷凍食品市場は巨大な需要に支えられ、
2024年までに264億9,280万米ドルに
なることが見込まれています。
中国の消費者はますます洗練されており、
食品を購入する際は念入りに
選ぶようになっています。
この傾向は今後数年で中国の冷凍食品市場を
席巻することが予想されます。
 
 
 

拡大する 中国の冷凍食品市場の中身と将来

 
冷凍食品業界のターゲットはさらに学校や
軍事キャンプ、観光、ファストフード業界や
その他の分野に広がることでしょう。
主要な企業は保冷輸送に特化した巨大な
自動制御型の工場や倉庫を建設し、
中国の冷凍食品市場を押し上げようと
高品質の原料の使用を進めています。
 
 

1. 冷凍食品市場の力学

 
ここ数年、中国の冷凍食品産業は急速に
発展しています。
中国人の食習慣の変化が需要を
押し上げていますが、中国では急拡大する需要に
応えることができそうです。
 
即食もしくは食材を追加するタイプの冷凍食品や
チルド食品、常温保存可能食品は
今後大きな需要が見込めることが
判明しています。
 
今日ミレニアル世代は活動的な
ライフスタイルを送っており、
料理に割く時間が乏しいことも冷凍食品市場の
成長の主な牽引力となっています。
また、冷凍食品の簡便性も今後の市場成長を
後押しする主な要因といえるでしょう。
 
中国のハイパーマーケットやスーパー、
コンビニは、中国産冷凍食品の
取り扱いにより過去最高の利益率を
記録する見込みです。
 
中国人の食や食習慣に関する考え方は
変化してきており、中国の食品製造においては
新たな動きが生まれています。
消費者は「より良い品質、さらに健康的な食材、
もっと頼りになる栄養素」を
求めるようになってきているのです。
 
 

2. 冷凍食品業界の市場規模(タイプ別)

 
中国の冷凍食品市場の大手はSinianや
三全食品、Longfengなどで、
世界中に商品を輸出している三全食品は
この中でも突出した最大手企業です。
 
調理済冷凍食品は新たに注目すべき部門で、
調査会社ミンテルによると2020年までに
年平均9.5%の成長率が見込まれており、
特に魚は付加価値が高いとしています。
以下に飛躍的に需要が伸びている部門と
2016年から2020年の
成長予測を示します。
 
・朝食向け冷凍食品:42%
・低カロリー/健康に気を使う人向けの冷凍食品:39%
・携帯用冷凍食品:31%
・子供向け冷凍食品:28%
 
冷凍魚介類
 
中国人の新たな消費習慣と都市型の
ライフスタイルにより、
中国では冷凍魚介類市場は最も魅力的な市場の
1つ担っています。
チルドや冷凍食品への消費者の飽くなき欲を
指摘するレポートも存在します。
 
例えば、毎年8億8,300万米ドル相当の
アラスカ産の冷凍スケトウダラが中国に
輸入されています。
また、甲イカやイカの出荷は
年間4億4,500万米ドルに上り、
タラ類も同様に伸びています。
 
タラバガニやロブスターなどの最高級品の
輸入価格は値上がりしています。
都市部には様々なグルメ志向があり、
中国向けの冷凍ガニの輸出額は
年間1億7,000万米ドルで、
年に約5億米ドルのロブスター
(伊勢エビやオマール海老含む)を
輸入してもいるのです。
 
タイプ別分類
 
・調理済冷凍食品
・冷凍ピザ
・冷凍肉
・冷凍ジャガイモ製品
・冷凍パン製品
・その他
 
将来的には、食べやすさと調理のしやすさから
冷凍ジャガイモ製品が一番の急成長を見せ、
次いで冷凍肉や調理済冷凍食品が伸びることが
期待されています。
スープや果物、野菜を含む他の部門は、
冷凍パン製品よりも伸長すると予想されます。
 
中国の都市に住む消費者の嗜好や
消費行動に関して、消費者の48%が冷凍豚肉を
購入しているといいます。
加えて、中国の人口の70%は食の安全が
重要だと考えているため、
高品質の冷凍食品が業界を急成長に導くと
期待されているのです。
 
 

3. 冷凍食品ビジネスのしやすさを分析する

 
可処分所得の上昇と都市化の進行により、
中国は冷凍食品の購買力の
主要な牽引役となることが予想されます。
 
政府により輸入関税が引き下げられ、
販路拡大には理想的な市場です。
多国籍ブランドの冷凍食品は
中国ではまだ高額ですが、
洗練されていて健康を気にかける中国の
消費者は、高品質な食品にお金を
払う用意ができています。
 
欧米の食品サービスを志向したり影響を受けて、
非ベジタリアン向けの冷凍食品も
大きな市場シェアを占めるようになっています。
このトレンドは西洋料理のレストランの
増加により後押しされており、寿司や大皿料理、
ロブスター、牡蠣などの輸入シーフードの
需要増が予想されています。
 
 
 

ADKによる中国市場ウェブマーケティングサービスについて

 

ADKでは、中国市場における
ウェブマーケティングサービスを提供しております。
ご興味のある方は、
お問合せフォームよりお問い合わせ頂けると幸甚です。

   

参考記事はこちら
FROZEN FOOD IS A “HOT” MARKET IN CHINA (OPPORTUNITIES FOR BRANDS)

「この記事はmarketingtochina.comの許諾を得て編集/翻訳(抄訳)/執筆しています。」

 

・本記事は情報提供を目的として株式会社アサツーディ・ケイ
 (以下「弊社」といいます。)
 が作成した記事であり、特定の金融商品の推奨
 (有価証券の取得の勧誘)
 を目的とするものではありません。
・本記事は、弊社が信頼できると判断した情報等に
 基づいて作成されていますが、弊社がその正確性・完全性を
 保証するものではありません。
・本記事に記載された過去のデータは、将来の結果を示唆あるいは
 保証するものではありません。
・本記事に記載された見解は情報提供を
 目的とするものであり、いかなる投資助言を提供するものではなく、
 また個別銘柄の購入/売却/保有等を推奨するものでもありません。
・記載された見解は記事作成時点のものであり、
 将来予告なしに変更する場合があります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Global Marketing Laboの更新通知を受け取る

当サイトの記事を1週間に1通のペースで更新情報や新着記事情報をお届けします。
下記のフォームにメールアドレスを入力してください。

更新通知を受け取る

当サイトの記事を1週間に1通のペースで更新情報や新着記事情報をお届けします。
下記のフォームにメールアドレスを入力してください。

▲ページTOPに戻る