グローバルマーケティング(テクノロジー&広告)のニュースに特化したニュースサービスサイト(βversion)


中国で人気の高いおやつ

2019.06.17
Category: 翻訳記事
執筆者/編集担当者: nakajima

 

はじめに

 
中国に輸出したい商品について今まで色々と
紹介してきましたが、味の好みは違っても、
中国人は美味しいおやつをとても好みます。
これをみすみす見過ごすのは残念なことで、
海外企業にとっては非常に利益が見込める
ビジネスになるといえるでしょう。
 
 
 

中国における知られざる おやつの名品

 
昔ながらのエビチップスや油条
(細長い揚げパン)はさておき、
今回は注目に値する知られざる名品を
ご紹介しましょう。
 
 

1. 中国で味わいたい美味しいおやつ7つ

 
中国のおやつ業界の成長率は年15%ほどで
堅実に成長しています。
2011年の売上は2,000億元
(289億米ドル相当)以上あり、
2019年までに売上規模は5,000億元
(723億米ドル相当)に達すると
見込まれています。
 
1. ローズケーキ
 
雲南省発の手作り菓子で、
パイ生地のように多層に膨らんだ平たいお米の
生地の中に、バラの花びらがまるごと入った餡を
詰めたものです。
当地ではバラを摂取すると肌の色つやが
良くなることが知られています。
 
中に入っている餡は
フルーツゼリーのような食感で、
砂糖は全く入っていないヘルシーなお菓子です。
ごま餡入りのバージョンも販売されています。
 
2. マーファー(麻花)
 
ふんわりして脂っこい油条と混同するなかれ。
マーファーは揚げたカリカリのねじり菓子です。
中国のスーパーでは一年中売られていますが、
家庭で手作りされたマーファーは
さらに美味です。
マーファー製造で最大手なのは
天津に拠点のあるGuifaxiangです。
 
3. 生姜入り黒糖キューブ
 
雲南省の驚くべき職人技の2つめは、
生姜スパイス入りの黒糖キューブ。
お湯に溶かしてお茶のようにして飲みます。
中国女性のあいだで人気が高く、
生理中の腹痛を和らげる効果があります。
 
甘い紅茶とコーヒーの中間くらいの
心地よい味で、ヘーゼルナッツと
呼ぶ人もいます。
花びらをキューブに封入した変わり種も
ありますが、痛みを和らげる効果が
ほしい場合は、伝統の生姜スパイス入りの
キューブがいいでしょう。
 
4. スパイシーな乾燥肉そぼろパン
 
乾燥豚肉のでんぶは伝統的な四川料理の一つ。
スパイシーな肉でんぶをロールパンの表面に
まぶした軽食は、シンガポール系の
ベーカリーチェーンのBreadTalkや、
韓国系のTous les Jours、
Paris Baguetteのお店で手に
入ります。
 
5. そば茶
 
中国茶の名声は確立しており、
雲南省のプーアール茶や杭州の龍井茶、
福建省の白牡丹茶などが知られています。
ただ、欧米人にはほぼ知られていない、
そば粉を煎ったお茶は中国語では「苦蕎茶」、
日本では「そば茶」と称され、
原料は中国の雲南省から輸入されています。
 
そば茶のメリットは他のお茶と違って
カフェインが含まれていないところです。
また、糖質フリーでデトックス効果もあるので、
日々常飲するのに理想的なお茶とも
いわれています。
 
6. ナッツ入り乾燥ナツメ
 
クルミを詰めた乾燥ナツメは
南欧でもお馴染みで、
あちらでは他にアーモンドペーストやクルミを
詰めた乾燥ナツメヤシもあります。
 
中国ならどこのスーパーでも小袋入りで
ドライフルーツの棚においてあります。
砂糖不使用でも甘くてカリッとした食感です。
ナツメは身体の機能を整えるのに優れ、
ナッツ類は心臓によいとされています。
 
7. 砂糖漬けフルーツ(Bingtanghulu)
 
ここまで紹介したどの食べ物よりも、
ヨーロッパの旅行者には
よく知られたお菓子です。
Bingtanghuluとはサンザシの実を
串に刺して水飴をまとわせたもので、
中国北方では一般的なお菓子です。
 
Bingtanghuluは通り沿いの
小さな店や観光客がいるスポットで
売られています。
唯一の欠点は、サンザシの種を口から出して
捨てなければならない点ですが、
食べてみる価値は十分あります。
 
 
 

ADKによる中国市場ウェブマーケティングサービスについて

 

ADKでは、中国市場における
ウェブマーケティングサービスを提供しております。
ご興味のある方は、
お問合せフォームよりお問い合わせ頂けると幸甚です。

   

参考記事はこちら
THE MOST POPULAR SNACK FOODS IN CHINA

「この記事はmarketingtochina.comの許諾を得て編集/翻訳(抄訳)/執筆しています。」

 

・本記事は情報提供を目的として株式会社アサツーディ・ケイ
 (以下「弊社」といいます。)
 が作成した記事であり、特定の金融商品の推奨
 (有価証券の取得の勧誘)
 を目的とするものではありません。
・本記事は、弊社が信頼できると判断した情報等に
 基づいて作成されていますが、弊社がその正確性・完全性を
 保証するものではありません。
・本記事に記載された過去のデータは、将来の結果を示唆あるいは
 保証するものではありません。
・本記事に記載された見解は情報提供を
 目的とするものであり、いかなる投資助言を提供するものではなく、
 また個別銘柄の購入/売却/保有等を推奨するものでもありません。
・記載された見解は記事作成時点のものであり、
 将来予告なしに変更する場合があります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Global Marketing Laboの更新通知を受け取る

当サイトの記事を1週間に1通のペースで更新情報や新着記事情報をお届けします。
下記のフォームにメールアドレスを入力してください。

更新通知を受け取る

当サイトの記事を1週間に1通のペースで更新情報や新着記事情報をお届けします。
下記のフォームにメールアドレスを入力してください。

▲ページTOPに戻る