グローバルマーケティング(テクノロジー&広告)のニュースに特化したニュースサービスサイト(βversion)


中国の奢侈品市場は国内回帰で絶好調。2年連続の20%アップ。ネット通販に勢い

2019.06.24
Category: 執筆記事
執筆者/編集担当者: nakajima

 

はじめに

 
貝恩公司(米国Bain Capital)の
発表した「中国奢侈品市場研究」によると、
2018年、中国の奢侈品(贅沢品)市場は、
1700億元、前年比20%増でした。
2017年は、1420億元、
やはり20%伸びています。
 
 
 

中国の奢侈品(贅沢品)市場の動向

 
2012~2016年の5年間は、
ほぼ横ばいでしたから、ここ2年、
急上昇しています。
 
そして全世界奢侈品の33%を占めたと
見られます。
経済減速と言われる目下の状況とは、
真逆です。
中国の奢侈品市場は、
どう動いていくのでしょうか。
 
 

1. 政策の調整と千禧一代

 
現在中国では奢侈品政策の調整を進めています。
輸入関税の調整やグレーゾーンに
対する監督強化を行い、
内外価格差を縮小することで、
国内市場での購入促進を図ります。
 
目標は、香港、シンガポール、ニューヨーク、
ロンドンより安く供給することです。
その一方で、代購や脱税の取締り(電子商務法)
も強化します。
こうした国内市場回帰の動きがが、
奢侈品市場のエネルギーに転化しています。
 
もう一つの注意点は、千禧一代
(ミレ二アル世代、23~38歳)の
奢侈品消費意欲の強さです。
彼らは奢侈品市場に対する理解が深く、
新しい流行にも敏感です。
 
この世代では、女性の動きがより活発です。
2018年のデータでは、女性用化粧品は
25%以上伸びているのに対し、
男性が主導する腕時計は
10%増にとどまっています。
 
また、オンライン販売は27%伸びました。
各社は販促予算の50%以上を、
デジタル化営業に投じています。
 
 

2. 高級ブランド好調

 
5月上旬、LVMHではルイヴィトンブランドの
CEOが、我々は中国市場で
“前例のない成長”を遂げている、
と表明しました。
 
中国の好調により、LVMHだけでなく、
エルメスやケリングの株価も
上昇しているようです。
早速、国内販売強化政策の効果が
表れたのでしょうか。
 
6月上旬には、ネット通販2位の京東が、
Pradaとの提携を発表しました。
Plada旗下の三大ブランド、Prada、
Miu Miu、Car Shoeが、
京東に出店します。
 
京東が力を入れ、11月11日(双11)
に次ぐ大売出し6月18日の開店記念セールに、
間に合いました。大きな成果です。
 
2018年、Pradaの中華圏の売上げは、
6億7500万ユーロ、
前年比8.25%増でした。
世界で最も伸びた地区です。
つまりPradaにとっても大きな
提携なのです。
 
京東にはすでに、Armani、
Giuseppe Zanotti、
Mulberry、Paul Smith、
などの十数のブランドが進出しています。
昨年7月には、LVMMとの間で戦略提携を
結びました。
 
今年にはいっても、スイスのSwatch や
フランスのSMCPと提携を進めました。
Pradaは総仕上げだったのです。
京東は、家電製品、大都市、インテリに強く、
総合通販の中では、高級ブランドとの相性は
一番でしょう。
準備万端を整えた京東6月の売上げが
注目されます。
 
 

3. 寺庫の新戦略

 
専門の越境Eコマースも注目されています。
その代表は、2008年設立の
奢侈品通販プラットフォーム「寺庫」です。
オフラインの大型店舗も展開しています。
 
寺庫は1500万人に及ぶハイクラスの
登録会員を持っています。
販売に加え、奢侈品体験室や、鑑定団、ケア、
補修業務などをトータルで運営し、
オンラインオフラインの高度な融合を
目指しています。
 
昨年8月、京東はLVMH傘下の
ファンドとともに寺庫に出資し、
提携関係を結びました。
こちらも即効を得たようです。
 
2018年、寺庫の営業収入は、
53億8800万元、前年比44%増、
利益は1億5200万元、前年比319%増、
GMV(契約総額)80億4800万元、
前年比52.9%と大きく伸びました。
 
寺庫は昨年、新しく「庫店」を
アップロードしました。
ニューリテールと、共同購入を
融合させたプラットフォームです。
 
共同購入型ネット通販は、「拼多多」の大成功
(設立3年でナスダック市場へ上場)以来、
小売業革新の焦点となりました。
 
庫店は共同で数をまとめれば、
10%から50%のキャッシュバックが
得られるシステムです。
代理購入に代わる、新しい奢侈品の
販売方法でしょう。
庫店も代購の“代行”を謳っています。
 
今年3月の発表によると、ここ半年間の庫店の
利用者は10万人、1億個の商品を扱いました。
きわめて順調な出足です。
そして、企業幹部やホワイトカラー、
中小企業主などに対する経験値は、
他のプラットフォームとは全く違う、
と自信を見せています。
 
 
 

まとめ

 
関係者の発言は、いすれも国内奢侈品の活況を
示しています。
富裕層の高い奢侈品購入意欲に対し、
やっと国内市場の供給体制が
整ってきたのでしょうか。
 
また、奢侈品の購入は、投資なのか消費なのか、
境界が判然としなくなってきた、
という考察もあります。
奢侈品市場も多様化、
個性化が進んでいるのは間違いないようです。
 
 
参照
https://m.jrj.com.cn/rss/toutiaoyc/2019/6/4/27664163.shtml?tt_group_id=6698690231828218371

https://baijiahao.baidu.com/s?id=1629103611566011828&wfr=spider&for=pc

 
 
 

ADKによる中国市場ウェブマーケティングサービスについて

 

ADKでは、中国市場における
ウェブマーケティングサービスを提供しております。
ご興味のある方は、
お問合せフォームよりお問い合わせ頂けると幸甚です。

   

・本記事は情報提供を目的として株式会社アサツーディ・ケイ
 (以下「弊社」といいます。)
 が作成した記事であり、特定の金融商品の推奨
 (有価証券の取得の勧誘)
 を目的とするものではありません。
・本記事は、弊社が信頼できると判断した情報等に
 基づいて作成されていますが、弊社がその正確性・完全性を
 保証するものではありません。
・本記事に記載された過去のデータは、将来の結果を示唆あるいは
 保証するものではありません。
・本記事に記載された見解は情報提供を
 目的とするものであり、いかなる投資助言を提供するものではなく、
 また個別銘柄の購入/売却/保有等を推奨するものでもありません。
・記載された見解は記事作成時点のものであり、
 将来予告なしに変更する場合があります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Global Marketing Laboの更新通知を受け取る

当サイトの記事を1週間に1通のペースで更新情報や新着記事情報をお届けします。
下記のフォームにメールアドレスを入力してください。

更新通知を受け取る

当サイトの記事を1週間に1通のペースで更新情報や新着記事情報をお届けします。
下記のフォームにメールアドレスを入力してください。

▲ページTOPに戻る